2012/06/04 オウム真理教と石原家の浅からぬ因縁?

あの「地下鉄サリン事件」が起きたのは1995(平成7)年3月20日です。東京都心の地下を縦横に走る地下鉄の車内に神経ガスのサリンが散布され、乗客や駅員ら13人が死亡、約6300人の負傷者を出す大惨事でした。

地下鉄サリン事件当時の映像 Sarin gas attack on the Tokyo subway

実行犯は、広瀬健一19642018)、横山真人1963~2018)、豊田亨1968~2018)、林泰男1957~2018)。彼らにはすでに死刑判決が下され、あとは刑の執行を待つばかりです。

おっと、もうひとりの実行犯を忘れていました。オウム真理教の附属医院の医院長をしたのち、同教団の“治療省大臣”をした林郁夫1947~)(「YouTube>オウム真理教の深き闇 『ハルマゲドンだ!』薬物増産へ 林郁夫 」)は、千代田線内の散布を受け持ち、彼の犯行により、4人が死亡し、231人が重症を負っています。

オウム真理教の深き闇 「ハルマゲドンだ!」薬物増産へ 林郁夫

しかし、ほかの4人と同じ犯行をしながら、なぜか林郁夫だけは死刑判決を逃れ、無期懲役の判決が下されました。

林は慶応大学医学部で学び、専門は心臓血管外科だそうです。

なぜ林郁夫に特別注目するのかといえば、つい昨日のことです。私はネットである情報を得、ビックリ仰天したからです。そして、その情報の中に林郁夫の名前が出てくるのです。

オウム真理教が誕生したのは1987年。先頃、「NHKスペシャル」が2夜連続で取り上げています。私は「NHKのことだから、真相は伝えられないだろう」と期待していませんでした。が、一応は録画し、あとで見ました。

林は同教団が誕生した1987年に、麻原彰晃1955~2018)こと松本智津夫(まつもと・ちづお)死刑囚が書いた本に出会い、麻原の考えに傾倒していったようです。

その2年後の1989年8月25日に、東京都に宗教法人として認証されていますが、その年、林は同教団に入信しています。

林と教団のつながりを時系列で確認した上で、昨日知ったばかりの情報と照らし合わせていくことにします。

唐突ではありますが、オウムとはまったく関係のなさそうな名前が登場してきます。あの石原裕次郎19341987)です。

団塊の世代にとっては同世代の憧れのスターだったでしょうか。それよりも若い世代は、テレビドラマの「太陽にほえろ!」のボス役をしたことを辛うじて憶えている程度でしょう。

石原裕次郎が亡くなったのは、オウム真理教が東京都から宗教法人として認証された年の1987年7月17日。享年は52歳でした。彼は、1978年に舌ガンを発症し、一度は病魔に打ち克ったかと思われましたが、そのあとも手術と病気の治療のため、何度も入退院をしています。

1981(平成1)年、「解離性大動脈瘤」を治療するための大手術を受けています。情報ページにあった記述によれば、そのときの手術に要した時間は6時間30分以上。手術の成功率はわずか3%という難手術だったようです。

その手術が行われたのは東京のJR信濃町駅近くにある慶應義塾大学病院です。そして、驚くべきことに、のちにオウム真理教の幹部になり、地下鉄サリン事件の実行犯のひとりとなる林郁夫が難手術を受け持っていたというのです。

オウム真理教が急速に武装化するきっかけとなったのは、これまでは、1990年にあった衆院選にオウムは候補者を立てて臨んだものの惨敗し、それがきっかけになった、というのが「定説」でした。が、「NHKスペシャル」が番組でこの教団の事件を取り上げるために進めた取材の中で、警察に押収されずにあった元教祖・麻原彰晃こと松本智津夫の説法を録音したテープが約700本見つかり、それをNHKが分析しています。

その結果がわかったのは、オウムの武装化はそれより2年前の、19881月に、教団の一部幹部にのみ述べた麻原の肉声で、そこで麻原は次のように武装化を臭わせています。

核戦争を回避することが、我々が目指す“救済”ではない。今ある資本主義社会主義を潰し、宗教的な国家を作る。これこそが、我々が目指すべき今生の「救済」なのである。

この通りに麻原がしゃべったわけではありませんが、だいたい、こんなようなことを述べたことがテープに残り、それを実現するために教団を武装化する考えをこの時点でハッキリ持っていたことを裏付けています。

その実現のため、オウムは、麻原の生まれ故郷である熊本県内に拠点を作ることを模索します。同県内の旧波野村に広大な土地の取得を目指し、教団の施設を建設します。当時、同村の住民は2000人ほどだったそうで、そこへ500人もの信者が住むことにでもなれば、村を同教団に乗っ取られてしまうと危惧する住民が、反対運動を繰り広げています。

地元の警察も手をこまねいていたわけではなく、県警幹部の一部は、機会を見て同教団の強制捜査を主張していたそうです。同教団の事件を取り上げた「NHKスペシャル」でも、当時の警察幹部が登場し、取材に答えています。

しかし、当時、すでに宗教法人の資格を持っていたため、強制捜査を躊躇する声が同県警内部にもあり、結局、当初より1週間遅れて、1990年10月22日、国土法違反の容疑で強制捜査が行われていま。

しかし、近いうちに強制捜査のあることが、事前に教団に察知されてしまいます。信者の中に、夫が警察官であった者がおり、そこから情報が漏れたようです。その結果、1週間強制捜査が延びる間に、武装化の物的証拠になりそうなものを施設内から持ち出すなどして隠蔽化してしまいました。結局、その時の捜査では、オウムの武装化の証拠を得ることはできずに終わっています。

その3年後、地下鉄サリン事件の2年前、1993年、オウムは拠点を山梨県の旧上句一色村に移します。そこにサティアンと呼ばれる施設を建設し、第7サティアンと呼ばれた建物の中で、「松本サリン事件」地下鉄サリン事件で実際に使われることになるサリンが製造されています。

麻原は、製造にあたった幹部の信者に、約70億人分の致死量に相当する【70トン】のサリン製造を命じたそうです。地下鉄サリン事件の1年ほど前までには、約300万人の致死量となる【30キロ】のサリン製造に成功していたそうです。

武装化に警察がもっと早く気づくことができたなら、その後のサリン事件を未然に防ぐこともできたでしょう。そのチャンスのひとつが1990年に熊本県警が実施した強制捜査でした。しかし、実施を躊躇させ、結果的には武装化の隠蔽を教団にさせてしまったのは、その時点で教団が東京都から宗教法人の認証をされていたことがあります。

では、オウムの宗教法人取得に力を貸したのは誰でしょう?

昨日ネットで得たばかりの情報によれば、1987年に亡くなった石原裕次郎の兄である現東京都知事の石原慎太郎1932~)だというのです。

1988年当時、石原都知事は自民党衆議院議員で、運輸大臣をしています。それ以前、オウムは宗教法人の認証取得を東京都にかけあっていたでしょうが、東京都は認証を与えていなかったようです。

どのようないきさつで石原知事がオウムに協力するようになったのかは知りませんが、パイプ役になったのは、かつて弟・裕次郎の大手術をしてくれた林郁夫であったかもしれません。

あるいは、別のルートかもしれません。石原都知事には息子が4人います。一番下の息子は、世間では最も知られていない“自称”画家という石原延啓氏(1966~)です。

この石原都知事の4男が、実はオウム真理教の幹部(オウム真理教 官房長副秘書官)であったという証言を、宗教学者の中沢新一氏(1950~)がされているそうです。

オウムと中沢新一「虹の階梯」オナニー修行 麻原彰晃が心酔した宗教学者

ただの信者であっても驚きますが、幹部ですから、ビックリ仰天なんてものではありません。本当にそうであったなら、むしろ息子さんを通じてオウムとつながりができ、のちに知事になる東京都に持ち前の“腕力”で強力なプレッシャーをかけ、強引に宗教法人の認証をさせた、と考えられなくもありません。

オウムが晴れて宗教法人になったのが1988年8月で、それで自信を持って翌年には熊本へ移って武装化への道を邁進し始めことになりそうで、そのための力を石原都知事が与え、しかも、熊本県警の強制捜査の壁となったのも石原都知事が与えさせた宗教法人という錦の御旗であったのであるとすれば、二重の意味で石原都知事がオウムのその後の暴走に力を貸した、とはいえないでしょうか。

また、石原氏が衆院議員を何かから逃げるように唐突に辞めたいきさつについて、今改めて疑問視されています。

衆院議員を辞職することを公にしたのは、地下鉄サリン事件が起こった年の1995年4月14日です。サリン事件が起こったのが3月20日ですから、事件から1カ月経たずに辞めています。

また、石原さんについては、かつて、自民党にあったタカ派集団の「青嵐会」で一緒に行動した“ハマコー”こと浜田幸一元衆院議員(19282012)は、自著『ハマコーの非常事態宣言』の中で、石原氏がオウム真理教に資金提供していた、と批判しているそうです。

ネットの一部でにわかにいわれるように、石原都知事とオウムの結びつきが強く、そのオウムが地下鉄サリン事件を起こしたとなれば、自分の責任が問われる、と大慌てで国会議員を辞職したか、自民党の上層部から辞職を強要された、と想像するのが無理のない解釈かもしれません。実際のところは、私はまだ全貌をまったく知らないわけですが。

石原都知事といえば、「国士」の立場を自ら採り、自民党清和会の機関紙、産経新聞に「日本よ」というコーナーを持っています。

本日の紙面では、石原都知事のコーナーが一面を飾っています。が、本日の一面のトップニュースは、特別手配されていたオウム真理教の元幹部、菊地直子容疑者(1971~)が17年の逃亡の末、前夜逮捕されたニュースだというのは、あまりのタイミングの良さ(悪さ?)に、思わず笑ってしまいます。

国士を自認される石原さんは、11日に国会へ参考人として呼ばれるそうですが、その際は、オウム真理教と事件についても歯に衣着せぬ物言いでお話してもらえないでしょうか。できれば、4男の延啓氏もご一緒いただければ話が早いでしょう。

ああ、そうでした。自民党の幹事長をされているのは、ご長男の石原伸晃氏(1957~)でしたね。それなら話が早いです。伸晃氏の父親と弟のことですから、何でもご存じでしょう。今度、参考人ににでもなっていただき、根掘り葉掘りお話を伺わせてはもらえないでしょうか?

気になる投稿はありますか?

  • もしもテニスコートを見に行っていたらもしもテニスコートを見に行っていたら 村上春樹(1949~)の作品を順繰りにAmazonの電子書籍版で読むことをしています。今度は『アンダーグラウンド』(1997)を読み終えました。 これは、1995年3月20日の通勤時間帯、東京の地下鉄で宗教団体のオウム新真理教によって起こされた「地下鉄サリン事件」の被害者に、村上が直接面談して話を聴き、まとめた本です。村上としても、異色の作品といえましょう。 こ […]
  • 2010/12/23 ジョン・レノン暗殺-運命の一日2010/12/23 ジョン・レノン暗殺-運命の一日 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新をしています。いつもは夜にトークするところ、昨日に続いて今日も朝にトークを行っています。今日は「天皇誕生日」の祝日なので、遅くまで眠っているという人も多いかもしれません。私は曜日や祝日に関係なく、今日も午前4時すぎに起きました。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされな […]
  • 2010/12/22 ジョン・レノン暗殺犯とされる男を巡る3つの謎2010/12/22 ジョン・レノン暗殺犯とされる男を巡る3つの謎 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新をしています。いつもは前日の夜にトークだけを行い、文章に書き起こすのは翌日に行ったりしますが、今回は今朝、雨の音を聞きながらトークをし、雨が止んでから文章に書き起こしています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので […]
  • 村上が聴き取った事件の被害者の声に耳を澄ます村上が聴き取った事件の被害者の声に耳を澄ます このところは、Amazonが安売りした時にまとめて買ってしまったため、村上春樹(1949~)の作品にかかりきりの状態となっています。昨日は、村上が国内外の”辺境”と思われるところを旅行してまとめた『辺境・近境』(1998)という本を読み終わりました。これもこれで面白く読みましたが、その前に、「地下鉄サリン事件」の被害者の声をまとめた『アンダーグラウンド』(1997)について […]
  • 2008/3/17 シュミョ ワケタ(・_・?)2008/3/17 シュミョ ワケタ(・_・?) 年度替わりが近づいてきました。学校では卒業式が行われ、通い慣れた学舎(まなびや)から巣立つ季節です。 その昔、今も聴くNHK-FMのリクエスト番組「サンセットパーク」(今の名称になる前は長いこと「夕べの広場〔地域によっては「夕べのひととき」〕の番組名で親しまれました)宛てに出したリクエストカードに、私は今の時期を「出会いと別れの交差点」と書きました。 卒業と入学 […]