描きたい欲求高まる

関東でもまだ猛暑が続いていますが、それでも9月に入ったこともあるのでしょうか。絵を描きたい欲求が高まっています。

私が絵を描くのに使う画材は油絵具です。扱いが難しく、私は長い年月接してきましたが、未だに使いこなせていません。

わからないときは、私が最も敬愛する17世紀のオランダの画家、レンブラントの画集を見ます。レンブラントの中期以降、晩年になるほど画材の扱いが魅力的になり、細部の絵具の重なり具合を見ていると、時間が経つのを忘れるほどです。

レンブラントの絵画技法に焦点を当てた1冊は、購入してから30年経ちましたが、本棚にいつも置き、気になるとすぐに開いて見ます。

その中の一枚に、マルガレータ・デ・ヘールを描いた肖像画があります。描かれたのは1661年とありますから、レンブラントが亡くなる8年前、55歳の時の作品です。

実物大に印刷された顔から、目の辺りの部分を紹介します。

〔『巨匠の絵画技法 レンブラント』(エルテ出版)から『マルガレータ・デ・ヘール』部分〕

紹介した画像ではその凄さがわからないかもしれません。それでも、ただ本物らしく描かれた絵でないことはわかるでしょう。

写実的な絵を描こうとする人は、得てすると、写真と見紛うように描くことを良しとしてしまいがちです。

もちろん、レンブラントもモデルになってくれた人の似姿を描いていますが、絵具の扱いは、いわゆる細密画のそれとは大きく異なることがわかってもらえますか?

絵具はラフにのせられています。絵具が盛り上がったはそのまま残し、マチエール(絵肌)を魅力的にしています。

この作品は全体を見ても、使われている絵具の数は少ないです。元々がレンブラントは使った色数が、当時の他の画家に比べても少ないといわれています。私が見たところ、使っている色を、今日本で市販されている色名でいえば、シルバーホワイト、イエローオーカー、ライトレッド、バーントアンバー、アイボリーブラックぐらいではなかろうかと思います。

油絵具を使って絵を描こうとする場合、それが静物画であれば、対象物に近い色を混色で作り、その部分に塗ったりするでしょう。

レンブラントは油絵具で静物画は描いていませんが、人物画の場合は、だいたいいつも、同じような絵具で描いたものと思われます。

面白いのは、どこそこの部分のために混色した色をどこそこに塗るようなことはせず、とりあえずできた色を、使えそうなところに塗っているように思えることです。

たとえば、瞳の部分のために作った暗い色が、眼窩の上の影の部分に使えると思えば、その色をそこに置いてしまったりもしたでしょう。

細密に描こうとはせず、筆を長く持ち、離れたところからカンヴァスに絵具をつけています。それだから、近づいて見ると、でたらめに色を置いたように見えます。しかし、離れたところから見れば、これ以上ないほど、リアルに見えるのです。

同じような描き方は、スペインの宮廷画家、ベラスケスの作品にも見られます。

レンブラントは、ここでは市民からの注文を受けて肖像画を描いていますが、誰に頼まれたのでもない作品に人物を描くときは、それなりに動機があったでしょう。

私は久しぶりに女性を描きたくなりました。動機は、恋心のようなものを抱いてしまったことです。なんだかんだいって、これが絵を描くにしろ、音楽を作るにしろ、一番重要な事であるように思います。

それが情熱となり、創作のパワーが増します。

ま、私の場合はいつも、勝手な思い込みで終わり、今回もきっとうそうでしょうが、ひとときであれ、幸せな感覚を持ってカンヴァスに迎えるのであれば、悪くはありません。

本人を目の前に置いて描ければいうことありませんが、なかなかそういうわけにもいかず、あとは姿を思い出しながら描くしかありません。近いうちに、また会うことができるかもしれませんけれど。

人間の部分は誰でも共通した造りになっていますから、耳の部分を描きたければ、鏡で自分の耳を観察し、それらしく描くことができます。

あとは絵具の使いこなしで、間違っても、写真のようには描かないことです。写真のように描くのであれば、写真を一枚撮れば、苦労して描くより本物そのものを平板の図像にすることが簡単に実現できます。

絵具を使って描くからには、物質としても魅力を持たせることが何よりです。そのかっこうの手本が、私にはレンブラントが残した作品です。レンブラントほど、物質的にも魅力的な作品を残した画家がほかにいないからです。

私は昔からレンブラントの影響を受けているため、使う絵具の数も少ないです。

昨日、加筆した肖像画っぽい絵から、レンブラント作と同じように、目の部分だけを切り抜いてみました。

ここで使っている絵具は、シルバーホワイト、イエローオーカー、ライトレッド、バーントアンバーだけです。黒く見える部分もバーントアンバーです。ホワイト以外は天然の土が原料ですので、安定しており、乾くのも速いです。

使っている絵具のひとつを「ライトレッド」と書きましたが、この系統に属する色はメーカーによっても多種あります。私は昔は、フランスの絵具メーカー、ルフラン&ブルジョワの「フレッシュオーカー」を、他の色を食わないライトレッド系絵具でしたので、好んで使っていました。

この色が今は手に入らず、少しの間困りました。その後、オランダの絵具メーカー、ターレンスのレンブラントシリーズにある「オレンジオーカー」を使ってみたところ、私が望んでいたライトレッド系絵具だったため、今はこれを使用しています。

〔ライトレッド系油絵具2種 オレンジオーカー(左)とフレッシュオーカー〕

油絵具は、速乾性の絵具と違い、塗り重ねるのが難しいといわれます。しかし、これも慣れで、アラプリマのように、下に塗ってまだ乾いていない色の上に重ねて塗っていくことはできます。

ここでも、チューブから絞り出した絵具の練り具合をあまり変えず、筆に大目につけた絵具をのせるようなことをしています。

また、細かい部分を描くのだからといって、筆先の細い絵具を使うのは考え物です。むしろ、豚毛のように固い筆で、しかも平筆のようなものを使い、その端の部分で細かい部分に色を置く方が、こんな描き方には向いています。

出来栄えはどうあれ、絵具を使って描いているときは、何物にも代えがたい幸せな気分に満たされます。

この投稿が終わったら、別の乾いている絵に加筆することにしましょうか。

秋本来の涼しい陽気が待ち遠しいです。

気になる投稿はありますか?

  • お団子ヘアお団子ヘア ヘンな話ですが、私は今、女性の髪形に興味を持っています。 先週、用事があって役所へ行きました。受付のあるロビーの椅子に座っているとき、前に座っている、おそらく20代後半から30代の女性の髪形を後ろから何気なく観察しました。 長い髪で、後ろで結んでいるだけですが、それとなく観察すると、ひと手間かけた髪形のように感じました。 今は、男性でも髪形に気を付ける人は […]
  • レンブラントの油彩技法が私の目指す到達点レンブラントの油彩技法が私の目指す到達点 昨日、描きかけの油彩画に加筆しました。いくら時間をかけても、望むような感じにならないと半分諦めていました。 亡くなって今年で27年になる母の生前の姿を描いています。その当時は、とうに視力を失っていましたが、家の中で猫を抱いているところを私が写真に撮り、それをもとに描いている小さな絵です。 同じ写真から何回か描いて試しましたが、うまくいかず、これで何度目かの挑戦で […]
  • 2001/01/10 家族ヌード2001/01/10 家族ヌード 新聞をめくっていましたら、ある見出しが目に飛び込んできました。 「家族ヌード」 「家族ヌード?」と興味を引かれ、記事を読み始めることに。 話題の主は、長島有里枝という女性写真家で、これまでの彼女の活動を総括する個展が開かれている(開かれていた?)という内容の記事でした。 彼女は、1993年に“家族ヌード”で衝撃的なデビューを飾ったことから「“家族ヌー […]
  • 2006/06/28 甲斐庄楠音2006/06/28 甲斐庄楠音 本日は、先日(25日)の「新日曜美術館」(日曜美術館 NHK教育/日曜09:00~10:00 再放送20:00~21:00)で取り上げられた日本画家・甲斐庄楠音(かいのしょう・ただおと)について書いておきたいと思います。 当日の番組タイトルは_「穢(きたな)い絵だが生きている 大正画壇の奇才・甲斐庄楠音」です。 のちに先輩画家に「穢い絵」と烙印を押される楠音が描 […]
  • レオナルドが描く人物画の肌の秘密レオナルドが描く人物画の肌の秘密 この日曜日(10日)に放送されたNHKスペシャルを見ました。昔はNHKが放送するドキュメンタリーを好んで見ており、NHKスペシャルも見ました。それが今は、NHKが伝えるものが信用できなくなり、見ることを避けています。 しかし今回は、レオナルド・ダ・ヴィンチを取り上げた番組であることを知り、録画して見ました。 NHKスペシャル:ダビンチ・ミステリー  第1集  […]