E氏と50年ものラジオ

あなたには、何十年も愛用する物があるでしょうか。

私は物持ちが良いほうで、一度使い出しますと、それが機械類であれば、壊れて使えなくならない限り使うことが多いです。

こんなことを書き出したのは、新聞を見たことです。本日の日経新聞は、別刷りとして「人生100年の羅針盤」という12ページの新聞がついてきました。

正直な話、中身はまだ目を通した程度ですが、その一面を見て、この投稿を思いつきました。

一面を飾るのは、1973年に、「エキサ・ダイオードの発見」でノーベル物理学賞を受賞された物理学者の江崎玲於奈氏です。江崎氏は今年で95歳になられるそうで、人生100を語るのにふさわしい人物です。

記事を書かれたのは、江崎氏がお住まいの茨城県つくば市で日経新聞の支局長をされている方です。

今は新型コロナウイルス(COVID-19)騒動で世の中が落ち着きません。個人的には茶番の騒動と捉えていますが、取材をされる人はそんな考えはお持ちでないようで、高齢の江崎氏の自宅を訪問することに、気を遣われたようです。

ところが、以前と同じように、元気な笑顔で迎えてくれた、と書いています。

そのことを象徴するように、江崎氏は満面笑みを浮かべる写真が一面に大きく紹介されています。

私が注目したのは、江崎氏が座る前のテーブルに置かれた物です。それはソニー製のラジオで、江崎氏がラジオの取っ手に右手を添えています。

そのラジオは、50年以上前に米国で市販されたものだそうですが、その部品として、江崎氏のノーベル賞受賞につながるトンネルダイオードが使われており、今も現役として使っているのであろうことが想像できました。

それを教えてくれる話は、健康法について訊かれたときに出てきます。それについて江崎氏は、次のように答えています。

家内が豊洲市場から生け締めの天然の魚や貝類を取り寄せ、野菜はすべてオーガニックと、ヘルシーでデリシャスな料理を作ってくれます。あとはラジオ体操ぐらいですかね。50年以上前に米国で市販されたエサキ・ダイオードを使用したソニー製のFM・AMラジオは今もちゃんと働きます。

気になる投稿はありますか?

  • 乱歩のあの作品の逸話乱歩のあの作品の逸話 職業作家で、新聞や雑誌に連載を持つ人は、締め切りに追われ、気の休まることがないでしょう。 それは昔の作家も同じです。 江戸川乱歩は多くの作品を残していますが、それらをすらすらと書けたわけではないのでした。 https://indy-muti.com/4723/ 横溝正史の随筆集を読んだあと、先輩格の乱歩に興味を持ち、『江戸川乱歩 […]
  • 乱歩との交流の跡が残る横溝正史の随筆集乱歩との交流の跡が残る横溝正史の随筆集 Amazonの電子書籍版で、横溝正史の随筆を集めた『探偵小説五十年』を読みました。 これまでに、横溝が人生の時々に書き残した随筆を読んでいますので、横溝がどんな人生を歩んだかはだいたい頭に入っています。 https://indy-muti.com/14360/ 生まれたのは、神戸の発展する前の新開地です。両親は岡山の出身で、父方の家があった岡山の柳井原 […]
  • 縁は異なもの味なもの縁は異なもの味なもの 人は、思いもかけないところで思わぬ人との縁が結ばれたりします。今読んでいる本に、そんな縁を感じさせる個所が出てきますので、書いておきます。 今読んでいるのは、横溝正史の『金田一耕助のモノローグ』です。電子書籍版で、AmazonのKindle […]
  • 大ブームの中の横溝正史大ブームの中の横溝正史 昭和の時代、探偵小説の代表的な作家のひとりだった横溝正史の大ブームがありました。 角川書店から横溝作品が文庫本になって出ると売れに売れ、横溝本人が尻込みしても、文庫本化は加速度的に進み、40作品ぐらいが文庫本になりました。 私はそのブームの前まで横溝正史を知らずにいましたが、手に取った本が面白く、発売された文庫本のほとんどを読んだはずです。 このブームが角 […]
  • 2004/01/28 イケメン男学歴詐称で迷走2004/01/28 イケメン男学歴詐称で迷走 先日の本コーナーでも取り上げた古賀潤一郎衆議院議員(27日時点)の「学歴詐称疑惑問題」ですが、朝日新聞が25日付の「社説」で取り上げた際に付けた見出しにあったように、いよいよ”笑い話”の様相を呈してきました。 https://indy-muti.com/13725/ それにしても、25日付朝日の「社説」「学歴疑惑 ほんとは深刻な笑い話」は、朝日らしいといって […]