絵作りを学ぶ

本コーナーで何度も書いているように、私は昔から映像に強い興味を持っています。

そんな私ですから、映画テレビ映画を見る時も、そうした目線で見たりしてしまいます。

以前、本コーナーで、アルフレッド・ヒッチコック監督(18991980)の『ロープ』(1948)という作品を二度ほど取り上げました。私はこの作品の、ストーリーはもちろんですが、撮影の仕方に興味を持ちました。

この作品は、友人を絞殺した二人の男子大学生が暮らすニューヨークのアパートが舞台です。タイトルバックを除き、カメラがそのアパートから外に出ることはありません。アパートの中の映像だけで完結しています。

そのアパートで、殺人のあとに、殺した友人の両親(母は風邪で来られず、代わりに母の姉がやって来ます)と友人、それから彼らの恩師(演じたのは、ヒッチコック作品の常連ともいえるジェームズ・ステュアート19081997〕)、彼らの家政婦だけでストーリーが展開されていきます。

作品の長さは80分です。タイトルの部分を除いた時間は、切れ目なく続くように作られています。1台のカメラで撮影されており、撮影に使うムービーフィルム1巻の長さに制限があるため、途中で撮影を止めても、観客に気づかれないように工夫して作られています。

実際の時間の流れを観客に印象づけるため、1台のカメラが演技者を写し続けることになり、演技者には、舞台で演じるように、失敗の許されない演技が要求されます。そしてカメラマンには、適切なカメラワークが要求されます。

私は自分でもカメラを道楽にしているため、カメラマンの立場で、どのようにカメラを操作しているかに興味が沸きます。

米国のテレビ映画『コロンボ』のシリーズが、毎週土曜日の夕方に放送されており、必ず録画しながら見ています。

この土曜日(12日)には、第3シリーズの最後を飾る『権力の墓穴』(1974)が放送されました。

コロンボ警部が勤務する米国・ロサンゼルス市警察でコロンボの上司にあたる次長が、友人が起こした殺人事件を偽装して、別の犯人の仕業に見せかける工作をします。その恩返しを友人に要求し、次長が自分の妻を入浴中に溺死させ、それをまた、友人の妻を殺した男のせいにする工作をし、友人にその協力をさせます。

本作は何度も見ていますからストーリーは頭に入っています。しかし、何度も見ていながら、今回、改めてあることに気がつきました。

それは、作品のほぼ前編が、アンダー気味の露出で撮影されていることです。昼間に撮影されていても暗いところでの撮影が多く、暗い部分は黒く沈んでいます。適正露出よりもかなりアンダーに見えるところもありました。

私は、米国のドラマにしても、昔に作られたものしか見ませんので、今のドラマがどうなのか知りませんが、昔の米国のドラマは、ムービーフィルムで撮影されています。『コロンボ』のシリーズもフィルムです。

日本のテレビ映画は、16ミリフィルムで撮影されましたが、米国では、テレビ映画にも、劇場映画と同じ35ミリフィルムが使われたと聞きます。

スティーヴン・スピルバーグ1946~)が無名時代に撮った作品に『激突!』1971)があります。

この作品は、テレビ映画用に作られたそうですが、面白さが話題を呼び、その後、劇場映画として上映されています。それができたのも、35ミリフィルムで制作されていたからです。

本日の豆訂正
『激突!』がどんなフィルムで撮れたのか、私は正確な情報を持っていません。本作について記述するネットの事典「ウィキペディア」で確認すると、本作に関心を持った日本のテレビで外国映画の買い付けをしていたひとりの局員が、出来上がったらぜひプリントを送って欲しいと依頼すると、作品が16ミリフィルムに焼き付けられて送られてきたとの記述がウィキペディアの「作品解説」にはあります。

この作品に接するたび、モンスターのような巨大なトレーラーに終われるサラリーマンの緊迫感が、どうしたら表現できるのか、注意して見てしまいます。

本作の脚本を渡されて、本作と同じように撮れる監督が日本にいるでしょうか。

話が横道に逸れてしまいました。

この土曜日に放送された『コロンボ』は、前編が暗い絵作りでした。

犯人に仕立てられた男が住んでいることにされた部屋に警察が踏み込む場面も、絵は暗いです。

A Phony Set-Up | Columbo

暗いから照明で明るくするのではなく、暗いところを暗いまま撮るというのは参考になります。

私は何も作品を撮るわけではありませんが、道楽で動画を作る時にこのテレビ映画を思い出し、それらしい撮り方をしたい、と考えてみたりしました。

気になる投稿はありますか?

  • テクニカラーの温故知新テクニカラーの温故知新 1920年代から1950年代に制作された映画を気をつけて見ていると、クレジットタイトルに"Technicolor"とあることに気がつくことがあるかもしれません。 私はこのところ、ふと思い立って、フレッド・アステア(1899~1987)が主演したミュージカル映画を見ています。きっかけは、1年半ほど前にNHK […]
  • アステアとキャロンのミュージカルにブラボー!アステアとキャロンのミュージカルにブラボー! 私は昨日、半年以上前に録画してあった映画を見ました。心温まるハッピーエンドで、画面に向かって「ブラボー!」と叫びたくなりました。 私が見たのは、米国のミュージカル作品『足ながおじさん』(1955)です。 米国の児童文学作品の『あしながおじさん』(1912)を原作とする作品ですが、私はこれまで、原作は読んだことがなく、映画も今回初めて見ました。 これがNHK […]
  • 不死身の男と女の冒険活劇映画不死身の男と女の冒険活劇映画 今月、村上春樹(1949~)の荒唐無稽な冒険活劇を、AmazonのオーディオブックのAudibleで第1巻を聴き、第2巻と第3巻を電子書籍のKindle版で読んだことは本コーナーで書きました。 その感想として、本作をエンタテインメントとして見るなら、5点満点評価で3、甘めに見れば4をつけてもいいが、文学作品だといい張るなら、2、辛くすれば1だとしました。 その理 […]
  • 上原正三を通して見るウルトラシリーズの裏側上原正三を通して見るウルトラシリーズの裏側 今年の大型連休期間中、ある番組が放送され、それを録画しました。NHK […]
  • 2003/08/11 社会派映画を堪能2003/08/11 社会派映画を堪能 私は甘い恋愛映画・ドラマはどうにも苦手です。その代わり、社会派映画・ドラマの類は好きです。昨日はそんな社会派映画を2本見てきました。 何の気なしに見つけた「社会派映画特集」というのがそれで、今、東京の東池袋にある新文芸坐で開催されています。 この期間(8月2日~8月22日)、上映作品は日替わりで、そのラインナップの豪華さにも目を奪われてしまいます。以下がその上映 […]