カテゴリー
天気

2020年7月31日(金)

今年ほど梅雨に泣かされた記憶はありません。西日本は記録的な豪雨となり、大きな水害や災害が発生し、多くの命が失われました。

こんな稀に見る雨の季節にようやく終止符が打たれつつあります。

昨日は中国、四国まで梅雨明けしましたが、今日は近畿で梅雨明けです。平年より10日、昨年より7日遅い梅雨明けです。明日は東海辺りから梅雨明けの便りがありましょうか。

関東甲信も梅雨明け目前といえる状況にある、かもしれません。

今日も関東は、ところや時間により雨の予報でした。南部の当地は、雨が降ることはありませんでした。起きて外へ出ると、地面が乾いていましたので、当地で夜間に雨の降ることはなかったようです。

当地は曇り空の傾向で、昼過ぎぐらいからは雲が取れて晴天となりました。ほぼ快晴の時間もありました。東京都心の最高気温は29.6℃です。

午後6時30分、都心は25.5℃で、湿度が87%です。

明日から8月ですが、関東も7月とはがらりと変わり、晴れて暑い日が続く予報です。

明日の関東は、ところと時間によって天気が、曇りや晴れや雨に分かれそうです。南部は晴れるところが多く、晴れる時間も長くなりそうです。その一方で、曇りの時間が長かったりするところもありましょう。山沿いでは夜ににわか雨が予想されています。

都心の予想気温は、最低気温が今日より1℃ほど高い23℃、最高気温は2℃ほど高い32℃です。

この先、都心は30℃以上の日が続く予想ですが、1週間は30℃を1℃か2℃超える程度ですので、極端に暑く感じることはなさそうです。