E氏と50年ものラジオ

あなたには、何十年も愛用する物があるでしょうか。

私は物持ちが良いほうで、一度使い出しますと、それが機械類であれば、壊れて使えなくならない限り使うことが多いです。

こんなことを書き出したのは、新聞を見たことです。本日の日経新聞は、別刷りとして「人生100年の羅針盤」という12ページの新聞がついてきました。

正直な話、中身はまだ目を通した程度ですが、その一面を見て、この投稿を思いつきました。

一面を飾るのは、1973年に、「エキサ・ダイオードの発見」でノーベル物理学賞を受賞された物理学者の江崎玲於奈氏です。江崎氏は今年で95歳になられるそうで、人生100を語るのにふさわしい人物です。

記事を書かれたのは、江崎氏がお住まいの茨城県つくば市で日経新聞の支局長をされている方です。

今は新型コロナウイルス(COVID-19)騒動で世の中が落ち着きません。個人的には茶番の騒動と捉えていますが、取材をされる人はそんな考えはお持ちでないようで、高齢の江崎氏の自宅を訪問することに、気を遣われたようです。

ところが、以前と同じように、元気な笑顔で迎えてくれた、と書いています。

そのことを象徴するように、江崎氏は満面笑みを浮かべる写真が一面に大きく紹介されています。

私が注目したのは、江崎氏が座る前のテーブルに置かれた物です。それはソニー製のラジオで、江崎氏がラジオの取っ手に右手を添えています。

そのラジオは、50年以上前に米国で市販されたものだそうですが、その部品として、江崎氏のノーベル賞受賞につながるトンネルダイオードが使われており、今も現役として使っているのであろうことが想像できました。

それを教えてくれる話は、健康法について訊かれたときに出てきます。それについて江崎氏は、次のように答えています。

家内が豊洲市場から生け締めの天然の魚や貝類を取り寄せ、野菜はすべてオーガニックと、ヘルシーでデリシャスな料理を作ってくれます。あとはラジオ体操ぐらいですかね。50年以上前に米国で市販されたエサキ・ダイオードを使用したソニー製のFM・AMラジオは今もちゃんと働きます。

気になる投稿はありますか?

  • 池江選手の被害者報道に違和感池江選手の被害者報道に違和感 かつては死の病といわれた白血病から奇跡の復帰を果たし、東京五輪・競泳の日本代表を決めた池江璃花子選手(2000~)が7日、自身のツイッターで苦しい胸の内を述べたことを、今日の朝日新聞が取り上げています。 記事によりますと、池江選手のツイッターのアカウントに、「(東京五輪代表を)辞退してほしい」「(東京五輪開催に対して)反対の声をあげてほしい」といったメッセージが複数寄 […]
  • 性にこだわりを持つ村上の短編集性にこだわりを持つ村上の短編集 ポイントが125(定価の20%)つくことに惹かれ、村上春樹(1949~)の短編集『回転木馬のデッド・ヒート』(1985)をAmazonの電子書籍版で読みました。文学作品を読む動機としては不純でしょう(?)か。 どんな短編集かは、読み始めるまで知りませんでした。 村上は、1979年に文芸雑誌の『群像』に応募した『風の歌を聴け』(1979)が群像新人文学賞を受賞し、 […]
  • 手塚治虫不遇時代の問題作手塚治虫不遇時代の問題作 真の天才は稀にしか現れません。手塚治虫(1928~1989)は、誰もが認める天才の一人です。 私も昔から手塚治虫には強い関心を持っており、手塚が取り上げられたテレビ番組があれば必ず見、関連の本を見つければ、手に取ることが多いです。 https://indy-muti.com/8128/ 手塚で不思議なのは、紛れもない天才でありながら、天才にありがちな歪 […]
  • 子供の心のままに生きることの大切さ子供の心のままに生きることの大切さ 義兄(2000年にくも膜下出血で亡くなった姉の夫)に以前から勧められている本があります。中勘助(1885~1965)が書いた『銀の匙』(前編:1910|後編:1915)です。 義兄は、中勘助が自身の幼年と思春期の頃を思い出して書いた自伝小説のような作品で、そこで勘助が自分を「私」として書いた「私」が、私(本文章を書いている私です)と重なるところがある、と事あるごとに匂 […]
  • 写真表現における撮影機材写真表現における撮影機材 ネットの「価格.com」を訪問することが増えています。 日常的に、何か欲しいものができると、価格を確認するため、同サイトを訪れます。以前から同サイトはよく利用しており、その中のカメラコーナーのクチコミ掲示板掲示板を毎日のようにチェックし、その中で見つけた面白いスレッドを紹介するコーナーを数年の間続けました。 私が向かう関心はそのときどきで変わり、昨年末は音楽配信 […]