2020年9月4日(金)

関東は9月に入っても猛烈な暑さが続いています。

関東南部の当地は、朝から日中にかけて晴れ、その後、天気が急変しそうにないことを確認し、昼頃に自転車で走りました。

雨に降られることなく走って来れたのは良かったのですが、雨に濡れたのと変わらないくらい汗を大量にかきました。着ていたポロシャツは、色の関係で汗をかいたところと乾いているところがわかり、胸と背中が汗で濡れているのがわかりました。

夕方になり、埼玉県内に発達した雨雲が発生し、落雷も発生しているようです。午後7時前は、埼玉を中心に大雨警報や洪水警報が出されています。

この雨雲は東へ移動しており、今夜いっぱいは、東側にあたる千葉県の北部で雨や雷に見舞われるところがあるようです。

台風10号は発達し、非常に強い勢力となっています。まだ沖縄から離れた南海上にありますが、午後6時の推定気圧が920hPaとものすごく発達しています。

この状態で、明日には沖縄地方を通過する予想です。そのあとも北上を続け、日曜の午後、九州のすぐ西の海上を通過する模様です。

明日は西日本から北日本の広い範囲で、雨の降るところがある予報です。

意外なのは、より台風に近いはずの四国や近畿、東海で晴れる時間がある予報であることです。北陸にも晴れマークがついています。

関東は、午前中は東の地域で雨が降り、同じ時間、西の地域は晴れ間がある予報です。昼過ぎは東で広く雨になります。その後、東で曇り空に変わる一方、西や北の地域は雨になり、それが夜にかけて続く予報です。

予報どおりの天気分布と時間帯にはならないかもしれませんが、大雑把にはそんな傾向になることを頭に入れておくと多少は役立つかもしれません。

明日は晴れる時間が短い分、今日に比べて気温が上がりません。東京都心の最高気温は、最低気温が今日より1℃ほど高い26℃、最高気温は3℃ほど低い32℃です。