動画撮影におけるシャッター速度の重要性

デジタルカメラ(デジカメ)やスマートフォン(スマホ)で動画の撮影ができるようになったことで、動画撮影が一般的になりました。

本コーナーで何度も書いているように、私は動画撮影が一部の人に限られていた大昔から、映像には人一倍強い興味を持っています。

その分、最近になって動画撮影を始めた人に比べて、動画に関する知識が深いかというと、そんなこともないです。私も、デジタルの時代になって改めて認識したこともあります。

民生用ビデオカメラが登場する前、普通の個人が映像を撮影出来たのは8ミリ映画です。8ミリ映画用のフィルムが市販されていました。方式は、コダックが開発したスーパー8方式と、富士フイルムが開発し、富士フイルムのみでその方式のカメラを販売していたシングル8方式がありました。

私は、凝った撮影ができそうなシングル8を選び、道楽として楽しみました。

8ミリ映画を撮影する時の撮影コマ数は、通常は毎秒18コマです。

デジタル時代の今は、コマといわずにフレームといい、1秒間に撮影するフレーム数をフレームレート(fps)といったりします。意味するところは同じです。

ちなみに、商業映画の場合は、毎秒24コマで撮影します。

こうしたことは、8ミリ映画を日常的に撮影していたので、常識として知っていました。

デイライトタイプのシングル8カートリッジ
本日の豆知識
私が使っていたZC-1000というカメラは、毎秒72コマで撮影ができました。その速度で撮影したフィルムを毎秒18コマで映写すると、動きが4倍遅いスローモーションの効果が得られます。

しかし、それを愉しんだ当時、シャッター速度はほとんど意識したことがなかったように思います。素人の私は、映像が写っていればよく、その仕組みまでは深く考えなかったからです。

ネットを使うようになって、初めて、映画のシャッター速度に興味を持ち、本コーナーで11年ほど前に取り上げました。

映像に特別興味が強くない人は、オートで動画の撮影をし、シャッター速度は気にしないことが多い(?)かもしれません。気にしなくても、それなりの動画が撮影できてしまいますしね。

ただ、シャッター速度に興味を持ち、自分がそれまでにオートで撮影した動画を見返すと、違和感を持つ動画があることに気がつくこともあるかもしれません。

たとえば、晴れた日の日中、強い太陽光の下で何か動くものを撮影すると、フレームとフレームのつながりが悪く、パラパラ漫画のように見える動画に仕上がりやすいです。そうした現象は、速いシャッター速度で撮影したときに起きます。

速いシャッター速度は、スチール写真の場合は有効です。たとえば、激しい動きをするスポーツ選手を高速シャッターで撮影すれば、動きの一瞬を止められる、といった具合にです。

高速シャッター速度が、動画の撮影では裏目に出てしまいます。一つひとつのフレームに定着した静止画が、動きを止めたように写っていれば、動画として見たとき、フレーム同士のつながりが悪くなり、パラパラと見えてしまうからです。

少し前、次の動画を本サイトで紹介しました。

【一眼動画撮影テクニック】フレームレート(fps)とは? 各フレームレートで見え方の違いを比較しました!(カメラのキタムラ動画)

この動画の趣旨は、シャッター速度ではなく、フレームレートの設定です。しかし、見ていて、疑問を持ちました。

走る電車のように、動きの速い被写体を撮影する場合、遅いフレームレートよりも速いフレームレートの方が滑らかな動画を撮影できると説明しています。それはシャッター速度の設定次第だろう、と私は考えました。

次の動画は、7年ほど前にアップロードされたものです。この動画でも、走る電車を撮影していますが、こちらは、シャッター速度を変えて撮影し、見え方の違いを検証しています。

シャッタースピードテストのテスト撮影を行いました 【比較/検証】SONY α7s

撮り比べた動画を見ればわかります。速いシャッター速度で撮影した動画ほど、電車の動きがパラパラして見えます。一方、1/30秒で撮影した動画は、電車の動きが滑らかです。そのように写る理由はすでに書きました。

フレームレートの検証をする動画では、フレーム数が多いほど滑らかな映像になると話していますが、結局のところ、シャッター速度をどのように設定するかにかかっていると私は考えます。

フレームレートが、映画の24コマと同じように、24fpsであっても、シャッター速度を1/50秒にしておけば、パラパラ動画にはなりません。

フレームに写る静止画に被写体ブレが起こり、その結果として、人間の眼には残像が残り、動きが滑らかに見えるからです。逆にいえば、フレーム単位の静止画がシャープに写してしまうと、被写体ブレのない静止画が残像として残り、つながりが悪くなります。

フレームレートの検証をするなら、シャッター速度がいくつだったか説明しないと、動画を見た人に誤った知識を提供しかねません。

動画撮影においては、晴れた日の日中光下であっても、遅いシャッター速度が求められるため、レンズに入る光の量を減らすため、NDフィルターがどうしても必要になります。

気になる投稿はありますか?

  • 2002/10/31 リクエスト「これが男の生きる道」2002/10/31 リクエスト「これが男の生きる道」 今日はいつも聴いていますNHK-FMのリクエスト番組「サンセットパーク」宛にリクエストカードを出しています 今回のリクエスト→ 「これが男の生きる道」(植木等) https://indy-muti.com/3124/ 結果は、今回も番組で採用してもらえました。選曲の東さん、ありがとうございますm(_ […]
  • 顔出し動画でのお勧めマイクは?顔出し動画でのお勧めマイクは? 私が昔から映像に強い興味を持つことは、本コーナーで事あるごとに書いています。 昔は、当時、普通の個人が唯一扱えた8ミリ映画を楽しみました。8ミリ映画のあとは、ビデオに記録メディアが変り、現在に続いています。 そんな関係から、1999年5月にPCを使い始めてすぐに思いついたのが、動画をネットで配信することでした。当時のことですから、今とは比較にならないほど通信回線 […]
  • 雷鳴の鑑賞雷鳴の鑑賞 雷は好きですか? と訊かれ、「大好きです」と答える人は多くないのではないかと思います。私も「好きです」とはいいにくいです。 ただ、自分に危害が及ばないことが保証されているのであれば、雷が起こす音と光を観察するのは「好き」かもしれません。 雷好きを公言した人として私が思い出すのは、NHKの紀行番組「新日本紀行」(1963~1982)のテーマ曲などを作曲したことで知 […]
  • 日本でラジオ放送が始まったのは?日本でラジオ放送が始まったのは? 百年前を、大昔と考えるか、それとも、それほどの昔でもないと考えるかは人それぞれです。 日本でラジオの放送が始まった年を正確にいえる人は多くないかもしれません。ネットで調べればすぐわかることですが、調べずに、自分の知識として披露できる人は少ないでしょう。 私も知識を持っておらず、テレビに比べれば長いくらいの感覚でしかありませんでした。 こんなことを考えたのは […]
  • 乱歩の耳に聴こえたゾーッの音の正体乱歩の耳に聴こえたゾーッの音の正体 江戸川乱歩(1894~1965)が残した膨大な随筆を素人朗読し、それをZOOMのフィールドレコーダーのF2とF2に付属するラベリアマイク(ピンマイク)で録音し、iZotopeのオーディオ編集ソフトのRX 9 […]