2019年8月13日(火)

関東地方でも水の被害が出ています。台風からは離れていますが、明日にかけても海は影響を受け、関東の海でも波の高さが4メートルに達するところがある予想です。

海のレジャーは控えたほうが賢明です。

依然として台風10号に警戒です。超大型に発達しました。午後6時の推定気圧は965hPaですから、気圧は下がってきたものの、超大型とされるのがどうもピンときません。

これは強風域が吹く範囲の広さを表しているようです。それが半径で800キロですから、直径で1600キロにもなってしまいます。なるほど超大型です。

今日の関東は雨が降りやすい予報でした。南部の当地は朝に雨の時間がありました。その後は天気が回復し、日中はよく晴れました。

台風は明日に西日本へ近づき、あさってに上陸可能性が高まっています。雨が強く降り、四国の多いところは、あさっての夕方までに1000ミリの雨が予想されています。

関東へも台風の周辺の雨雲が流れ込みます。今日もそうでしたが、間隔の雨雲が帯状の雲になってかかるため、雲がかかっているときは雨が降り、それが離れると晴れるというように、天気が目まぐるしく変わるのが明日の関東の天候の特徴です。

南東から湿った空気が流れ込み、関東も蒸し暑くなります。東京都心の予想気温は、最低気温が今日より1℃ほど低い26℃、最高気温は3℃ほど低い33℃です。

台風が日本海へ移動する土曜日は、関東で40℃に達するところがある予想など、猛烈な暑さが予想され、関東も台風が遠ざかるまでは影響から逃れることはできなさそうです。