2020年7月24日(金)

昨日の続きになりますけれど、曜日の感覚がおかしくなっている人はいませんか。

今日は金曜日ですが、土曜日と勘違いしている人もいる(?)かもしれません。

今日は、何事もなければ、東京五輪の開会式が行われた日でした。今日の関東の天気ですが、南部の当地に関しましては、曇りで、雨は降っていません。陽の射す時間もあり、まずまずの天候です。

ですので、開会式行うのには悪くない日和です。

一方、西日本は太平洋側を中心に雨が降り、強く降るところもあります。

午前に雨の様子を気象庁や気象協会のサイトで確認しました。私が見た時間は、九州に発達した雨雲が線状にかかっていました。その下では、雨が激しく降ったでしょう。

明日にかけては、四国の太平洋側で雨が強まり、夕方までに多いところで300ミリの雨量が予想されています。

午後6時40分の東京都心の気温は25.1℃。湿度は94%です。明日の都心の予想最低気温は、今日より1℃ほど高い23℃ですから、朝にかけて気温が目に見えて下がりません。

関東は、明日も、数日先までも、北部ほど雨が降りやすくなります。

午後は北部から南部の一部にかけて発雷確率が高くなります。その影響のある地域は、雷を伴うような強い雨が降ることになります。

都心の予想最低気温は、今日より2℃ほど高い29℃です。

年によっては、今の時期から連日30℃以上の日が続くことがあります。その点、今年はまだ30℃を下回る気温ですので、まだまだ陽気には恵まれていることになりそうです。

気温的にも、今年に五輪が開かれたなら、まずまずの条件となったかもしれません。