2020年9月8日(火)

昨夜の予報どおりだったのであれば、西日本は湿度が低く、カラッとした暑さとなったでしょう。

関東は季節外れの蒸し暑さとなりました。朝はそれほど気温が高くなく、気持ちよく感じました。しかし、その後は温度と湿度が高まり、蒸し暑さが増しました。東京都心の最高気温は34.2℃です。

今日で30℃以上の真夏日が50日です。都心は午後6時30分になっても28.9℃あります。

南部の当地は、弱い風が吹きました。風向きは南寄りで、この風にのって湿って暖かな空気が流れ込んだことになります。

この暑さですが、どうやら今週峠を越え、来週からは平年並みの気温になる見込みが出てきました。暑さには散々苦しめられましたので、秋の到来が望まれます。

明日、近畿から東北にかけ、激しい雨の恐れがあります。

午後3時頃は、近畿を中心に、北陸の一部にかけて雨が降り、ところによっては激しく降る模様です。同じような地域で夕方にかけて雨が降り、夜遅い時間は、東北の日本海側で雨が強まるところがある予報です。

関東は朝は晴れるところが多いですが、昼過ぎになりますと、山沿いなどで雨のところがあります。夕方は、北部で雨のところが多くなり、一部南部でも雨のところがある予報です。

関東の広い範囲で午後は発雷確率が高まり、ところによって雷を伴うような雨がザッと降ることになりそうです。

都心の予想気温は、最低気温が今日より1℃ほど低い26℃、最高気温はほぼ同じ34℃です。