試験会場へはタクシーかハイヤーで来い?

新コロ騒動が始まって2年。この2年間はわけのわからないことが続いています。昨日の朝日新聞に載っていた記事を見ても、その感が強いです。

記事の見出しは「無症状の濃厚接触 受験にタクシーOK」です。

記事を読むと、大学入学共通テストを受ける受験生への方針を文部科学省が変更したことを伝えています。

曰く、受験生が新コロウイルスの濃厚接触者であることが判明した場合、次の条件を満たせば、特別に用意する別室での受験機会が与えられるとしています。

  • PCR検査で陰性になった
  • 受験当日に無症状であること
  • 受験会場まで公共交通機関を利用しないこと

本テストの受験会場は、自宅から比較的近い会場があてられるのでしょう。それでも、受験会場まで徒歩で行ける人は限られると思われます。その場合も、電車やバスが利用できないとなれば、受験生は不便を強いられます。

本日の豆思いつき
私が該当する受験生であれば、私の移動手段の自転車を利用するでしょう。片道20キロぐらいまでの距離であれば、行けそうです。ただ、方向音痴なので、道を間違う可能性もないではないですが。

そのため、変更前までは、自家用車で会場まで行くことだけが認められていました。しかし、自家用車を利用できない受験生もいることから、タクシーやハイヤーの利用が新たに認められました。

このタクシーとハイヤーにも制約がつきます。利用した車両をあとで特定できるようにするため、予約による利用に限るということです。通りすがりのタクシーやハイヤーを停め、それに乗って会場への往復をすることは許されていません。

同じ措置を、たとえば風邪に当てはめて考えてみると、いかに馬鹿げた措置であるかがわかります。

本日の豆疑問
濃厚接触者の受験生を乗せたタクシーやハイヤーの運転手にもしも受験生がいた場合、彼らの子供の受験生たちは、別の運転手が運転するタクシーやハイヤーで受験会場を目指すことになります。その受験生たちを乗せた運転手たちにも受験生がいた場合、同じことが無限に繰り返される可能性があります。きりがないですね。

当人は風邪の症状がないものの、家族の誰かが風邪の症状を発していた場合、上記の条件に当てはまります。新コロのPCR検査は別にして、当人に風邪の症状がないのですから、当然、受験に向かいます。その際、「試験会場まで電車やバスは一切利用するな」といわれたら、頭の中は「?????」だらけになってしまいます。

ある受験生が「会場まで家から遠いのですが、歩いて行けというのですか?」と尋ねると、「家族の誰かに会場まで送ってもらい、試験が終わるまで待っていてもらい、帰りもその車で帰って来なさい」の答えが返ってきます。

その答えを聞いたその受験生が「僕は母子家庭で、母親は運転免許を持っていません。第一、母は数日前から風邪で寝込んでいます」というと、「そういう人もいるだろうからと、方針を転換した。君のような人は、タクシーやハイヤーの業者に電話し、あらかじめ、試験当日の予約をとり、それで会場まで来なさい。わかりましたか?」といわれました。

受験生は、「母が風邪をひいただけで、どうして健康な僕までこんな目に遭わなければならないのか」と考えるに違いありません。

一体全体、何を考えているのか、といいたくなります。

私自身は、本コーナーで繰り返し書いているように、新コロ騒動は茶番だと考えています。

新コロとされるウイルス自体が、未だに存在が証明されていません。存在が証明されていないのですから、そのウイルスがどの程度他者に伝播するかの確認もしようがありません。

騒動の基を作ったのがポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査というインチキです。実際のところ、この検査でわかることは何もありません。それらしき遺伝子配列の極々一部を検査に当てはめ、検査でその遺伝子配列を持つことがわかれば、被験者は陽性とされてしまいます。

しかし、問題のウイルスの証明がされていない以上、それを見つけるための検査を設定しようがありません。ですから、このインチキでは何もわからず、陽性になったからといって、別に対しての反応なのかもまるでわかりません。

こんな意味のないインチキで陽性になった人がいて、その人と濃厚接触したからと、たとえば受験生が大迷惑をこうむる措置を国が採ろうとしています。

途中でも書きましたが、問題のウイルスの存在が証明されておらず、存在が確認されていないのであれば、それが他者に伝播するかどうかの確認もできません。

それなのに、濃厚接触者だからだとして、受験生に負担をかけようとしています。

一体全体、何を考えているのですか。

受験生に迷惑をかける前に、問題のウイルスの存在を証明し、それがどの程度伝播するのかの科学的なデータを示してくれませんか。騒動が始まって2年間、それを待っているのですが、一向にそれが示されていません。

そのくせ、変異したウイルスが見つかったと定期的に発表し、正体のわからない危険な注射を、ワクチンと偽って打たせることをしています。いったい、何をしたいのですか?

マスメディアで働く人の中には、受験生を持つ人もいるでしょう。自分の仕事を離れ、家族としてこの問題を考え、何かがおかしい、と考えることはないでしょうか。もしもあるのであれば、それを記事にまとめてください。編集の段階で削られてしまうのかもしれませんが。

馬鹿々々しい茶番は早く終わりにしましょう。

気になる投稿はありますか?

  • mRNAワクチンではない?!mRNAワクチンではない?! 新コロ騒動に関する報道は、その人が騒動をどのように考えているかで、視点が大きく異なります。 マスメディアの報道を信じている人は、報じられていることをそのまま受け取ります。 騒動を疑っている人は、当然のことながら、マスメディアが報じるのとは反対側から騒動を見ます。 今更断るまでもなく、私はマスメディアをまったく信じていません。彼らが伝える新コロ騒動は、彼らが […]
  • 新コロ騒動はもはやバレバレ新コロ騒動はもはやバレバレ ネットを利用する人で、正しく疑うことができる人には、もうバレバレの状態といえましょう。 新コロウイルスのために作られたとされているワクチン(以下「似非ワクチン」と書きます)が、実は感染予防や重症化軽減の効果をほとんど持たないだけでなく、打てば打つほど体によくないものであるらしい、ということがです。 私は、2020年に始まった新コロ騒動が、まったくの茶番であること […]
  • ヘンテコな死因 ヘンテコな倒れ方ヘンテコな死因 ヘンテコな倒れ方 https://youtu.be/wTBui9pPVxw アストラゼネカ社ワクチン 使用中止の会見中に担当者が倒れる ザ・ヒーローインタビュー第二回 その3 ドクターブラウン […]
  • ワクチンの旗振り役WHOはタバコを嫌うワクチンの旗振り役WHOはタバコを嫌う 本日の朝日新聞2面の「時事刻刻」に興味深い記事が載っています。そこで、その記事を紹介しながら、新コロ騒動の裏側を考えていくことにします。 記事の見出しは「たばこ会社出資 ワクチンに『NO』」「WHO、緊急使用リスト申請を拒否の方針」です。 (時時刻刻)たばこ会社出資ワクチンに「NO」 WHO、緊急使用リスト申請を拒否の方針 新コロウイルスのためとされる […]
  • 気になる訃報 日テレの現役アナが54歳で脳出血気になる訃報 日テレの現役アナが54歳で脳出血 新聞には連日訃報が載りますが、本日の新聞各紙に載った訃報のひとつが心に引っかかりました。 それは、日本テレビの現役のアナウンサーだった河村亮氏(1967~2022)の訃報を伝えるものです。まだ54歳だったそうです。 私の家では、朝日、日経、産経、地方紙の4紙を購読していますが、たとえば朝日の記事では、「14日、脳出血で死去」と書かれています。 脳の発作や病 […]