2020年8月21日(金)

昨夜、途中で目が覚めると、寝汗をかいていました。こんなことは、この夏初めてです。それだけ、夜間の気温が高かったことになりましょうか。

それにしては意外なのですが、午前3時半頃に起きて外へ出てみると、暑さは全く感じられず、気持ちよい空気に感じました。

今日も関東は一日よく晴れました。日中の気温は相変わらず高く、東京都心の最高気温は36.0℃です。

昼頃に自転車で走りましたが、照りつける陽射しは強烈でした。走っているときはそれほどには感じませんでしたが、家に戻ると、大量に汗をかいていました。

もっとも、日課の運動で朝に汗をかきますので、発汗には慣れています。冷蔵庫に冷やしてあった瑞々しいナシとブドウを食べました。汗をかいたあとに食べるとおいしさが格別です。

少し前まで北海道は雨の日が続き、強く降ることもありましたが、ここへ来て、晴れる日が多くなりました。明日も、全国的には雨や曇りになりますが、北海道は晴れる時間が長くなります。

北海道は気温が低めで、旭川の予想最低気温は11℃です。暑さに苦しめられる地方に暮らす人には羨ましい限りの気温です。

明日午前9時の天気図を見ますと、四国の南に低気圧があります。この低気圧は東へ移動していくため、九州から東北南部にかけて雨のところがある予報です。

明日のはじめは、四国で雨脚が強まるところがあるようです。西日本は、太平洋側で雨が降りやすくなります。

関東は夕方以降、山沿いで雨が降る予報で、昼前はほぼ全域で晴れる予報です。ただ、晴れる時間も、発雷確率の高い地域が南部の平野部にも広がり、天気が急変する恐れがあります。

発雷は、北西部ほど高く予想されています。

都心の予想気温は、最低気温が今日より1℃ほど低い25℃、最高気温も1℃ほど低い35℃です。

この先、関東は日曜日に傘マークがついているほかは晴れのマークと曇りのマークが並んでいます。気温は、都心で上がっても31、2℃ぐらいで、猛暑日になることはないかもしれません。