2020年9月9日(水)

どのように過ごすかで、体感は大きく異なります。

今日、関東の人が室内で過ごすことが多かったなら、気温の割には過ごしやすく感じたでしょう。

私は昼頃に自転車で走りました。今日の関東は晴れて青空が広がりました。東京都心の最高気温は33.6℃で、51回目の真夏日となりましたが、たしかに、自転車で走っているときは、特別ひどい暑さには感じませんでした。

ただ、信号待ちをしているときなどは、陽射しが強く、汗が吹き出しました。また、歩いたりしたこともあり、家に戻ったら、下着のシャツが絞れるほど汗でびっしょりでした。

明日は全国的に大気の状態が不安定となり、曇りや雨の予報です。

関東も雨の通り道となるそうです。原因は、南から湿った空気が流れ込むためです。固まった雨雲ではなく、一つひとつの雨雲は小さく、その雨雲がかかるところでザッと降るような雨だそうです。

ですから、少し離れたところは雨になっても、自分が住んでいるところは降らずに済むといったことが起こったりするでしょう。

東京都心の最高気温は、最低気温が今日とほぼ同じ25℃、最高気温は2℃ほど低い32℃です。

この数字を見ますと、今日より過ごしやすそうに感じますが、逆に蒸し暑さが増します。原因は湿度です。

今日の都心の最小湿度は48%でした。明日は55%と若干上がり、この差が気温以上に体感に響きそうです。