AIにある限界

この更新も、音声入力によって行なっています。使うのは Google の日本語入力と、それを利用したアプリの Edivoice です。これも AI を使った技術のひとつつでしょう。

AI といえば、先週末(23日)の日経新聞・書評欄で、AI について書かれた本が紹介されていました。マーカス・デュ・ソートイ1965~)という人が書いた『レンブラントの身震い』という本です。

日経の書評欄でその本について書いたのは、ゲーム作家の山本貴光氏(1971~)です。

AI が進歩すれば音楽や絵画、小説などが AI によって生成される可能性を考察した内容のようです。私は読んでいませんので、詳しいことはわかりません。

その本のタイトルにあるレンブラント1606~ 1669)は、知っている人には説明するまでもありません。17世紀オランダを代表する画家です。といいますか、古今東西の画家の中で、最も油彩画技法に長けた最重要画家であるのがレンブラントです。

私は昔から一貫して、レンブランが最も敬愛できる画家です。この思いは、終生変わらないでしょう。

そのレンブラントの画風に似せた絵画を、AI が描けるかどうか、ということも本書には書かれているものと思われます。

今のコンピュータよりも遥かに高速な演算処理能力を持つといわれるものに量子コンピュータがあります。それが使われるようになれば、AI にも大きく影響しそうです。しかし、そうなっても、AI がレンブラントの作品と寸分違(たが)わぬ作品を描くようになるとは私には考えられません。

山本氏も書いていますが、「人はどうやって絵を描いているのか」は誰にも理解の及ばないことです。どんなに高速な演算処理をする量子コンピュータであっても、数字によって、創造の秘密を解き明かすことは不可能ではないか、と私は考えるからです。

AI に、いかにもレンブラント風の絵を描かせることはできるでしょう。しかしそれは、どこまで行っても「レンブラント風」で、本物に少し似ただけのレプリカです。

それを見た人が、心を揺さぶられるでしょうか。装飾品として部屋に飾るかどうかは、個人の自由ですが。

どういうことかといいますと、たとえばレンブラント作品に特徴的な、これでもかというほどの油絵具の厚塗り表現を、3 D プリンタなどを使うことで、それっぽい表現は実現できるかもしれません。

しかしそれは、なんとなく似ているだけで、レンブラント作品の代わりには到底なりません。

ロボットが絵筆で絵具を取り、カンヴァスに載せているわけではありません。カンヴァスに向かう画家は、自分でもわからないようなインスピレーションを感じながら、その時、その瞬間の心の有り様で、パレットに色を創り出し、カンヴァスに載せていきます。

いつ終わるともしれない行為の繰り返しにより、カンヴァスには絵具が重なり、生乾きの絵具の上に新たな絵具が載ることで化学反応が起き、それを見る画家に新たなインスピレーションが起こり、気分が高揚した画家は、興奮状態で色を創り、夢中になってそれをカンヴァスに載せたります。

晩年にゆくほどレンブラントの画風は奔放となり、近づいて見ると、何を描いたのかわからなかったりします。しかし、離れて作品を見れば、これ以上ないほどそのものを表しています。

その絵の仕上がり過程は、それを描くレンブラント自身にもわからず、それだから、飽くことなく、カンヴァスに向かうのです。そんな画家の心の有り様を、コンピュータが数値で表すことなどできないはずです。

他の分野のことはわかりませんが、絵画の分野は、AI にとって換わることはないと私は考えます。

機会があれば、今回紹介した本を自分で読み、何か気づいたことがあれば、本コーナーで取り上げることもしてみましょう。

気になる投稿はありますか?

  • おかしいことには「おかしい」といおうおかしいことには「おかしい」といおう 東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会の会長・森喜朗氏(1937~)の発言が問題視されています。 これをはじめに報じたのは、今発売中の『週刊文春』です。 5日の朝日新聞の記事をもとに、問題とされた発言を振り返っておきます。 その発言があったのは、今月3日にあった日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会です。 マスメディアの報道では、森氏の発 […]
  • 陰翳礼賛の勧め陰翳礼賛の勧め 今を生きるほとんどの人は、陰翳が持つ本当の美しさを知らずにいます。 夜になって暗くなれば、部屋の蛍光灯をつけ、昼と変わらないような明るさを求めます。 私だって暗いのは苦手です。昨秋、台風15号の影響で停電が3日と半日続いたとき、夜の来るのを怖く感じました。 その一方で、いつでも明るくできる環境を確保したうえで、あえて光量を落とし、陰翳の美しさを味わってみた […]
  • 2011/06/11 手業の世界・美容と絵画の場合2011/06/11 手業の世界・美容と絵画の場合 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新しています。なお、トークは前日の夜に行っています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので、それをお読みになって、トークのだいたいの流れをご想像下さい。 なお、音声ファイルはmp3方式にて紹介しています。再生箇 […]
  • 新調したコードレス電話と知らなかった3桁番号サービス136新調したコードレス電話と知らなかった3桁番号サービス136 世の中、知らないことがまだまだあります。昨日、私はあることを初めて知りました。 そのきっかけは、新しい電話機を買ったことです。 今の時代、電話といいますと、多くの人はスマートフォン(スマホ)を中心とする携帯電話を考えるでしょう。 私は、暗号資産(仮想通貨)の投資をしたことで、二段階認証が必要になり、スマホを1年ほど使いました。私がそのときに契約したのは、シ […]
  • 「4分」は「よんぷん」?「よんふん」?「4分」は「よんぷん」?「よんふん」? ほかの人がどの程度気にしているのか、それともまったく気にならないのか知りませんが、私はあることが気になります。これは前からですが、今回初めてここに書きます。 それは時間の数え方です。 この気になることが必ずあるのは、毎週日曜日の午前10時30分から午後0時の間です。この時間帯には、対局がある限り、「NHK杯テレビ将棋トーナメント」が放送され、私は可能な限り見る習 […]