2020年8月31日(月)

間違っていたらあとで訂正しますが、今年の梅雨明けは遅れ、関東甲信で明けたのは確か7月31日だったように記憶しています。7月は毎日雨模様で、気温が低めした。

それが梅雨明け後の8月は晴天続き、連日の猛暑となりました。その辺りは記録に残っています。

東京都心で30℃以上の日は30日で、最も多い記録に並びました。次は35℃以上の猛暑日ですが、これは11日で、こちらは最多記録の更新です。三つ目は最高気温の平均で、これは34.1℃で、最も高い気温となりました。

このように、暑さの指標が三つとも揃い、いかに今年の8月が暑かったかが記録からもわかります。

今日でその8月が終わりますが、9月入りを翌日に控え、気象状況がガラリと変わる気配です。

今日の都心の最高気温は32.6℃で、30℃は上回ったものの、猛暑日ではありませでした。また、午後6時30分の気温が25.7℃ですから、このところの猛暑が和らいだのがわかります。

このように、今日はこれまでとは違く感じを持った人が多かったでしょう。

関東は午前中は晴れ、午後は曇りのところが多くなり、夜は広く雨の予報でした。関東の天気を崩すのは、北にあった前線が南下することです。

南部の当地は、昨夜の予報より早く、明け方から雲の多い空模様でした。そのため、一日曇り空のままかと考えました。当地は昼前に天気が回復し、昼過ぎにかけて晴れました。

今日の関東の晴れは、今夏最後となるかもしれません。といいますのも、この先1週間、関東は曇りや雨で、晴れマークがひとつもないからです。

7月といい、8月といい、これほど月替わりに合わせて天気の傾向がハッキリ変わる年も珍しいです。

台風9号は大型で強い勢力のまま、沖縄のすぐ西の海上を通過する予報です。この影響で、明日にかけて沖縄は荒れ模様となる見込みです。九州の鹿児島や宮崎も雨が強く降るところがある予報です。

西日本や北海道にかけての日本海側は晴れるところが多くなります。

関東は、北東から湿った空気が流れ込み、雨が降ったり止んだりする予報です。東側の地域ほど早く雨が降り出し、雨の範囲が西へと移動していきます。

都心の予想気温は、最低気温が今日より1℃ほど低い24℃、最高気温は3℃ほど低い30℃です。予想ほど気温が上がらず、30℃を下回る可能性もあります。

月が替わって過ごしやすい日が続けばありがたいですが、こちらの注文通りにいかないのが自然です。どんな9月が待っていますやら。