2008/5/26 にゃんこおチビちゃん(=^ω^=)母にゃんこに

そろそろとは思っていましたが、おめでたいことがありましたので報告しておきたいと思います。

私と後半生を一緒に歩んでもいいという実に奇特(きとく:〔「キドク」とも〕特にすぐれて珍しいこと。また、心がけや行いがすぐれてほめるべきものであること。殊勝=広辞苑)な女性にめぐり逢い、身を固めることを決意しました(^O^)/ これで、長かった独身生活ともおさらばです、、、だったら、いいのですが、そんな話は、自分の周囲をいくら注意深く探し回ってみてもキョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ、姿も形もありません。

おめでたいことがあったのは、愛猫のにゃんこおチビちゃん(=^ω^=)です。

ここへきて、妊婦さんのおチビちゃんのお腹は限界近くまで膨らみ、いつ産気づいても(さんけづく:陣痛が始まり、胎児が生まれそうな状態になる=広辞苑)おかしくない状態になっていました。そのおチビちゃんは昨日、夕ご飯を食べた頃からソワソワし始めました。今にして思えば、おチビちゃんなりに出産態勢に入り、産む場所の確保に余念がなかったことになりそうです。

出産は無事に終わり、母子共に良好な状態です。

産まれたのは3匹で、おチビちゃんとほとんど同じような毛並みをしています。母子の様子があまりに可愛かったので、私は早速家庭用デジタルビデオ(DV)カメラに収め、短い動画にしてみました。よかったら母子の様子を見てやってください。

にゃんこおチビちゃん(=^ω^=)母にゃんこになるの巻

当たり前ですが、動物は誰の手も煩わせることもなく、自分だけで出産します。それは初産(ういざん:初めて出産すること=広辞苑)だったおチビちゃんとて同じです。

一匹で産み、一匹で子猫にお乳を飲ませています。ついこのあいだまでは、おチビちゃん自身がお乳を飲ませて欲しいような顔つきをしていたんですけれどね。それが今は、新米ママさんの顔つきをしています。もしかして、私よりもしっかりしているかもしれません。

ということで本日は、おチビちゃんに訪れたおめでたい出来事を報告してみました。将来的には1匹を残して、2匹はどなたかにもらってもらうつもりですが、あと少ししたら、母子でじゃれ合うようになるでしょう。DVカメラやデジタルカメラ(デジカメ)の出番が増えそうです。

そうだ。この機会に新しいデジカメを買っちゃおうかな、なんちてf(^_^)

気になる投稿はありますか?

  • 身近でチープな特殊効果身近でチープな特殊効果 映像をフィルムで撮影していた時代、アマチュアが特殊撮影を真似することは非常に困難でした。 プロの現場であっても、今に比べたら、特別の専門知識を持たない限り、現代のような特殊効果は難しかったのではないかと思います。 それが、デジタル技術が一般の個人でも使えるようになり、興味を持つ人であれば、使うことができます。 https://youtu.be/kqS3P […]
  • 瓢箪から極上の色確認モニタとなるか?瓢箪から極上の色確認モニタとなるか? 今回は、私が作った動画を見てもらうことから始めます。 マッチムーブのテスト 前回の更新では、次の動画を見てもらいました。 ROADOM 7インチタッチモニター それの変型版です。今週月曜日に購入し、早速使い出した「ROADOM 7インチ Raspberry Pi用タッチモニター […]
  • 動画撮影時確認用の廉価な7インチモニタ入手動画撮影時確認用の廉価な7インチモニタ入手 前々回の本コーナーで、ビデオカメラやネオ一眼カメラのライブ映像用のモニタについて書きました。 私はこれまで、カメラで自分の手元を写しなら、私が持っている物について語る動画をいくつも作りました。その撮影の際は、カメラの背面モニタが私にとっての確認用モニタでした。 これで撮影することができますが、それを見ながら手元を動かすため、窮屈な体勢を採らなければならなくなりま […]
  • 2012/02/19 切れ味のあるシグマのマクロレンズ2012/02/19 切れ味のあるシグマのマクロレンズ 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新しています。なお、トークは前日の夜に行っています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので、それをお読みになって、トークのだいたいの流れをご想像下さい。 なお、音声ファイルはMP3方式にて紹介しています。再生箇 […]
  • シグマ50ミリマクロレンズがお気に入りにシグマ50ミリマクロレンズがお気に入りに YouTuberの桜風涼(はるかぜ・すずし)氏(1965~)も最近配信された動画で話されていましたが、カメラのボディは、デジタルの時代になり、更新が頻繁になりました。 自分が使うカメラがすぐに旧モデルになってしまいます。 その一方で、レンズは、カメラのマウントさえ合えば、いつまでも使い続けることができます。 私の場合でいえば、一番長く手元にあるのは、フィル […]