ヒッチのラブ・サスペンス映画

また、録りためたままになっていた映画を見ました。

今回見たのは、『白い_』『_恋人たち』ではなく、『白い恐怖』1945)です。

監督がアルフレッド・ヒッチコック18991980)ですから、ラブロマンスではありません。といっても、主演がイングリッド・バーグマン19151982)とグレゴリー・ペック19162003)という美男美女ですから、ラブロマンスの変形といえなくもありません(?)。

精神科医が主役の作品で、記憶喪失がメインテーマとなっています。

バーグマン扮する女性分析医(精神分析家)のコンスタンスは、ある州にある精神病院で働き始めて半年になります。その病院で20年院長をした男に替わり、新院長が赴任してきます。

新院長のエドワード博士を演じるのがグレゴリー・ペックです。

着任した当日、エドワードに異変が起きます。昼食のとき(だったかな?)、白いテーブルクロスに、誰かが空のフォークで線をつけたのを見て、意識を正常に保てなくなります。

そのほかにも、白い色に強い反応を示すことが続きます。それだから、邦題は直接的に「白い恐怖」としています。

原題は”Spellbound”で、「魔法にかけられた」というような意味になるそうです。

新院長として赴任してきたのはエドワード博士本人ではなく、別の男がエドワードに成りすましていることがわかります。当のエドワードの秘書をしていた女性により、当人と連絡がつかないことがわかり、警察が捜査に乗り出します。

エドワードに成りすましていた男は、記憶喪失で、自分が何者かわからず、とりあえずの名前として、ジョン・ブラウンでホテルに泊まったりします。

ということで、名無しでは書きにくいので、グレゴリー・ペックが演じた男はジョンということにします。

本日の豆知識
「ジョン・ブラウン」というのは、米国では、いかにも偽名に使いそうな名前になるそうです。日本でいえば「山田太郎」あたりがそれに相当しましょうか。

ジョンは、自分がエドワードを殺したと信じており、彼を追う警察から逃れようとします。バーグマンが演じる分析医のコンスタンスは、ジョンの無実を信じ、彼に同行して、何が彼を記憶喪失にさせているのか必死に探ります。

興醒めさせるようなことを書きます。もしもジョンが、見てくれの悪い男であっても、コンスタンスがそれほど献身的になったのか、と。

きっと、ならなかったでしょう。グレゴリー・ペックが演じるジョンであったからこそ、彼女は自分の危険も顧みずに協力したのです。

ジョンにしても、自分に協力してくれるコンスタンスが、バーグマンのような美女でなかったら、自分のことは放っておいてくれ、と協力を拒絶したに違いありません。

Salvador Dali Dream Sequence from Spellbound (1945)

話の筋を書くのはこの程度にして、私が見ていて印象に残ったシーンを書きます。

そのひとつは、ジョンが身を隠したホテルへ、彼を捜してコンスタンスが行った場面です。

ホテルのロビーのソファに座り、どうやってジョンが宿泊している部屋を見つけたらいいものかなどと考えていると、隣に田舎から出てきた中年男が座り、コンスタンスにモーションをかけます。

コンスタンスが困っていることに気がついた男性が現れ、中年男を追い払ってくれます。男性はホテル専属の探偵で、コンスタンスが困っていることに気がつき、助けてくれたのです。

探偵は、コンスタンスが夫との間に問題が起きるなどしてホテルに来たのだろうと見当をつけ、コンスタンスから事情を訊き出します。そのやり取りがスマートで、いかにも米国的に感じました。

探偵が機転を利かし、ジョンが偽名で泊まっている部屋を見つけることに成功します。

もうひとり印象的なのは、コンスタンスが助手として仕えたブルロフという老年の精神科医です。その世界では権威を持つ者のひとりという設定です。

といっても、堅苦しいところはまったくなく、コンスタンスを自分の娘のように考え、親身に協力してくれます。

コンスタンスは恩師のブルロフを思い出し、彼の家にジョンとふたりで行き、しばらく匿ってくれるよう頼みます。

ブルロフはひとりで暮らし、気持ちよくふたりを受け入れます。

コンスタンスは恩師に、ジョンと結婚したと嘘をつきますが、ブルロフはそれを聴いてもまったく疑いません。

ふたりきりになったとき、ジョンはブルロフがあまりにも簡単に騙されたため、「がっかりした」と感想をもらします。

ふたりには騙されたように振る舞ったブルロフですが、実は、正確にふたりの関係を見抜いていたことがあとで明らかになります。

ブルロフの演技が巧みです。それで、気になった演じているのが誰か確認しました。マイケル・チェーホフ18911955)という俳優です。

名前から連想できるかもしれませんが、ロシアを代表する作家、アントン・チェーホフ18601904)の甥だそうです。

うかつにも知りませんでしたが、マイケル・チェーホフはロシアで最も偉大な俳優のひとりで、演出家と演技教師でもあった人だそうです。

本作で共演したイングリッド・バーグマンとグレゴリー・ペックも彼の演技指導を受けた、ネットの事典ウィキペディアの記述にあります。

それを知って、本作で彼が演じた演技が巧みに感じられたことに納得しました。

Spellbound de Alfred Hitchcock 1945 – Cenas de Michael Chekhov

本作で鍵を握る記憶喪失と、その原因は、多少疑問に思わなくもないです。また、原因がわかったあと、あんなにもそれまでのことが払しょくされ、明るく快活になれるものかと思いましたが、所詮は作り物の映画なのですから、まじめに考えても仕方がないですね。

ハッピーエンドで終わるあたり、やはり、バーグマンとグレゴリー・ペックを主演に起用して、見る人の心を宙づりにする、ヒッチコックのラブ・サスペンス映画といったところでしょう。

Hitchcock’s Definition of Happiness

気になる投稿はありますか?

  • 爆破シーン撮影方法が私には大いなる謎爆破シーン撮影方法が私には大いなる謎 今は放送業界でもデジタル化が進み、どんなシーンであっても、表現が可能となったでしょう。 しかし、それが今ほど進んでいない時代に作られたドラマを見ていて、どのように撮影されたのかわからないシーンに出会いました。 本コーナーでは何度となく登場させている、米国の刑事ドラマ『刑事コロンボ』シリーズのあるエピソードに登場するシーンです。 今現在、NHK […]
  • 変人を恋人に変える方法変人を恋人に変える方法 私は今年のある時期、米国映画を集中して見て、本コーナーで見たばかりの作品を取り上げることをしています。 私は基本的に、テレビ番組をオンタイム(「番組が放送されている時間」ぐらいの意味で使っています)で見ません。この習慣ができたのは、1980年代はじめに、出たばかりの民生用ビデオデッキを使い始めてからです。 放送されている番組とほとんど変わらないように見えた録画映 […]
  • YouTubeの追い出し部屋が無差別広告爆弾YouTubeの追い出し部屋が無差別広告爆弾 ネットユーザーにとり、動画が主要なコンテンツであることは理解しています。 私自身、ネットに接続するたび、いつも見ている動画配信者が新しい動画を配信していないか確認してしまったりします。 動画配信の最右翼であるYouTube(2005~)ですが、勢いに陰りが出てきたように私は感じています。YouTubeを運営するGoogle自身がユーザーよりも早くそれを感じ取り、 […]
  • 渥美清は背広を持っていなかった?渥美清は背広を持っていなかった? 朝日新聞・土曜版に、「山田洋次 夢をつくる」というコーナーがあります。「夢をつくる」仕事をする映画監督の山田洋次(1931~)が、自分の人生を振る返るように語るコーナーです。 確か3人の識者が交代で担当するため、三週間に一度登場することになります。他のふたりの識者は、作詞家の松本隆(1949~)と音楽プロデューサー、作詞・作曲・編曲家の亀田誠治(1964~)です。 […]
  • 奇跡的に美しい村の紀行番組奇跡的に美しい村の紀行番組 世界には実に様々な土地があり、そこに暮らす人々がいます。 あなたは「チンクエ・テッレ」という地方があることを知っていますか。世界の秘境を好んで旅をする作家の村上春樹(1949~)であれば、意外なほど野性的な面を持つ彼ですから、この土地はすでに知っており、もしかしたら実際に訪れたことがある(?)かもしれません。 https://indy-muti.com/257 […]