乱歩の随筆に登場する読みにくい苗字

なかなか読めない苗字というのがあります。読むことはできても、それが正しい読み方かどうかわからない苗字もあります。

たとえば、「角田」という苗字です。これは何と読むのがよいのでしょう。「つのだ」か「かくた」か。あるいはもっと別の読み方もあり、どれもが正解かもしれません。

私はこのところ、江戸川乱歩18941965)の随筆を朗読し、自分の声を録音するのを楽しみとしています。

私はどんなことでも、面白みを感じると、飽きるまで続ける傾向を持ちます。

朗読の録音に使うのは、ZOOMのフィールドレコーダーのF2とF2に付属するラベリアマイク(ピンマイク)であったり、PCにインストールしてあるiZotopeのオーディオ編集ソフトのRX 9 Standardを使い、コンデンサーマイクのMXL-67Vで声を拾ったりします。

どちらも、32bit floatで録音することができます。これはまことに画期的な録音技術で、入力gainの調節が不要です。どんな大きさの声で録音しても、あとで、聴きやすい音量に変更でき、変更した音が劣化することがありません。

今は、乱歩が昭和10(1935)年頃に書いた随筆を中心に朗読しています。

本日の豆ヒント
乱歩は大変な記録魔で、自分が書いた文章や受け取った手紙、自分に関する新聞や作品の広告の切抜きなどを、自分で作った「貼雑帳(はりまぜちょう)」にどんどん貼り、文章を書き加えることをしています。
戦前までは人間嫌いで、自分に自信の持てない乱歩でしたが、戦後は、自分の作品が世間的に評価されたこともあってか、すっかり人間が変わりました。宴会の類いにも進んで出たり、テレビ番組に出演するのもいとわなくなったほどです。
昭和30年は戦後10年の年で、そんなことを想像しながら読み進めると面白いです。
本日の豆補足
「乱歩全集」の随筆は、乱歩が自分の回顧録として雑誌に連載した「探偵小説〇十年」を基にして書いています。
乱歩が『二銭銅貨』を書いて初めて自作が活字になったのが大正12年で、この年を自身の探偵作家元年としています。
今読んでいる『探偵小説三十年』は、昭和24年に『新青年』で連載を始めます。その翌年7月で同誌が休刊となってしまい、一時中断ののち、昭和26年3月号の『宝石』で連載を再開しています。
連載を始めて足掛け8年目は昭和31年で、大正12年からは34年になるということで、連載名を『探偵小説三十五年』に改めました。

その中に、「角田喜久雄」という作家の名が登場しました。下調べもせずにいきなり朗読しますので、朗読しながら、「つのだ」でいいのか、それとも「かくた」、あるいはそれ以外の読み方なのか迷いつつ、「つのだ・きくお」と朗読しました。

そのあとにネットで検索すると、「つのだ・きくお」で正しかったことが確認できました。

角田喜久雄(19061994)が生まれたのは1906年です。ということは、1894年生まれの乱歩とは、ちょうどひと回り歳が離れていることになります。

本日の豆同年代
『銀河鉄道の夜』などの作品で知られる宮沢賢治は、1896年の生まれです。ということは、乱歩より2歳下で、同年代の作家になります。分野が違うからか、乱歩の膨大な随筆に、賢治の名前は一度も出てきません。
本日の豆同年代2
1909年生まれの松本清張も、年代的には角田と同年代といえましょうか。しかも、角田が没した年が1994年で、清張は1992年です。角田が清張より3年早く、亡くなったのが清張の2年後ですから、寿命は清張より5年長かった計算です。ちなみに、清張が亡くなった年に、私の母が亡くなりました。今年でちょうど30年です。

乱歩と角田に共通したのは、ふたりともが小型映画の撮影を趣味としたことです。乱歩のカメラ好き、小型映画好きは知られていますが、角田がどの程度それに打ち込んだかはわかりませんが。

乱歩は、先の大戦が始まる年までは、「パテベビー」という方式の小型映画のカメラと映写機を愛用したようです。これは、フランスのパテ社が開発した規格で、9.5mm幅のムービーフィルムをするようです。ちなみに、乱歩は随筆で「パテ・ベヴィ」と綴っています。

Pathé Coq d’Or – Pathé Baby 9,5mm Frankreich 1938

それについて書いた随筆でわかるのは、そのフィルムが終戦後は日本に入って来なくなり、仕方がないので、イーストマン(コダック)の8ミリ映画に機材を入れ替えたそうです。ですから、終戦の年から10年は使ったと思いますが、8ミリでは遠景が思うように撮れないなどの理由で、その随筆を書いた昭和30(1955)年のその日に、16ミリのカメラと映写機を手に入れた、と書いています。

それを買った日付まで書き残しています。同年の5月3日です。

角田の娘が踊りを習っており、その発表会のようなものがあり、乱歩も角田に誘われて見物に出かけたようです。その帰りに、ふたりで撮影機材を扱う店に寄り、二人で、同じ16ミリの機材を購入した、と書かれています。

紹介した随筆は朗読し、音声ファイルに残しました。下に埋め込んでおきます。録音には、ZOOM F2と付属のピンマイクを使っています。

乱歩朗読 パテ・ベヴィ
ZOOM F2と付属のピンマイク

なお、文中に登場する「白木劇場」を「しらきげきじょう」と朗読してみましたが、もしかしたら、「白木屋(しろきや)」という日本の百貨店の元祖がありますので、その系列の劇場であれば、「しろきげきじょう」が正しいかもしれない、と録音してから気がつきました。

【TBSスパークル】1932年12月16日 銀座白木屋火災(昭和7年)

乱歩の随筆に登場する苗字としては、「鵜野洲」も馴染がなく、適当に見当をつけて「うのす」と読み、結果的にそれで正しかったことが確認できました。

この苗字を持つ人間が、昭和10(1935)年11月21日に、日本で初となる青酸カリ(シアン化カリウム)を用いた殺人事件を起こしたのでした。私は、乱歩の随筆を読むまで、そんな事件があったことも、犯人の苗字が鵜野洲であることも知りませんでした。

この部分についても朗読し、音声ファイルにしてみましたので、下に埋め込んでおきます。これも、F2と付属のピンマイクで録音したものです。

乱歩朗読 鵜野洲の事件

本事件が起きたのは昭和10年ですが、この年だけでも、犯人が乱歩の影響を受けたと供述する、それまでにない事件が何件も起きています。それだけでも乱歩は心中穏やかでなかったでしょう。さらには、それを報じる新聞記事が乱歩には実に不快で、断筆することまで考えるほど乱歩を悩ませたようです。

ちなみに青酸カリを使った事件は、のちに起きた帝銀事件1948)の真犯人が、この事件から着想したという説もある、とウィキペディアの記述にあるのを見つけました(ウィキペディア:浅草青酸カリ事件 事件の影響)。

このように、朗読してそれを録音するため乱歩の随筆を利用していますが、それを読むことで、知らなかった話や事件を知ることにつながり、これはこれで有益です。

気になる投稿はありますか?

  • 乱歩の耳に聴こえたゾーッの音の正体乱歩の耳に聴こえたゾーッの音の正体 江戸川乱歩(1894~1965)が残した膨大な随筆を素人朗読し、それをZOOMのフィールドレコーダーのF2とF2に付属するラベリアマイク(ピンマイク)で録音し、iZotopeのオーディオ編集ソフトのRX 9 […]
  • 自分の声録音 続き自分の声録音 続き 前回の続きのようなことを書いておきます。 私がこのところハマっている、自分の朗読もどきを録音する際、できるだけ自分が考える良い音で撮ることを探る研究のようなことです。 前回分では、江戸川乱歩(1894~1965)の全集から、乱歩が終の棲家となる東京・池袋に引っ越したいきさつが記録された文章を朗読しました。 https://indy-muti.com/31 […]
  • マイクで低音を収録マイクで低音を収録 この頃は、音に関することに時間を費やしています。 今は、ネットの動画共有サイトのYouTubeに代表される動画に多くの人の関心が向かっているものと思います。私も動画は昔から一番の関心事です。ですから、YouTubeは毎日利用しています。 専門知識を持つ人もYouTubeをプラットフォームのひとつとして利用していますが、専門家でない人の動画が多くを占めるでしょう。 […]
  • 似非人権派の落とし穴と雲隠れ似非人権派の落とし穴と雲隠れ 松本清張(1909~1992)の短編小説に『一年半待て』(1957)があります。 これを読むと、いろいろなことを考えさせられます。日頃、弱い者の味方になり、素晴らしい人だと周囲からいわれているような人ほど、自分がしていることへの自信が揺らぐきっかけになるかもしれません。 細かいことを書いてしまうと、まだ読んでいない人の楽しみを奪うことになりますので、粗筋を書くこ […]
  • 持ち味を殺さない顔は素敵持ち味を殺さない顔は素敵 私は新聞に載った一枚の写真を見て、思わずギョッとしました。ドギツイ化粧に見えたからです。しかし、バレエ鑑賞をよくされる方であれば、見慣れた化粧に見えるでしょう。そのようなメイクを「バレエメイク」といい、日本では長いことそのような化粧が作法のようになされてきたそうですから。 昨日の朝日新聞の文化面に「バレエメイク 作り込まぬ進化」と題された記事が載りました。記事の内容を […]