2020年8月17日(月)

昨夜、関東南部の当地は気温が下がらず、苦しめられました。夜間に何度か目が覚め、そのたびにエアコンのスイッチを入れたりしています。

午前3時半頃に起きて外へ出てみると、意外なことに、まったく暑く感じませんでした。外は空気が吹き渡り、室内で感じるほどの暑さにはなっていないようです。

ということは、外にハンモックでも吊って眠ったら、意外と気持ちよく眠れる(?)気がしないでもありません。

今日の関東は、昨日と違い、朝から一日よく晴れました。そのため、気温が上がりましたが、当地でも今年最も暑く感じるほどの猛暑、酷暑に感じました。

新コロで長期休校措置が採られたことで夏休みが短縮され、関東でも今日から新学期という学校もあったでしょう。猛烈な暑さの中、マスクをして登校した児童や生徒もいたでしょうか。

明日も全国的に晴れるところが多い予報です。東海から西は明日も猛烈な暑さとなります。山口市は39℃の予想です。

そんな中、関東は曇りで、一部で雨が降り、気温はその分下がり、暑さが和らぐという嬉しい予報です。

その原因は風向きです。

今夜はまだ南寄りですが、明日の朝には北または東寄りに変わります。海を渡ってきた湿った空気が関東に流れ込み、関東平野は雲が発生し、涼しい空気によって気温が抑えられるというわけです。

東京都心の予想気温は、最低気温が今日とほぼ同じ27℃ですが、最高気温は4℃ほど低い33℃です。

午後は広く晴れる予報ですので、夜にかけてはまた気温が上がってしまうのでしょうか。

昨日の投稿でも触れましたが、今度の土日、関東は暑さが和らぎます。原因は、日曜日にかけて、日本の南の太平洋高気圧が勢力を弱めることです。

そのあと、また勢力を強めることもあるかもしれず、油断はできませんが、ひと休みできそうなのは朗報です。