2020年9月13日(日)

関東も真夏の暑さがぶり返すことはないでしょうか。昨夜から今朝にかけては気温が下がりました。

東京都心の最低気温は、明日が22℃の予想で、今日より2℃ほど高いということですから、今日は20℃ぐらいだったことになります。道理で、薄いタオルケット一枚だけでは少々ひんやりしました。

夜中に目が覚めました。それが何時頃だったかはわかりませんが、関東南部の当地では、家の中にいてもわかるくらいの雨が降っていました。

今日も午前3時半頃に起きました。その時間、当地はほぼ快晴でした。空の高いところに三日月が白く光っていました。外は涼しく、秋になったのを実感できます。

当地は朝の途中までは晴れましたが、そのあと、日中にかけては曇り空でした。

昨夜の予報では、もう少し晴れる時間を期待していました。予報より晴れる時間が少なかったことで、気温の上がり方が鈍くなりました。都心の予想最高気温は31℃でした。

明日の都心の予想最高気温が31℃で、今日より3℃ほど低いということですから、今日は28℃ぐらいだったことになります。お陰で、日中も過ごしやすくなりました。これでほぼ平年並みでしょうか。

明日も関東は大気の状態が安定しません。こんなときは、ところや時間によって天気が異なります。

都心は朝は曇りで、昼前から昼過ぎにかけては晴れ、夕方は曇り、夜のはじめは雨の予報です。この通りの天気変化になるかどうかは保証の限りではありません。雨の降る可能性がありますので、雨具を用意しておくと安心です。

この先1週間は、曇りや雨の日が続く予報です。気温は30℃を少し超える程度で、まだ平年よりは高めですが、暑かったことを思えば、それなりに過ごしやすく感じるでしょう。