AIにある限界

この更新も、音声入力によって行なっています。使うのは Google の日本語入力と、それを利用したアプリの Edivoice です。これも AI を使った技術のひとつつでしょう。

AI といえば、先週末(23日)の日経新聞・書評欄で、AI について書かれた本が紹介されていました。マーカス・デュ・ソートイ1965~)という人が書いた『レンブラントの身震い』という本です。

日経の書評欄でその本について書いたのは、ゲーム作家の山本貴光氏(1971~)です。

AI が進歩すれば音楽や絵画、小説などが AI によって生成される可能性を考察した内容のようです。私は読んでいませんので、詳しいことはわかりません。

その本のタイトルにあるレンブラント1606~ 1669)は、知っている人には説明するまでもありません。17世紀オランダを代表する画家です。といいますか、古今東西の画家の中で、最も油彩画技法に長けた最重要画家であるのがレンブラントです。

私は昔から一貫して、レンブランが最も敬愛できる画家です。この思いは、終生変わらないでしょう。

そのレンブラントの画風に似せた絵画を、AI が描けるかどうか、ということも本書には書かれているものと思われます。

今のコンピュータよりも遥かに高速な演算処理能力を持つといわれるものに量子コンピュータがあります。それが使われるようになれば、AI にも大きく影響しそうです。しかし、そうなっても、AI がレンブラントの作品と寸分違(たが)わぬ作品を描くようになるとは私には考えられません。

山本氏も書いていますが、「人はどうやって絵を描いているのか」は誰にも理解の及ばないことです。どんなに高速な演算処理をする量子コンピュータであっても、数字によって、創造の秘密を解き明かすことは不可能ではないか、と私は考えるからです。

AI に、いかにもレンブラント風の絵を描かせることはできるでしょう。しかしそれは、どこまで行っても「レンブラント風」で、本物に少し似ただけのレプリカです。

それを見た人が、心を揺さぶられるでしょうか。装飾品として部屋に飾るかどうかは、個人の自由ですが。

どういうことかといいますと、たとえばレンブラント作品に特徴的な、これでもかというほどの油絵具の厚塗り表現を、3 D プリンタなどを使うことで、それっぽい表現は実現できるかもしれません。

しかしそれは、なんとなく似ているだけで、レンブラント作品の代わりには到底なりません。

ロボットが絵筆で絵具を取り、カンヴァスに載せているわけではありません。カンヴァスに向かう画家は、自分でもわからないようなインスピレーションを感じながら、その時、その瞬間の心の有り様で、パレットに色を創り出し、カンヴァスに載せていきます。

いつ終わるともしれない行為の繰り返しにより、カンヴァスには絵具が重なり、生乾きの絵具の上に新たな絵具が載ることで化学反応が起き、それを見る画家に新たなインスピレーションが起こり、気分が高揚した画家は、興奮状態で色を創り、夢中になってそれをカンヴァスに載せたります。

晩年にゆくほどレンブラントの画風は奔放となり、近づいて見ると、何を描いたのかわからなかったりします。しかし、離れて作品を見れば、これ以上ないほどそのものを表しています。

その絵の仕上がり過程は、それを描くレンブラント自身にもわからず、それだから、飽くことなく、カンヴァスに向かうのです。そんな画家の心の有り様を、コンピュータが数値で表すことなどできないはずです。

他の分野のことはわかりませんが、絵画の分野は、AI にとって換わることはないと私は考えます。

機会があれば、今回紹介した本を自分で読み、何か気づいたことがあれば、本コーナーで取り上げることもしてみましょう。

気になる投稿はありますか?

  • 持ち味を殺さない顔は素敵持ち味を殺さない顔は素敵 私は新聞に載った一枚の写真を見て、思わずギョッとしました。ドギツイ化粧に見えたからです。しかし、バレエ鑑賞をよくされる方であれば、見慣れた化粧に見えるでしょう。そのようなメイクを「バレエメイク」といい、日本では長いことそのような化粧が作法のようになされてきたそうですから。 昨日の朝日新聞の文化面に「バレエメイク 作り込まぬ進化」と題された記事が載りました。記事の内容を […]
  • 性暴力被害は映画業界だけじゃない性暴力被害は映画業界だけじゃない 人間は、考えている以上に残酷な生き物です。人が集まるところでは、いじめは起きる、と考えておけば間違いないです。 昨日の朝日新聞に「『NO暴力』映画界を変える出発点」の見出しがついた記事が載りました。 これまで口をつぐんできた出演者たちが、自分たちが受けた性的被害を声に出して訴えることが増えています。これらの告発から4カ月以上経って、ようやく、日本映画監督協会が、 […]
  • 安倍元首相の献花台も不要安倍元首相の献花台も不要 事件や事故が起こり、それがマスメディアに取り上げられるようなものであると、現場に献花台というものがしつらえられたりします。 このたびの安倍晋三元首相(1954~2022)銃殺現場にも献花台がしつらえられ、花を手向ける人が行列を作っています。 https://indy-muti.com/34282/ どんなに惨い死に方をされたのであっても、献花台で故人を […]
  • バブル期の経済事件バブル期の経済事件 誰もが自分だけの特徴を持つのだと思います。私の場合は、あることを始めると、しばらく、そればかり続けるのが自分の特徴だろう、と自覚しています。 今は、レコーダーに録画したテレビ番組の整理をすることが多いです。 私が使うレコーダーは、ハードディクドライブ(HDD)とブルーレイディスク(BD)とDVDに録画し、再生できるプレーヤーが内蔵されたタイプです。 ht […]
  • 凄みの効いた馬券にまつわる思い出凄みの効いた馬券にまつわる思い出 あなたは馬券を買ったことがありますか? 私はありません。 この馬券。正しくは「勝ち馬投票券」というそうですね。面倒くさいので、本ページでは馬券で通します。 公営競馬において、勝ちそうに思える馬にお金を賭けて投票し、予想が当たれば、当たった人でお金を分け合うのが、馬券のざっとした仕組みになりましょうか。 たまに、人気のなかった馬が一着になり、その馬に掛けた人 […]