2020年7月26日(日)

東海地方で雨の量が多くなっています。この24時間で、いずれも静岡になりますが、富士市が264.5ミリ、清水市が206.5ミリ、御殿場市が186.0ミリです。

東海は今夜から明日にかけても雨が降りやすく、雨量がさらに増えてしまうことになります。

今日の関東は、ところと時間によって天候は大きく異なったでしょう。

南部の当地は、私が起きた午前3時半頃は弱い雨が降っていました。そんな雨が朝にかけて続きました。

昼前からは天気が回復し、天気がぐんぐん良くなりました。ほぼ快晴の時間が結構長くありました。昨夜の気象情報を聞く限り、これほど晴れたのは意外です。

明日はほぼ全国的に雨が降りやすく、晴れ間があるのは、北海道の旭川など一部と沖縄、あと小笠原諸島といったところです。

関東は西寄りの地域と北部で雨が降りやすい状態となり、一日降ったり止んだりといった雨になります。夜は東部も含めてほぼ全域で雨の予報です。

先週までの予報では、関東は明日とあさっては晴れ間があり、このタイミングで梅雨明けも期待されていました。この先も関東は曇りや雨が続き、次に天気マークに晴れがあるのは次の日曜日です。

ということで、あと少なくとも1週間程梅雨明けが先へ延びそうです。

東京都心の予想気温は、最低気温が今日より2℃ほど高い25℃、最高気温は1℃ほど低い30℃です。湿度が高く、蒸し暑く感じそうです。