2020年9月7日(月)

台風10号は、九州の西の海上を北上し、日本列島からは離れていきました。この影響を受けた九州などは、雨風が強まる時間があったでしょう。

関東は今日も変わりやすい天気となっています。南部の当地は、一日を通せば、晴れる時間が長くなりました。そのため気温が上がり、9月とは思えないほど気温が上がっています。

今日は二十四節気の「白露」で、朝露ができる頃とされる季節の節目ですが、この暑さ続きですから、朝露の代わりに顔に汗の粒ができてしまいます。

私は毎朝30分程度の運動をしますが、この時期になっても、真夏と変わらないほどの汗をかきます。いつになったらスポーツの秋になるのでしょうか。

日中は晴れた当地ですが、夜になり、急に雨が降り出しました。しっかりした雨脚でしたが、そのあと上がり、午後7時過ぎ、外は静かです。

台風が通過した西日本は、湿度が下がり、カラッとした晴れとなります。台風一過ですね。

東海は大雨が続く恐れがあり、関東は晴れていても急な雨に警戒です。明日の夕方までに、東海の多いところは150ミリの雨が予想されています。関東甲信も多いところは100ミリの雨が降る見込みです。

関東は晴れる時間がありますが、天気が急変し、すぐあとに雨が降るような変わりやすい天気が予想されています。この状態は、しばらく続くようです。原因は風向きで、西寄りと東寄りの風がぶつかり、そこに雲が発生するため、というような説明でした。

東京都心の最高気温は、最低気温が今日より3℃ほど高い27℃、最高気温は2℃ほど高い33℃です。いずれも平年より5℃前後高いそうで、なるほど暑く感じるはずです。

気温が高いのは夏の高気圧の勢力が弱まっていないからです。暑いのは困りますが、高気圧が強いうちは台風が関東を直撃することはないでしょう。台風に直撃されてもいいから涼しくなって欲しい、という人は多くないでしょうか。