安倍元首相の献花台も不要

事件や事故が起こり、それがマスメディアに取り上げられるようなものであると、現場に献花台というものがしつらえられたりします。

このたびの安倍晋三元首相(1954~2022)銃殺現場にも献花台がしつらえられ、花を手向ける人が行列を作っています。

どんなに惨い死に方をされたのであっても、献花台で故人をしのぶのは意味がない、と私は考えます。これは今回の場合そう考えるというわけではなく、これまでに起きた事件事故の現場にしつらえられた献花台すべてに同じような考えを持っています。

私は一応は仏教徒(真言宗)ですが、宗教には関心を持ちません。人間が死んだあとに、仏教徒であれば浄土へいくという教えも、私には受け入れがたいです。

一度死んだ人が生き返り、死後の世界について話してくれるのならわかりますが、これまでに、そんな話をしてくれた人はひとりもいません。

世界にある宗教は、生きている人間が想像したことです。

それにビジネスチャンスを得ようとする人が必ずおり、今回の事件の基になった統一教会がその代表例といえましょう。

ひろさちや氏(1936~2022)が書かれた『終活なんておやめなさい』2014)という本が手元にありますので、適当に中を確認しました。

ひろさちや『終活なんておやめなさい』表紙

その中に、「故人は墓の下になどいるわけがない」と書かれています。それだから、大金を投じて、墓を作る必要もない、という話に発展します。

私もほぼ同じ考えです。

それに続けて、ひろ氏は、仏教の教えから、死んだ人は浄土へ行くと書いています。先ほども書きましたように、私は仏教にも熱心な関心がないため、浄土の存在も信じません。

死んだらそれで終わりなのでは、と考えるだけです。

肉体が滅んだあとは霊魂が残り、それだから、事件事故現場に献花台をしつらえ、霊を弔うと考えるのだと思いますが、私は霊の存在も信じませんから、献花台に花を手向けるのは、生きている人間の自己満足でしかないと考えます。

献花台の前で手を合わせる人は、自分の行為を美化しているだけのように見えます。何もないところで手を合わせても意味はないです。

それでも故人を弔いたければ、どこにいても、故人を思えばいいでしょう。

仏教における浄土がどのように定義されているのか私は知りませんが、それは特定の場所にあるわけではなく、結局のところ、生きている人の心の中にあるのではないでしょうか。

であれば、その人が自分の心に手を合わせるだけで、故人は霊は弔えるはずです。

ひろ氏の別の本に書かれていたのだと思いますが、亡くなった人のことは、はやく忘れてあげるのがいい、とも書かれていたのを思い出します。

そうしなければ、死んだ人がなかなか成仏できないから、ということでした。

誰かを弔いたくなったら、目を閉じて、その人のことを思い出すだけで十分です。それが過ぎると、成仏できないので、できれば、はやく忘れてあげることです。

気になる投稿はありますか?

  • 岸信介を取り巻く人々と因縁の深い町岸信介を取り巻く人々と因縁の深い町 安倍晋三元首相(1954~2022)が銃撃されて亡くなって以降、関係が深かった統一教会絡みで名前を聞くことが多くなったひとりに岸信介(1896~1987)がいます。 https://youtu.be/JR7JtUGba6w?t=173 昭和32年防衛庁記録 岸は安倍の母方の祖父にあたります。生前、安倍は、父方の祖父について語ることは多くなかったように思います。 […]
  • 安倍氏が人の子なら、あなたも私も同じ人の子安倍氏が人の子なら、あなたも私も同じ人の子 昨日の午前11時半頃、奈良市内で自民党の候補の応援演説をしていた安倍晋三元首相(1954~2022)が銃撃を受け、当日午後5時頃に死亡する衝撃的な出来事がありました。 参議院選挙の最中だったこともあり、各党の代表は、「民主主義を暴力で否定する蛮行で、決して許すことはできない」とこぶしを振り上げる”ポーズ”をこれ見よがしに見せています。 普段はテレビニュースを見る […]
  • バブル期の経済事件バブル期の経済事件 誰もが自分だけの特徴を持つのだと思います。私の場合は、あることを始めると、しばらく、そればかり続けるのが自分の特徴だろう、と自覚しています。 今は、レコーダーに録画したテレビ番組の整理をすることが多いです。 私が使うレコーダーは、ハードディクドライブ(HDD)とブルーレイディスク(BD)とDVDに録画し、再生できるプレーヤーが内蔵されたタイプです。 ht […]
  • 乱歩の随筆に登場する読みにくい苗字乱歩の随筆に登場する読みにくい苗字 なかなか読めない苗字というのがあります。読むことはできても、それが正しい読み方かどうかわからない苗字もあります。 たとえば、「角田」という苗字です。これは何と読むのがよいのでしょう。「つのだ」か「かくた」か。あるいはもっと別の読み方もあり、どれもが正解かもしれません。 私はこのところ、江戸川乱歩(1894~1965)の随筆を朗読し、自分の声を録音するのを楽しみと […]
  • 2010/10/04 衆院選の年に仕掛けられた陰謀2010/10/04 衆院選の年に仕掛けられた陰謀 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新をしています。なお、トークは前日の夜に行っています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので、それをお読みになって、トークのだいたいの流れをご想像下さい。 なお、音声ファイルはmp3方式にて紹介しています。再生 […]