2020年8月26日(水)

気象情報などを見ていますと、日中の暑さばかりが強調されますが、関東南部の当地は夜間の気温が下がってきました。

寝始めはエアコンのスイッチを入れますが、タイマーで30分とか1時間後に切れるようにセットしています。切れたあと、再びスイッチを入れることがなくなりました。

午前3時半頃に外へ出ると、まったく暑さは感じません。

それでも、体を動かしますと汗をかきます。今日は日課の運動も含め、掃除などで2時間ぐらい体を動かしました。Tシャツが汗でびっしょりになりました。東京都心の最高気温は34.0℃です。

この最高気温ですが、都心は今日までで、今年になって30℃以上の真夏日が39日となりました。都心は年間の真夏日が46.6日だそうです。

沖縄地方を通過していった台風8号は九州の西の海上を陸地から離れて北上し、明日は朝鮮半島の西の海域を北へ進む予報です。午後6時の推定中心気圧が950hPaですから、ずいぶん発達しました。

この台風が持ち込んだ湿った空気の影響で、西日本から東日本の太平洋側を中心に雨が降りやすくなり、激しく降るところもある予報です。

関東は雨が降ったり止んだりの予報となっています。こういう予報の時は、同じ時間に、雨のところや曇りのところ、晴れるところも一部にあったりするような天気分布となります。

この天気傾向が夜にかけて続きますので、明日は洗濯にはあいにくの天気となります。思いがけず晴れる時間が長くなるところも一部にはあるかもしれませんが。

都心の最高気温は、最低気温が今日より1℃ほど高い25℃、最高気温は1℃ほど低い33℃です。ということで、都心の真夏日は40日の大台にのると見て間違いなさそうです。