2020年9月6日(日)

関東は大気の状態が不安定で、非常に変わりやすい天気となりました。

毎日午前3時半頃に起きますが、それよりも前に目が覚めると、南部の当地は雨が降っていました。それが比較的しっかりした雨脚でした。本降りの雨は久しぶりです。

明け方は、もう一度雨が降りました。

そのあと雨が降ることはなく、陽射しが照りつけるような天気になりました。その天気を見て洗濯物を外干しした人は、当地では急な取り込みを迫られました。

晴れていた空が急に曇り、雨が降ったからです。短時間に強い雨が降りました。南方のスコールのようです。その雨が上がると晴れ、晴れていると思うと雨が降る、といったことが何度かありました。

台風10号が九州に接近しています。午後7時の中心気圧は945hPaですので、昨日よりは25hPa程度弱まりました。それでも、大型で非常に強い台風です。夕方までに、九州で40メートル以上の風速を観測したところがあります。

九州に上陸することはなく、すぐ西の海を北上して行く予想です。明日の午前6時頃、九州北西部の海域に達する予報となっています。

今夜は九州の東側で雨が強まります。台風から離れている四国や紀伊半島、東海の太平洋側で雨が強まる予報です。

関東は雨が降ったり止んだりする予報です。西側の地域で雨の量が多くなると見られています。明日の夕方までに、南部の多いところで150ミリ、北部は100ミリの予想です。あさっての夕方にかけて、多いところでさらに150ミリの雨が予想されており、雨の降り方に警戒が必要です。

東京都心の最高気温は、最低気温が今日より3℃ほど高い25℃、最高気温は2℃ほど高い31℃です。