掘り出し物もあれば頓珍漢も

坂本九19411985)が歌って大ヒットした名曲に『上を向いて歩こう』1961)があります。本曲は、日本だけでなく、海外でもよく知られています。

米国の音楽業界誌『ビルボード』でシングルチャートを扱う“Billboard Hot 100”で、本曲は100週間1位を獲得するという偉業を成し遂げ、1963年度の年間ランキングでも10位にランクインしたそうです。

作詞は永六輔19332016)、作曲は中村八大19311992)、そして歌ったのが坂本九、と三人の名前には数字が入っています。その数字から、「六八九トリオ」とかいわれたのではなかったかと思います。

上を向いて歩こう 坂本 九 歌詞付き

ネットの事典ウィキペディアにも書かれていなかもしれないことが、今月19日の朝日新聞に載っていました。『上を向いて歩こう』の詞が生まれたいきさつについてです。

本曲が生まれた当時、作詞をした永六輔はNHKのバラエティ番組『夢であいましょう』19611966)で共演でもしていた(?)のかどうか、中村メイコ1934~)と仲良く付き合っていたようです。当人同士のことですから、部外者はどの程度まで交際が進行していたか知りませんが、永としても、ゆくゆくはメイコと一緒になりたい夢も抱いていたでしょうか。

夢であいましょう ~ To the Memory of My Mother

あるとき、メイコが公衆電話から、作家をしていた父の中村正常19011981)に電話をします。永に泣かれてしまって困っている、と。メイコが別のボーイフレンドと結婚することを知らされた永が、思わず泣いてしまったというわけらしいです。

メイコから助言を求められた父は、メイコに次のように答えたそうです。

(永君には)上を向いて帰りたまえ、と伝えたまえ。涙がこぼれないように、とね。

この助言そのままが永の詞に乗り移っています。

本日の豆記憶
昔、永六輔がテレビ番組の「徹子の部屋」に出たときに、永によって披露された話を憶えています。永は元々顎が長めですが、その顎が外れた話です。
夜、原稿か何かを書いていたときだったと記憶しますが、眠気が襲ってきて、「寝たらダメだ」と自分の頬を叩いたそうです。すると、顎が外れてしまったというわけらしいです。
人間は顎が外れると、口から下がダラーンと下がるらしいです。
話すこともできず、医者へ連れて行ってもらおうと思って妻のところへ行くと、はじめはそれが夫と気づかれなかった、というような話でした。

このエピソードを紹介するのは、今月19日の朝日新聞『天声人語』1904~)です。朝日新聞が中高生から募った「私の折々のことばコンテスト2021」について書いた冒頭でこのエピソードが紹介されています。

こんな風に、時には、思いがけないことを知るきっかけとなる『天声人語』ではありますが、政治的な話になりますと、頓珍漢な印象であることが少なくありません。

今月22日の同コラムでは、英国のボリス・ジョンソン首相(1964~)が、新コロ騒動で同国がロックダウンにある中、首相官邸でパーティーを催し、非難を浴びたと書いています。

それに続けて、米国のドナルド・トランプ氏(1946~)が、新コロ対応のまずさで大統領の座から退場させられたと書いていますが、いずれも見解が頓珍漢です。

裏の事情を知らずに書いたとしたら認識不足ですし、知っていて書いたのなら、偏向的コラムになります。

新コロ騒動が、国を超えた世界的な勢力によって起こされたことは明らかです。本騒動において、トランプ氏とジョンソン首相に共通するのは、騒動を起こす勢力のいいなりになりたくはないという思いです。トランプ氏が米大統領に再選されていたなら、本騒動も違ったものになったでしょう。

そうされては困る勢力が、世界中の表のメディアや世界的なIT企業を使い、世論誘導をしています。

騒動の裏の事情に気がついたアフリカや中米の国の代表は、圧倒的な圧力に抵抗しました。その結果、彼らは命を奪われています。

米国や英国の代表の命はさすがに奪えないため、あらゆる手段を使って、代表の座から引きずり降ろすことを画策しています。『天声人語』が書くように、トランプ氏は、新コロ対応に躓いて失脚したのではなく、彼らの計画に邪魔だったため、マスメディアを使って嘘の報道を洪水のように垂れ流し、それに騙された人々を反トランプにさせたのです。

英国のジョンソン首相も、彼らにとっては目障りな存在です。一刻も早く彼を首相の座から消し去り、彼らのいうことを聞いてくれる人間に差し替えたいのです。ということで、ジョンソン首相にパーティーの罠を彼らが仕掛けたというのが真相です。

『天声人語』を執筆する以上は、これぐらいのことは最低限わかった上でのことにして欲しいです。

ま、朝日の新コロ騒動の報道は、どれも頓珍漢なものばかりです。

本当にわかっていないで書いているのだとしたら、ジャーナリスト失格ですよ。

気になる投稿はありますか?

  • オブラートで包まれた死?オブラートで包まれた死? 夜の遅い時間、一緒に暮らす家族のひとりが、部屋でぐったりしているのを発見したら、どうするでしょう。 発見したのが妻で、ぐったりしているのが夫であれば、慌てて駆け寄り、「どうしたの? 大丈夫? しっかりしてよ」などと声を掛け、他に暮らす子供や親がいれば、「お父さんが大変なの。誰かすぐに来て」と家族の助けを求めるでしょう。 静かだった家の中は大変な騒ぎになり、妻以外 […]
  • ワクチンの旗振り役WHOはタバコを嫌うワクチンの旗振り役WHOはタバコを嫌う 本日の朝日新聞2面の「時事刻刻」に興味深い記事が載っています。そこで、その記事を紹介しながら、新コロ騒動の裏側を考えていくことにします。 記事の見出しは「たばこ会社出資 ワクチンに『NO』」「WHO、緊急使用リスト申請を拒否の方針」です。 (時時刻刻)たばこ会社出資ワクチンに「NO」 WHO、緊急使用リスト申請を拒否の方針 新コロウイルスのためとされる […]
  • 気になる訃報 日テレの現役アナが54歳で脳出血気になる訃報 日テレの現役アナが54歳で脳出血 新聞には連日訃報が載りますが、本日の新聞各紙に載った訃報のひとつが心に引っかかりました。 それは、日本テレビの現役のアナウンサーだった河村亮氏(1967~2022)の訃報を伝えるものです。まだ54歳だったそうです。 私の家では、朝日、日経、産経、地方紙の4紙を購読していますが、たとえば朝日の記事では、「14日、脳出血で死去」と書かれています。 脳の発作や病 […]
  • 新コロワクチンに毒ヘビの真っ黒い影新コロワクチンに毒ヘビの真っ黒い影 あなたはヘビに咬まれたことはありますか? 私は子供の頃に、一度咬まれたことがあるように記憶しています。 私が暮らす周辺に猛毒を持つヘビは生息していませんので、大事には至りませんでした。それがもし、キングコブラのようなヘビであれば、すぐに対処しなければ、命を落とすことになります。 私は知りませんでしたが、毒ヘビに咬まれた人は、Dダイマーの値が急激に上昇するそうです […]
  • 拳銃の引き金をはやく引け?拳銃の引き金をはやく引け? 新コロウイルスのために作られたことになっている、内容物が不明のワクチンと称される謎の注射の接種が日本で始まる前、この謎の注射を打てば、95%程度の感染防御効果が科学的に証明されているのだから、元の生活に戻れますよ~、とマスメディアは明るい未来を伝えました。 実際にはどうでしたか。感染を予防する効果はありましたか。 今月17日に政府から発表になった数字を見ますと、 […]