判定はアバウト 結果は重大

野球は「アバウト」なスポーツといえましょう。

一球ごと、一プレーごとの判定をするのは、審判員の眼です。精神が安定しているばかりとはいえない人間の眼で、投手のストライクとボール、セーフとアウト、そして、フェアとファウルなどを判定します。

審判員が人間である以上、百パーセント正しい判断を下せるわけではありません。そのため、ときに、プレーする選手に泣き笑いさせることを起こす判断をします。

今は高校野球の選手権大会の予選が全国各地でたけなわです。22日に実際に行われた試合中に起きたことを振り返り、審判員の判断が確実ではないことを確認しておきます。

プレーする選手や審判員を非難するのが目的ではありません。また、固有名詞は用いず、地区や高校名にはアルファベットを用います。

A県では22日、準々決勝の4試合が行われました。この試合に勝てば準決勝に駒を進めることができ、夢の甲子園がまた一歩大きく近づきます。

4試合のうちの1試合は、B高校とC高校の対戦でした。先攻がB高、後攻がC高です。

試合展開は、8回裏に後攻のC高が3対3の同点に追いつきました。

アクシデントは9回表に起きました。

先攻のB高が、1アウト3塁、2塁のチャンスを作り、打者のカウントは2ボール、2ストライクです。

その場面で投じられた球を打者のバットが弾き、3塁線の微妙なコースへ、鋭いライナー性の打球として飛んんでいきました。テレビカメラはその場面を広い画角で撮影していたため、打球や3塁手の動き、3塁塁審の動きはよくわかりません。

ボールはファウルゾーンへノーバウンドで飛び、3塁塁審は両手を上げてファウルボールのジェスチャーをしました。

3塁塁審の判定に従えば、カウント2-2から試合再開するところです。が、ここで問題が発生します。

主審が試合を止め、審判員全員が内野グラウンドに集まり、直前のプレーと3塁塁審の判定について協議を始めました。そのあと、主審は、バックネット裏の本部席にいる仲間の審判員ら(?)であろう人数人の考えも訊き、判断を下しています。

主審がマイクで、判断の結果を説明しました。

問題の打球を3塁塁審はファウルと判定したものの、打球が3塁手のグラブに触れたあとファウルゾーンへ飛んだようです。

私は試合を録画してあったため、問題の場面を再生して確認しました。

私が見る限り、3塁手のグラブにボールは当たっていないように見えます。もしも当たったのなら、打球の勢いが急激に落ちるはずですが、落ちた様子は見受けられません。

打球はファイルゾーンを飛び、3塁塁審の左足首の少し上のあたりに当たっています。3塁塁審の左脚は、フェアとファウルを分ける白線を踏んでいましたが、当たる直前にファウルゾーンに左足を動かしています。3塁塁審の左脚を直撃した打球は、向きを急激に変え、手前方向に転がっています。

何度再生させても同じように見えます。

高校野球における審判問題 ファウル判定

主審は、3塁塁審のファウル判定は覆し、2塁打としました。これにより、3塁と2塁にいたランナー2人がホームインし、B高に2点が加点され、5対3のスコアとなりました。

また、打者は2塁までの進塁を認め、1アウト2塁から試合が再開されました。

私は野球規則がわかりません。ですので、審判員の判定訂正に従うよりほかありません。

このプレーと判定が大きな影響を与えたことはわかりますが、私は実は、その直前の主審の判定が、このアクシデントを生んだように感じています。

カウント1ボール・2ストライクで、C高の投手は、内角に鋭いボールを投げ込んでいます。B高の打者は、ホームベースに近いところに立ち、ホームベースに覆いかぶさるような構えをし、内角攻めを防いでいます。

しかも、この打者(左打者)の癖なのか、ボールが近づくと、右脚を一度浮かせ、内角に右足を移動させて踏み込みます。その動作により、内角の球は右脚に当たりやすい傾向が高くなります。

それでも、内角低めを狙い、ほぼ思い通りのコースに投げ込みます。しかし、主審の判定はボールでした。

高校野球における審判問題 ボール判定

結果論ですが、この投球を主審がストライクとしていれば、打者を三振にとることができ、問題のプレーは起こらずに終わったことになります。

実は、カウント1ボール・1ストライクから投げ込んだ3球目も、4球目とほぼ同じコースに投げ、その球はストライクになっています。

高校野球における審判問題 ストライク判定

2球続けて同じコースに投げ、投手にとっては勝負球だった投球を、二度目にはボールにされ、そのあと、ライナーの打球が、両チームの悲喜劇を生んでしまったのです。

主審がストライクと判定したボールと、ボールと判定したボールの映像を比較してみても、素人目にはほとんど違いがない(?)ように見えます。

高校野球における審判問題 ストライクとボール比較

ストライクと思ったボールを主審にストライクといってもらえず、守っていた遊撃手と二塁手が苦笑いしています。

高校野球における審判問題 一連の動き

甲子園の選手権を見ていても、主審の一球のボール判定が、重大な結果につながることが少なくありません。

一球に泣き、一球に笑うのが野球というゲーム、といってしまえばそれまでのことですが。

本更新は、影響を与えないことを確認してから更新することにします。

気になる投稿はありますか?

  • スタンド風景の新聞写真に自分の姿を発見スタンド風景の新聞写真に自分の姿を発見 今は新聞をとる人も少なくなっているでしょうか。 私も、新聞が読めなければ読めないでも不自由しませんが、家では昔から数紙とる習慣があり、今も朝日、日経、産経、地方紙の4紙をとっています。 その中の地方紙の今日の紙面に、私が写った写真が掲載されていますので、自分自身の備忘録も兼ね、書き残しておきます。 その写真が添えられた記事の本旨は、関東南部の当地でも、20 […]
  • 聴き取りにくい球場アナウンス聴き取りにくい球場アナウンス この土日、高校野球の地方大会を観戦してきました。 新コロ騒動が始まって以降、関東南部の当地は、学校関係者以外の観客の入場が禁じられました。それが、今春の大会から、当地でもようやく観戦が解禁になりました。 私は高校野球を観戦する習慣を持っており、地方大会が始まると、各大会ごとに何度か足を運びます。それが、新コロ騒動によって、2019年秋の大会を見たあと、会場へ足を […]
  • 祟られた夏の甲子園103回大会祟られた夏の甲子園103回大会 日本の夏の風物詩である全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)ですが、雲行きが怪しくなってきました。こうなった理由は、東京五輪と新コロ騒動、悪天候です。 このうち、私個人としては、本コーナーでたびたび書いているように、新コロの影響は無視しても構わないと考えています。 理由を簡単に書いておくと、新コロとされたウイルスの存在が証明されていないからです。ないものをある […]
  • 五輪メダルは甘くない五輪メダルは甘くない 東京五輪が始まって2週間。大会が残す期間は、今日を入れて3日となりました。 私は東京五輪に反対の立場です。反対の理由は、新コロ騒動ではありません。これを理由に、大会が始まってからも中止を訴える活動があると聞きますが、私の反対理由は、新コロとは別です。 五輪そのもに反対の私ですから、それが日本で開かれることは大反対で、大会招致のロビー活動の話を漏れ聞くたびに、苦々 […]
  • 池江選手の被害者報道に違和感池江選手の被害者報道に違和感 かつては死の病といわれた白血病から奇跡の復帰を果たし、東京五輪・競泳の日本代表を決めた池江璃花子選手(2000~)が7日、自身のツイッターで苦しい胸の内を述べたことを、今日の朝日新聞が取り上げています。 記事によりますと、池江選手のツイッターのアカウントに、「(東京五輪代表を)辞退してほしい」「(東京五輪開催に対して)反対の声をあげてほしい」といったメッセージが複数寄 […]