デタラメが過ぎるも、やがて感心

レコーダーに録りっぱなしになっていた古い映画を見ては、本コーナーで紹介を続けてきましたが、昨日見たのは、1933(昭和8)年公開の作品です。

映画はずいぶん昔からあるように感じますが、意外と歴史は長くありません。百年前は、映画のほぼ黎明期になってしまいます。

ということで、1933年に作られた作品は、現代の作品とはかなり趣を異にします。もっとも、当時であっても、「真面目」に作られた作品もあるでしょうが、昨日見た作品は、「不真面目」に徹しています。

原題は”Duck Soup“で、鍋に生きたアヒルを何羽も入れ、下から火で炙る映像に、タイトルが表示されます。

当時も、さすがに、そのまま生きたアヒルたちを熱湯で茹で殺すようなことはしなかったでしょうが、現代では試みないような描き方で作品が始まります。

Duck Soup“を邦題は『吾輩はカモである』としています。

「吾輩は」、と聞きますと、多くの日本人は、「猫である」と条件反射してしまうでしょう。文豪、夏目漱石18671916)の作品の『吾輩は猫である』の作品名が頭に浮かびます。

漱石の作品が発表されたのが1905年から1907年ですから、「吾輩は〇〇である」の特許があるとすれば、漱石の特許になりそうです。

今回の『吾輩はカモである』の邦題をつけた人も、漱石の「猫である」から「カモである」を思いついた(?)のかもしれません。

「カモである」の舞台は、フリードニア共和国という架空の国です。同国は財政難で、発言力のある女性が、わが国には新首相が必要だとして、ルーファス・T・ファイアフライが新首相に任命されます。

それを演じるのがマルクス兄弟の長兄、グルーチョ・マルクス18901977)です。

本日の豆勘違い
グルーチョ・マルクスが私はてっきりマルクス兄弟の長男だと思ったら、三男だそうですね。実に意外です。

ネットの事典ウィキペディアで本作について調べると、本作でデタラメなことをする連中は皆マルクス兄弟であることがわかります。

「デタラメ」なんて言葉では到底表せないほどの「デタラメ」ぶりです。作品は1時間10分ですが、はじめから終わりまで、絶するほどのデタラメさで描かれています。

散々デタラメなことを作品の中でしておきながら、ルーファス首相を演じたグルーチョ・マルクス自身、本作を「狂気が過ぎている」として、失敗作とみなした、とウィキペディアに書かれています。

マルクス兄弟の長男のチコ・マルクス18871961)と次男のハーポ・マルクス18881964 本作では一言もしゃべりません)が、レモネード売りの男を延々とからかう場面があります。レモネード売りは、大きな体で、頭のてっぺんが禿げています。

チコリーニ(チコ)とピンキー(ハーポ)はいつも帽子をかぶっており、レモネード売りが被っている帽子と、次々にひょいひょいと帽子を交換し、レモネード売りをイライラさせます。

文字で書いても、動きの面白さは表せません。動画で見てもらうほうがはやいです。動画を埋め込もうと思いましたが、埋め込めない設定になっています。

下のリンクから動画をご覧ください。レモネード売りだったら、怒りで頭が爆発しそうになるでしょう。

ルーファス首相そうっくりに変装した兄弟のチコリーニかピンキーのいずれかが、鏡に映っているように錯覚させようとする場面は秀逸です。これも、動画で見てもらうのははやいです。

The Mirror Scene – Duck Soup (7/10) Movie CLIP (1933) HD

よくできた場面を拾うと、よくできた作品に思えてきます。ハナ肇とクレージーキャッツザ・ドリフターズはマルクス兄弟の影響を受けた、とウィキペディアにありますが、大いにありそうなことです。

更新しているうちに、本作は得難い作品のように思えてきました。面白い場面を抜き出して見たら、本作以上に楽しめる作品は、そうそうなさそうです(?)。

気になる投稿はありますか?

  • 英雄になれなかった殺人鬼の話英雄になれなかった殺人鬼の話 レコーダーに録画したままになっていた米国の古い映画を順に見ています。 本コーナーでは、喜劇王、チャールズ・チャップリン(1889~1977)の長編4作品を取り上げました。 https://indy-muti.com/34958/ 今回もチャップリンの長編作品ですが、いわゆるチャップリン的な作品とは趣を異にする作品です。 作品名は『殺人狂時代』で、 […]
  • 性暴力被害は映画業界だけじゃない性暴力被害は映画業界だけじゃない 人間は、考えている以上に残酷な生き物です。人が集まるところでは、いじめは起きる、と考えておけば間違いないです。 昨日の朝日新聞に「『NO暴力』映画界を変える出発点」の見出しがついた記事が載りました。 これまで口をつぐんできた出演者たちが、自分たちが受けた性的被害を声に出して訴えることが増えています。これらの告発から4カ月以上経って、ようやく、日本映画監督協会が、 […]
  • チャップリンの長編4作品チャップリンの長編4作品 依然としてレコーダーに録りためた米国映画を見ることをしています。それも、古い映画ばかりです。個人的には古い映画が好きで、最近の映画はほとんど見ていません。 今回も古い作品ですが、このところ本コーナーで取り上げた作品でも最も古い作品になります。 今回は、「チャールズ・チャップリン特集」の形となります。全部で4本の作品をまとめて紹介しますが、4本を続けて見たわけでは […]
  • ヒッチのラブ・サスペンス映画ヒッチのラブ・サスペンス映画 また、録りためたままになっていた映画を見ました。 今回見たのは、『白い_』『_恋人たち』ではなく、『白い恐怖』(1945)です。 監督がアルフレッド・ヒッチコック(1899~1980)ですから、ラブロマンスではありません。といっても、主演がイングリッド・バーグマン(1915~1982)とグレゴリー・ペック(1916~2003)という美男美女ですから、ラブロマンス […]
  • 2012/10/28 「十三夜」の月の動画2012/10/28 「十三夜」の月の動画 思いつきで行動することの多い私が、昨日、日が暮れてから、また、思いつきの行動を起こしました。 あれは午後6時頃でしたか。庭へ出て、暗い夜空に浮かんでいるであろう月を探しました。昨夜の月は十五夜の月、ではなく、「十三夜」の月でした。それで、気になり、夜空に探したのです。 昨日、関東南部の当地は昼から夜にかけて晴れてくれ、夜空には十三夜の月が綺麗に見えました。それを […]