日本でラジオ放送が始まったのは?

百年前を、大昔と考えるか、それとも、それほどの昔でもないと考えるかは人それぞれです。

日本でラジオの放送が始まった年を正確にいえる人は多くないかもしれません。ネットで調べればすぐわかることですが、調べずに、自分の知識として披露できる人は少ないでしょう。

私も知識を持っておらず、テレビに比べれば長いくらいの感覚でしかありませんでした。

こんなことを考えたのは、私がこのところ好んでしています、自分の声を録音し、それを自分で聴くことをしたことによってです。

自分の声を録音するためのテキストとして利用しているのは、江戸川乱歩18941965)が残した随筆です。今回も、『探偵小説三十五年』にあった随筆を録音のテキストに使い、それを読みながら、ラジオの放送が始まった年が気になりました。

今回朗読して録音した音声ファイファイルを下に埋め込んでおきます。

乱歩朗読 生まれて初めてのラジオ出演

今回の録音は、オーディオインターフェースを介してPCに接続したMXL-V67というコンデンサーマイクを使って吹き込んでいます。

私が使うコンデンサーマイク mxl-v67

やはり、このマイクを使った録音の声が、低音をしっかり拾い、私が持つ録音条件では、もっとも良いように感じます。

録音に使ったソフトは、iZotopeのRX 9 Standardです。このソフトは、32bit floatで録音でき、録音したあとに、最適な音量に、音を劣化させることなく、変更することができます。

ほかに私が使うスタインバーグWaveLab Castというソフトも、32bit floatで録音できます。

録音した私の声を、今回は、WaveLab Castで声の大きさを変更しました。それについては、本コーナーで一度書きましたが、同ソフトは、ネットのさまざまな音声を伴うコンテンツのアップロード先に適した音量にすることができるプリセットが用意されています。

その中から、“Apple Podcast”はアップロードするのに最適な音量になるように設定されたプリセットを選び、それに沿った音量に変更しました。

WaveLab Castのラウドネス・プリセット

私が朗読したのは、昭和31年11月に書かれたものです。それが発表されたのが「ABC(朝日放送)」となっていますが、放送局が配った冊子か何かに収録された(?)のでしょうか。

この随筆では、乱歩が生まれて初めて、自分の声がラジオ放送にのったときの逸話を書いています。

それが放送されたのは、大正14年11月9日の夜です。さすがに、異常なほどの記録魔であった乱歩ですから、日付までしっかり記録に残しています。

大正14年といえば、乱歩が探偵小説作家を決意して上京する前年にあたりましょう。当時はまだ大阪に住んでいましたが、何かの用で上京した乱歩に、ラジオ放送出演の依頼があったようです。

依頼してきたのは、今のNHKにつながる社団法人東京放送局(JOAK)で、依頼主は長田幹彦氏です。

はじめは何の知識もなく朗読し、「長田」を「ながた」と読むのか、それとも「おさだ」なのかもわからず、「おさだ」だろうと見当をつけて読んでしまいましたが、調べてみて、「ながた」が正しいことがあとでわかりました。

それぐらいですから、私は長田幹彦18871964)を存じ上げませんでした。長田はJOAKの職員ではなく、小説を書いたり作詞をするのが氏の本業でした。

本日の豆発見
乱歩が亡くなったのは、東京五輪の翌年の1965年です。長田幹彦は五輪の年に没しており、乱歩とは1年違いだったことがわかります。ちなみに年齢は、乱歩が長田より7歳下でした。

ネットの事典にある長田についての記述に目を通すことで、日本のラジオ放送が大正14年に始まったことを知りました。

日本初のラジオ 試験放送

日本でラジオ放送が始まった頃について、ウィキペディアには次のように書かれています。

1925年、ラジオ聴取契約者は東京13万1373、大阪4万7942、名古屋1万4290件、受信機は鉱石式10円、真空管式120円。

長田は、始まったばかりの新しいメディアに、創作家としていち早く携わったようです。

大正14年といえば、乱歩が随筆に書いたラジオ出演した年ではありませんか。乱歩は、ラジオ放送が始まって2、3年頃のことと書いていますが、実際には、放送が開始された年のことでありました。

乱歩が、先の大戦の前後で、人がまるで変ったことは本コーナーですでに書きました。戦前は人嫌いで、他人との交流を避けるようなことが多いです。

それが戦後になると、人の集まりにも盛んに参加するようになります。新しく生まれたメディアにも積極的に参加し、ラジオやテレビにも数多く出演しています。

そんな乱歩が、生まれて初めてラジオで自分の声が流れたときの思い出話です。

長田に頼まれ、出演を受けたものの、根に心配性のところがありますから、それが影響したのかもしれません。放送が迫ると、熱を出し、とてもスタジオには行けない状態になってしまったようです。

録音などない時代ですので、放送はすべて生放送です。体調が悪いことを理由に断ったものの、どうしても出てくれと頼まれ、毛布で体を包んで、車でスタジオへ行ったようです。

看護役の友人と一緒に行ったと書いていますが、もしかしたら、そのとき付き添った友人というのは、関西で一緒に活動をしていた、乱歩にとっては可愛い弟分ともいえる横溝正史19021981)ではなかろうか、と私は勝手な想像をしてみました。

気になる投稿はありますか?

  • 乱歩の耳に聴こえたゾーッの音の正体乱歩の耳に聴こえたゾーッの音の正体 江戸川乱歩(1894~1965)が残した膨大な随筆を素人朗読し、それをZOOMのフィールドレコーダーのF2とF2に付属するラベリアマイク(ピンマイク)で録音し、iZotopeのオーディオ編集ソフトのRX 9 […]
  • 乱歩の随筆に登場する読みにくい苗字乱歩の随筆に登場する読みにくい苗字 なかなか読めない苗字というのがあります。読むことはできても、それが正しい読み方かどうかわからない苗字もあります。 たとえば、「角田」という苗字です。これは何と読むのがよいのでしょう。「つのだ」か「かくた」か。あるいはもっと別の読み方もあり、どれもが正解かもしれません。 私はこのところ、江戸川乱歩(1894~1965)の随筆を朗読し、自分の声を録音するのを楽しみと […]
  • 自分の声録音 続き自分の声録音 続き 前回の続きのようなことを書いておきます。 私がこのところハマっている、自分の朗読もどきを録音する際、できるだけ自分が考える良い音で撮ることを探る研究のようなことです。 前回分では、江戸川乱歩(1894~1965)の全集から、乱歩が終の棲家となる東京・池袋に引っ越したいきさつが記録された文章を朗読しました。 https://indy-muti.com/31 […]
  • マイクで低音を収録マイクで低音を収録 この頃は、音に関することに時間を費やしています。 今は、ネットの動画共有サイトのYouTubeに代表される動画に多くの人の関心が向かっているものと思います。私も動画は昔から一番の関心事です。ですから、YouTubeは毎日利用しています。 専門知識を持つ人もYouTubeをプラットフォームのひとつとして利用していますが、専門家でない人の動画が多くを占めるでしょう。 […]
  • 家庭用ビデオカメラの黄昏家庭用ビデオカメラの黄昏 私の家では朝日・日経・産経・地方紙の4紙をとっていますが、本日の日経に載っていたある記事に目が留まりました。記事の大きさをおおよそ測ってみると、縦が10センチ、横が12.5センチぐらいの小さな記事ですから、本日の日経を読む人も、見落とす人がいるかもしれません。 その記事が伝えるのは、JVCケンウッドが、昨年2021年10月で、国内向けのビデオカメラの製造を終了したこと […]