2020年8月13日(木)

関東は、内陸で雨雲が発生したようですが、南部の当地は、雨は降っていません。夕方に外へ出ると、雨がパラッと降っていましたが、小雨にもならず、すぐに上がりました。

今日の気温が上がっています。東京都心の最高気温は36.1℃で、4日連続の猛暑日です。千葉の我孫子と埼玉の熊谷は37.3℃を記録しています。

都心の猛暑日ですが、これまでに最も連続したのは2015年の8日です。それに次ぐのが4日で、今年を含めて7回あります。今日の時点で今年も2位の記録に並んだことになります。

明日の都心の予想最高気温は、今日より1℃ほど低い35℃で、35℃以上となれば、単独の2位となります。

明日は北日本や北陸などで雨が降る予報です。関東から西の地方は晴れるところが多くなります。これらの地方は猛暑が続き、名古屋と高松は37度の予想です。

一方、北海道の釧路は羨ましいほど低い気温で、予想最高気温が21℃です。

関東は明日も晴れるところが多いですが、西側の山沿いで雨が予想されています。

都心の予想最低気温は、今日より1℃低い26℃ですから、今夜も寝苦しさを感じるでしょう。

関東の1カ月予報が発表になりました。1カ月先の9月11日にかけ、平年より気温が高くなる予想です。天候は、ほぼ8月いっぱいは晴れる日が多く、8月29日以降、周期的に天気が変化する傾向に変わると現時点ではみています。

8月22日から28日は、日本の南海上で雲が発生することが予想されるそうで、それが台風に変わるなどすれば、注意が必要となることもあるでしょう。