2020年9月1日(火)

9月になり、関東は気温が一気に下がりました。東京都心の最高気温は27.4℃で、9日ぶりに30℃未満となりました。昨夜の予想では30℃の予想でした。

今日の関東は雨が降ったり止んだりする予報でしたが、南部の当地は、本コーナーの更新をする午後7時過ぎまで雨は降っていません。降ったり止んだりするはずだった雨はどうなったのか、といいたい気分です。

ともあれ、気温が下がったことで、我が家の愛猫たちも暑さから解放され、日中も気持ちよさそうに眠っていました。

台風9号が発達しています。午後7時は935hPaですから、非常に強い勢力といえます。沖縄の西の海を通過し、この時間は沖縄の北西の海上にあります。北北西へ移動していますが、時速が15キロですから非常にゆっくりです。

台風は九州の西を離れて通過していきますが、台風の雨雲は西日本から東海辺りまで広くかかりそうです。

台風に近い九州ほど雨脚が強まるかと思いきや、四国や紀伊半島、東海で雨量が多くなる予想です。明日の夕方からあさっての夕方にかけ、四国の多いところが300ミリから500ミリ、東海が200ミリから300ミリと予想されています。

今日は涼しかった関東ですが、明日はまた蒸し暑さが戻ります。原因は台風です。湿った南寄りの風にのって、暖かな空気が流れ込むためです。

都心の予想気温は、最低気温が今日より2℃ほど高い24℃、最高気温は5℃ほど高い32℃です。

明日も関東は雨が降りやすく、時間帯によって、雨の降りやすいところが変わる見込みです。はじめは関東の東側で雨が降り、午前中は千葉県で本降りのところが多くなります。

その後は、雨の範囲がより西に広がり、昼頃は都心でも雨が予想されています。その後も雨が降ったり止んだりするところが多いようです。

今日も同じような予報でしたが、結果的に南部の当地は雨が降りませんでした。ですので、明日も予報ほど雨が降らないかもしれませんし、予報以上に雨が降るかもしれません。

それほど予報が難しいといえましょう。