サイト更新にも使える音声入力アプリ

このところは、文章の入力方法についていろいろと試しています。

最も手軽で、素早く入力できるのが、話した声で入力する音声入力です。

その入力方法は数年前にも試しましたが、その時は思うように入力することができず、一旦は断念した形となりました。それを数年ぶりに試したところ、驚くほどの変換精度になっており、実際に使い出しました。

私がPC やタブレット PC で使う日本語入力ソフトはGoogle 日本語入力です。この Google のプログラムでも、音声で入力する機能があります。その精度はなかなかのものです。

間違って変換される場合は、ほとんどが発声した側の責任です。つまり、滑舌が悪いなどして、変換ソフトが聞き取りにくかったのが原因となるからです。

それを承知して、なるべくはっきり発声するようにすると、それだけで変換精度は高まります。

そんな風にして、Google 日本語入力を使った音声入力に魅力を感じました。しかし、自分のサイトの更新には使えないと考えました。

理由は、立て板に水の如く続けて話していないと、すぐに音声入力が停止してしまうことです。

出来上がった文章を読むだけなら、文字を追って読むだけですので、続けて読むことができるでしょう。しかし、自分で考えて文章にする場合、次々とよどみなく文章にして発することはできません。

考えては文章にし、また考えては文章にする。そんなことの繰り返しで、まとまった文章が出来上がっていきます。

そんな行程で文章にしようとする場合は、途切れ途切れの文章を口にすることになり、そのたびに、音声入力のスイッチを入れ、初期化されるのを待つのはストレスです。

しかも、Google の日本語入力は、「読点」や「句読点」、「改行」などを、一応は声で発することで実行させることができますが、誤って読み取られることも多く、そのたびに直すことで、余計な手間になってしまいます。

そんなこともあり、一度はまた、音声入力を諦めかけました。

そこで、それを補うアプリはないか、Google Play で探しました。そして見つけたのが、私の求めていたアプリ、Edivoice です。

昨日、本コーナーで、PC パーツについて投稿していますが、それも、Edivoice を使った音声入力で書き上げています。

Edivoiceのスクリーンショット

Edivoice の音声入力と文字変換はGoogle 日本語入力を使うようですが、それにプラスして、Edivoice には、Google 日本語入力の音声入力の弱点を補う機能が盛り込まれています。

それが、先ほど書いた、読点や句読点、改行などを自分で打ち込める機能です。これを声で指示することもできるようですが、私は自分で、必要な箇所に挿入するようにしています。

これだけで、Google 日本語入力の音声入力で感じたストレスは解消されます。

そのほかに、次の記号を自分で必要な箇所に挿入できます。

()「」【】
×

そのほかに、「改行」のボタンも用意されています。

これだけでも、私にとっては夢のようなアプリですが、決定的な機能がEdivoiceにはあるのです。それが、Google 日本語入力の音声入力で、私が最も不満に感じた、音声入力がすぐにストップしてしまうことを補う機能です。

Edivoice のアプリを開いている間は、いつまでも、こちらが音声入力するのを待ってくれます。途中で勝手に途切れ、そのたびに入力のボタンを押す手間は生じません。

これであれば、考え考え文章にするサイトの更新に使えることを確信しました。実際、昨日、本コーナーの更新に使い、自分で実証できた形です。

それに続けて、今回も音声入力で更新をしています。

私の滑舌の悪さで、誤変換されることはありますが、その時はGoogle の日本語変換ソフトのGboard で修正すれば良いだけですので、手間には感じません。

音声入力が終わったら、私は、入力された文章をコピーし、一度、Google ドキュメントに貼り付けます。その後、Googleドキュメントで文章を確認し、修正するところがあれば修正し、それを、本サイトの更新に使っている、WordPress の編集画面に貼り付けて終わりです。

ここまで、30分程度で文章を書き上げました。その後、今書いた方法で、WordPress の画面に送ることにします。

Edivoiceのスクリーンショット

音声入力をするようになって得た副産物もあります。それは、タブレット PC に向かって声を発することに抵抗感が薄まったことです。

今はタブレット PC や PC の AI(人工知能) 化が進み、多くの場合、声で指示できるようになってきています。それを既に便利に利用している人もいるかもしれませんが、私は例えば “OK Google” などと声掛けすることにためらいを感じていました。

また、ネットで検索する際も、検索したいものを声で発すれば検索できますが、私はそれもためらわれ、文字入力していました。

それが今回、音声入力の有効性を知ったことと、実際に自分で声を発することを繰り返したことで、タブレットPCに向かって声掛けすることへの抵抗感がだいぶ薄まりました。使ってみれば便利な機能で、今まで使わなかったことが不思議なぐらいです。

もうひとつの副産物は、滑舌よく話すのを心がけるようにすることで、少しずつではありますが、滑舌が良くなっているように感じることです。

滑舌を良くするための一環として、小説家の村上春樹1949~)のエッセイを音読し、それを文字変換することもしています。この先もこれを続けていけば、誤変換を少なくした音声入力が実現できそうです。

気になる投稿はありますか?

  • 気がかりがひとつ解消気がかりがひとつ解消 どんな人にも気がかりが事があり、それが解消されないあいだは、気持ちが落ち着かなかったりするでしょう。私にもそんな気がかりがありましたが、今日の午前、解消できました。今はスッキリした気分です。 私が今日の午前に解消できた気がかりは電話です。 それがいつから始まったかは確かな記憶がありません。大ざっぱにいえば、ここ数カ月、より細かくいえば、3カ月前後になるかもしれま […]
  • 50ミリのレンズが好き50ミリのレンズが好き カメラのレンズを購入しました。 新たに手に入れたのは、キヤノンのミラーレス一眼カメラ EOS RFマウント用レンズとして、おそらく最も安価な50ミリの単焦点レンズ"RF50mm F1.8 STM"です。 キヤノン : RF50mm F1.8 […]
  • 廉価版ズームレンズに良さ発見廉価版ズームレンズに良さ発見 キヤノンのミラーレス一眼カメラの廉価機、EOS RPを使い始めたのは今年の4月13日ですから、はや、4カ月が過ぎました。 キヤノン:EOS […]
  • 写真表現における撮影機材写真表現における撮影機材 ネットの「価格.com」を訪問することが増えています。 日常的に、何か欲しいものができると、価格を確認するため、同サイトを訪れます。以前から同サイトはよく利用しており、その中のカメラコーナーのクチコミ掲示板掲示板を毎日のようにチェックし、その中で見つけた面白いスレッドを紹介するコーナーを数年の間続けました。 私が向かう関心はそのときどきで変わり、昨年末は音楽配信 […]
  • キヤノンEOSカメラに戻るキヤノンEOSカメラに戻る 自分でも思いがけず、カメラを取り替えました。本更新をする私の膝の上には、今週の火曜日(13日)から使い始めたばかりのカメラが載っています。 そのカメラは、キヤノンのEOS RPです。 キヤノン:EOS […]