2020年9月16日(水)

昨夜の予報を見る限り、関東南部の当地は、雨の降る時間は避けられないと考えていました。が、本コーナーの更新をする午後7時過ぎまで、当地では雨はまったく降っていません。

私が起きた午前3時半頃、当地は快晴でした。空には時間と共に雲が増え、日中は雲が取れにくい空模様でした。それでも空は明るく、昼頃や夕方頃、薄日が感じられたりしました。

東京都心の最高気温は28.1℃です。

そんな今日は、季節の節目である七十二侯の「玄鳥去」だそうです。何と読むかわかりますか? 私は読めませんでした。予報士の片山さんによれば、「つばめさる」と読むそうです。

日本列島の気温が下がり、ツバメたちが南の暖かいところへ去っていく頃、という意味になるでしょう。ただ、明日は気温が上がるところが多くなり、ツバメたちは去りがたさを感じることでしょう。

明日は夜に向かって前線が日本海沿岸あたりまで北上するのでしょう。西日本は、雨の範囲が太平洋側から日本海側へ移動します。

前線を北へ押し上げるのは南の高気圧になりましょう。

明日の朝、関東は広く曇りの予報です。昼前は、北部や内陸部で晴れるところがあり、昼過ぎは南部も晴れるところが多くなります。夕方は南部のところどころで晴れ、夜は広く曇りの予報です。

このように天気が変化するときは、いつどこでどんな天気になるかあらかじめ予報するのは難しいでしょう。にわか雨のところは少ないようですので、晴れてきたら洗濯物を外に干すと、短い時間で乾くことが期待できそうです。

東京都心の最高気温は、最低気温が今日とほぼ同じ21℃ですから、朝までは気温が抑えられます。最高気温は、今日より1℃ほど高い29℃です。東京の練馬は、今日より4℃ほど気温が上がり、32℃の真夏日になる予想です。

金曜日は都心で34℃の予想など、暑さが戻ります。日曜と月曜は都心で24℃まで下がる予想になっており、気温の上がり下がりが大きくなり、揺さぶられないよう気をつけたいです。