E氏と50年ものラジオ

あなたには、何十年も愛用する物があるでしょうか。

私は物持ちが良いほうで、一度使い出しますと、それが機械類であれば、壊れて使えなくならない限り使うことが多いです。

こんなことを書き出したのは、新聞を見たことです。本日の日経新聞は、別刷りとして「人生100年の羅針盤」という12ページの新聞がついてきました。

正直な話、中身はまだ目を通した程度ですが、その一面を見て、この投稿を思いつきました。

一面を飾るのは、1973年に、「エキサ・ダイオードの発見」でノーベル物理学賞を受賞された物理学者の江崎玲於奈氏です。江崎氏は今年で95歳になられるそうで、人生100を語るのにふさわしい人物です。

記事を書かれたのは、江崎氏がお住まいの茨城県つくば市で日経新聞の支局長をされている方です。

今は新型コロナウイルス(COVID-19)騒動で世の中が落ち着きません。個人的には茶番の騒動と捉えていますが、取材をされる人はそんな考えはお持ちでないようで、高齢の江崎氏の自宅を訪問することに、気を遣われたようです。

ところが、以前と同じように、元気な笑顔で迎えてくれた、と書いています。

そのことを象徴するように、江崎氏は満面笑みを浮かべる写真が一面に大きく紹介されています。

私が注目したのは、江崎氏が座る前のテーブルに置かれた物です。それはソニー製のラジオで、江崎氏がラジオの取っ手に右手を添えています。

そのラジオは、50年以上前に米国で市販されたものだそうですが、その部品として、江崎氏のノーベル賞受賞につながるトンネルダイオードが使われており、今も現役として使っているのであろうことが想像できました。

それを教えてくれる話は、健康法について訊かれたときに出てきます。それについて江崎氏は、次のように答えています。

家内が豊洲市場から生け締めの天然の魚や貝類を取り寄せ、野菜はすべてオーガニックと、ヘルシーでデリシャスな料理を作ってくれます。あとはラジオ体操ぐらいですかね。50年以上前に米国で市販されたエサキ・ダイオードを使用したソニー製のFM・AMラジオは今もちゃんと働きます。

気になる投稿はありますか?

  • 自分の適性を知るのは乱歩にも難しかった自分の適性を知るのは乱歩にも難しかった 『屋根裏の散歩者』(1925)といえば江戸川乱歩(1894~1965)の代表作の一つになりましょう。 乱歩は今でいう推理作家、乱歩が執筆していた頃は探偵小説作家といわれます。私もぼんやりとそんなイメージを長いこと持っていました。が、実は、乱歩自身は事件の謎を探偵が解いてみせるような作品を得意としていなかったのであろうことを知りました。 そうしたイメージを持つよう […]
  • 2010/12/23 ジョン・レノン暗殺-運命の一日2010/12/23 ジョン・レノン暗殺-運命の一日 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新をしています。いつもは夜にトークするところ、昨日に続いて今日も朝にトークを行っています。今日は「天皇誕生日」の祝日なので、遅くまで眠っているという人も多いかもしれません。私は曜日や祝日に関係なく、今日も午前4時すぎに起きました。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされな […]
  • 2010/12/22 ジョン・レノン暗殺犯とされる男を巡る3つの謎2010/12/22 ジョン・レノン暗殺犯とされる男を巡る3つの謎 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新をしています。いつもは前日の夜にトークだけを行い、文章に書き起こすのは翌日に行ったりしますが、今回は今朝、雨の音を聞きながらトークをし、雨が止んでから文章に書き起こしています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので […]
  • 前田NHK会長の改革に横やりを入れる朝日前田NHK会長の改革に横やりを入れる朝日 現NHK会長にどんな印象をお持ちでしょうか? NHKの次期会長に前田晃伸氏が決まったときから私は前田氏に期待したことは、本コーナーで書いた通りです。 https://indy-muti.com/6934/ 個人的には、前例踏襲で、一切波風を立てないような人間にはまったく期待しません。前田会長は反対の人間だと感じたので期待を持ちました。 会長に決まったあ […]
  • 2015/06/02 投資の意味を藤野氏の本で知る2015/06/02 投資の意味を藤野氏の本で知る あなたは、藤野秀人という人をご存じでしょうか。 「はい。よく存じ上げています」と答えられる人は、さあ、どうでしょう。10人に1人はいないと思いますので、100人に1人。これでも多いですか。となれば1000人に1人。これでもまだまだ? だったら、10000人に1人、100000人、10000000人に1人ならどうだ! 実数に近づいたでしょうか? 私も、昨年11月に […]