2013/04/08 ソニーのコンデジ「DSC-WX50」入手

今さらですが、携帯電話が普及しました。

ほとんどの大人は携帯を使っているでしょうか。私も年齢的には立派な大人です。が、精神の年齢の方はお子ちゃまのままです。だからというわけではありませんが、私は携帯電話は持っていません。そして、決して強がりではなく、持っていなくてもまったく不自由ではありません。ですので、これから先も私は携帯電話を持つことはまずないでしょう。

いつの頃からか、電話をかけるための携帯電話にカメラの機能が搭載されました。写真撮影の用途で携帯電話を手に入れる人はいないでしょうが、携帯電話で写真を撮っている人はよく見かけます。昔はオマケ程度であったカメラ機能が、今では進化し、綺麗な写真が撮影できるそうです。それだから、それで事足り、特別写真撮影に重きを置かない人であれば、カメラは必要に感じないでしょう。

こうした傾向の影響を受けているのは、携帯電話のカメラ機能と張り合う関係にあるコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)です。それだけが原因かどうかはわかりませんが、各社ともデジカメの売り上げが伸び悩んだり、落ちたりしているという話をよく見聞きします。

メーカーとしても対抗策を講じなければならず、そのひとつの策が、短いサイクルでのモデルチェンジです。取り扱うモデルを多品種にすることでユーザーに何度もアプローチする機会を得、それを売上につなげていこう、ということでしょうか。別の策としては、付加価値を高めるためのコンデジの高級化です。

カメラの愛好者のひとりである私は、日本のカメラメーカーには何とか頑張って欲しいと思っています。それだから、というわけではありませんが、昨日、1台のコンデジを手に入れ、使い始めました。

今回私が手に入れたのは、SONYの DSC-WX50というモデルです。これが発売を始めたのは昨年の2月3日ですから、1年以上前のモデルになります。

私が以前からこのモデルに目をつけていて、値下がりを待って手に入れた、わけではありません。それとは逆で、今までまったくノーマークでした。購入を決めたのは2、3日前のことで、その直前まで、数日後からそのデジカメを自分が使い出すことなど夢にも思っていませんでした。

急転直下、購入を決めることになったその日、私はいつものように、「価格.com」の「カメラ・コーナー」の「クチコミ掲示板」を読むとはなしに読んでいました。

私がコンデジで関心を持っているのがSONYの DSC-RX100というモデルです。

先ほども書きましたように、これはメーカーが採る携帯電話対策のひとつである高級コンデジにあたります。これまで、コンデジに使われる撮像素子は、2.3分の1型といわれるような小さなものが大半でした。

デジタルカメラにおける撮像素子は、フィルムカメラの代わりをする部品で、このサイズが大きいほど「よく写る」とされています。

高級化されたSONYの高級コンデジ RX100に搭載されている撮像素子のサイズは「1型」で、撮像素子のサイズは【13.2×8.8ミリ】です。このすぐ上のサイズは「フォーサーズ」で、こちらのサイズは【17.3×13.0ミリ】ですので、面積比でいえば、「1型」は「フォーサーズ」の約半分になります。

RW100は評判がよく、すでにユーザーになった人が撮影した写真が多数掲載されています。それらを見るたび、私も手に入れてみたくなります。が、まだ値段が高めですので、手に入れることは控えている状態です。

そこで、同じソニーのコンデジで、手頃な値段でありながら、写りが期待できそうなモデルはないか、と特別考えて「クチコミ掲示板」に目を通していたわけでもないのですが、WX50に偶然のように目が留まりました。

レンズの焦点距離は、RX100が35ミリフルサイズ換算で【28~100ミリ】で、WX50は【25~125ミリ】です。また、レンズの明るさを表すF値は、RX100が【1.8】で「WX50」は【2.6】です。

そもそも、撮像素子のサイズが違い、RX100が【1型】で、WX50はコンデジサイズの【2.3分の1】です。これらスペックの違いは、これを更新する段階になって初めて比較しました。

実際に手に入れて驚いたのは非常にコンパクトなことです。携帯電話にも十分対抗できそうな小ささです。

手に入れたSONYのコンデジ DSC-WX50

電源スイッチを入れると、それまで平らだった前面にレンズが現れ、スイッチをオフにするとシュルシュルッ(←これは私が作った動きをイメージした擬音で、実際にはこんな音はしません(^_^;)とボディに収まり、真っ平になってしまいます。私はこれまでこの種のデジカメは使ったことがないため、これを見るだけで、日本の技術力の高さを感じます。

このコンデジは、RAW画像での撮影はできず、JPEGで、いわゆる「撮って出し」の撮影スタイルを採ることになります。

私はあまり期待せず、コンパクトで手軽に撮影できることだけが利点のように考えていました。が、撮影した「撮って出し」の画像を見て驚きました。予想外の良い写りだったからです。ますます同社の上位機種 RX100が気になりますが、もう少し値下がりするまで、手に入れるのはお預けにしておきましょう。

コンデジには様々な機能が搭載されています。シャッターを押してカメラを左右や上下に振るだけでパノラマ画像が撮影できてしまうのも驚きです。また、ピクチャーエフェクトを使うことで、現実の風景がまるでジオラマのように撮せたり、ササッと描いたイラスト風にしたりできるのも楽しそうです。

そして何といっても個人的に期待しているのが動画の撮影機能です。

もともと、ソニーのカメラは手振れの補正機能が優れているという話を聞いていました。それは WX50でも期待できそうで、歩きながら撮影しても揺れが抑えられれば、活用できる場面があるかもしれません。

ボディ単体の重さは、RX100の約半分の【101グラム】です。これであれば、どこへ出かけるときもポケットなどに気軽に入れて行けるでしょう。大きくて重いカメラから、この WX50まで、用途に合わせて使い分け、撮影を楽しんでいくことにしましょう(^O^)/

気になる投稿はありますか?

  • キヤノンEOSカメラに戻るキヤノンEOSカメラに戻る 自分でも思いがけず、カメラを取り替えました。本更新をする私の膝の上には、今週の火曜日(13日)から使い始めたばかりのカメラが載っています。 そのカメラは、キヤノンのEOS RPです。 キヤノン:EOS […]
  • 中古で購入のNDフィルターにおまけで欲しかったものが中古で購入のNDフィルターにおまけで欲しかったものが 一眼カメラを使った動画撮影に興味を持ったことで、NDフィルターを都合3枚購入しました。一度に買ったのではなく、自分なりに考えて手に入れ、結果的に3枚の購入に至りました。 私の場合、一眼カメラを使って動画を撮るといっても、映像作品を撮るわけではなく、家で飼っている猫たち3匹を撮るのがせいぜいです。 であれば、フルオートで撮影すれば事足りるはずです。 ところが […]
  • 止まったローター止まったローター 今朝、日経新聞を読んでいて、記事に添えられた次の画像に目が留まりました。 飛行中の宇宙開発利用推進機構のドローン(2021.3.28の日経新聞記事に添えられた画像) これは飛行中のドローン(マルチコプター)を撮影した画像です。ドローンの形などに興味を持って目を留めたわけではありません。高速で回転しているはずのローターがほぼ停止した状態に写っていたからです。 […]
  • 私には不可解なAppleの残高管理私には不可解なAppleの残高管理 Appleが提供するサービスをWindowsで使うと、何かと不便に感じます。 私は1999年5月にPCを使い始めましたが、OSはWindowsでAppleのOSを使ったことはありません。スマートフォン(スマホ)も使いませんから、日本ではスマホの主流であるiPhoneももちろん使ったことがなく、使っている2台のタブレットPCは、いずれもAndroid […]
  • Log動画撮影に必須のNDフィルターLog動画撮影に必須のNDフィルター 今は、デジタルカメラのほぼ全てで動画の撮影ができます。スマートフォン(スマホ)も、動画が撮影できない機種がほぼない(?)と思います。 それらを使って動画をどのくらい撮影するかは、人それぞれです。動画を多く撮る人のうち、シャッター速度まで気を使って撮影する人は、割合にすればかなり少ないのではなかろうかと想像します。 かくいう私も、大昔に8ミリ映画の撮影を楽しむなど […]