AIにある限界

この更新も、音声入力によって行なっています。使うのは Google の日本語入力と、それを利用したアプリの Edivoice です。これも AI を使った技術のひとつつでしょう。

AI といえば、先週末(23日)の日経新聞・書評欄で、AI について書かれた本が紹介されていました。マーカス・デュ・ソートイ1965~)という人が書いた『レンブラントの身震い』という本です。

日経の書評欄でその本について書いたのは、ゲーム作家の山本貴光氏(1971~)です。

AI が進歩すれば音楽や絵画、小説などが AI によって生成される可能性を考察した内容のようです。私は読んでいませんので、詳しいことはわかりません。

その本のタイトルにあるレンブラント1606~ 1669)は、知っている人には説明するまでもありません。17世紀オランダを代表する画家です。といいますか、古今東西の画家の中で、最も油彩画技法に長けた最重要画家であるのがレンブラントです。

私は昔から一貫して、レンブランが最も敬愛できる画家です。この思いは、終生変わらないでしょう。

そのレンブラントの画風に似せた絵画を、AI が描けるかどうか、ということも本書には書かれているものと思われます。

今のコンピュータよりも遥かに高速な演算処理能力を持つといわれるものに量子コンピュータがあります。それが使われるようになれば、AI にも大きく影響しそうです。しかし、そうなっても、AI がレンブラントの作品と寸分違(たが)わぬ作品を描くようになるとは私には考えられません。

山本氏も書いていますが、「人はどうやって絵を描いているのか」は誰にも理解の及ばないことです。どんなに高速な演算処理をする量子コンピュータであっても、数字によって、創造の秘密を解き明かすことは不可能ではないか、と私は考えるからです。

AI に、いかにもレンブラント風の絵を描かせることはできるでしょう。しかしそれは、どこまで行っても「レンブラント風」で、本物に少し似ただけのレプリカです。

それを見た人が、心を揺さぶられるでしょうか。装飾品として部屋に飾るかどうかは、個人の自由ですが。

どういうことかといいますと、たとえばレンブラント作品に特徴的な、これでもかというほどの油絵具の厚塗り表現を、3 D プリンタなどを使うことで、それっぽい表現は実現できるかもしれません。

しかしそれは、なんとなく似ているだけで、レンブラント作品の代わりには到底なりません。

ロボットが絵筆で絵具を取り、カンヴァスに載せているわけではありません。カンヴァスに向かう画家は、自分でもわからないようなインスピレーションを感じながら、その時、その瞬間の心の有り様で、パレットに色を創り出し、カンヴァスに載せていきます。

いつ終わるともしれない行為の繰り返しにより、カンヴァスには絵具が重なり、生乾きの絵具の上に新たな絵具が載ることで化学反応が起き、それを見る画家に新たなインスピレーションが起こり、気分が高揚した画家は、興奮状態で色を創り、夢中になってそれをカンヴァスに載せたります。

晩年にゆくほどレンブラントの画風は奔放となり、近づいて見ると、何を描いたのかわからなかったりします。しかし、離れて作品を見れば、これ以上ないほどそのものを表しています。

その絵の仕上がり過程は、それを描くレンブラント自身にもわからず、それだから、飽くことなく、カンヴァスに向かうのです。そんな画家の心の有り様を、コンピュータが数値で表すことなどできないはずです。

他の分野のことはわかりませんが、絵画の分野は、AI にとって換わることはないと私は考えます。

機会があれば、今回紹介した本を自分で読み、何か気づいたことがあれば、本コーナーで取り上げることもしてみましょう。

気になる投稿はありますか?

  • 自分の時間で生きる自分の時間で生きる どんなことにも、標準的な物差しが用意されているように思います。私はといえば、多くが、この物差しから外れています。 成人になったら結婚をし、子供を持つのが当たり前とされ、それが実現できない人は社会で低く見られがちです(?)。私も途中まではそれに近い考えを持ち、歳をとれば、自然にそうなるだろう、と根拠もなく考えていました。 実際に歳をとりましたが、この歳までそれが実 […]
  • 油彩模写の加筆話油彩模写の加筆話 人間は生ある限り休む暇がありません。中には、「自分は何もしていない。暇で暇で死にそうだ」という人もいるかもしれません。私もそれに近い生き方をこれまでしてきましたが、そんな私でも一日たりとも、一時間たりとも、一分たりとも、一秒たりとも休むことなく生きています。 私を休ませないのは、私の頭部にあり、死ぬまで活動を止めない脳です。この脳というものは、常に活動をし、眠っている […]
  • レンブラントの油彩技法を追ってレンブラントの油彩技法を追って ある日、ある時、ひとつのきっかけで物事が好転することがあります。その好転が昨日、私に起こりました。何十年もあることが解けずに悶々としていましたが、それが今、答えを得て、目の前が明るくなった気分です。 私が解けずにいたのは、油彩画の技法です。油彩画の技法は、プロでもアマチュアでも、10人いれば10通りぐらいあるでしょう。それぞれが、それぞれの描き方で納得でき、満足できれ […]
  • 体調急変と事故とワクチンの可能性?体調急変と事故とワクチンの可能性? 新コロウイルスのために作られたとされているワクチンの接種が日本でも進んでいますが、このことで、これから先は、原因のよくわからない事故が起こる気がしないでもありません。 それを想起させる自動車事故が、先週末の11日午後、東京都心で起きました。それを伝える新聞報道は昨日の紙面にありましたが、よくある事故のように考えた私は、特別注意して読むことをしませんでした。 その […]
  • 2010/10/04 衆院選の年に仕掛けられた陰謀2010/10/04 衆院選の年に仕掛けられた陰謀 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新をしています。なお、トークは前日の夜に行っています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので、それをお読みになって、トークのだいたいの流れをご想像下さい。 なお、音声ファイルはmp3方式にて紹介しています。再生 […]