2020年7月21日(火)

今日は日本海側で雨のところが多くなっています。北海道は晴れの日が続きましたが、今日から明日にかけては雨の予報です。

その原因は、梅雨前線が北上し、日本海の近いところに停滞していることです。前線上に低気圧が発生し、その低気圧が北海道方面へ移動します。

前線が北上したことで、太平洋側は雨の降ることが少なくなりました。

関東南部の当地は、未明にかけ、通り雨がありました。当地の雨は早い時間に上がり、そのあとは曇り空でした。昼頃からは陽の射す時間があり、夕方は西の空が明るくなりました。

東京都心の最高気温は29.0℃です。東京の最少湿度が73%と高く、蒸し暑くなりました。ただ、部屋の中で過ごしたせいか、私は特別暑くは感じ、エアコンをつけようとも考えませんでした。

明日は北日本や西日本などで雨のところが多い予報です。

関東は朝は曇りです。その後、昼過ぎから夕方頃にかけ、天気が急変し、雷雨のところがある予報です。

原因は風です。

はじめは南寄りの風ですが、その後、東寄りの風が吹き始めます。ふたつの風向きがぶつかる辺りに雷雲が発生することになります。関東で降る雨は、夜のはじめには上がる模様です。

都心の予想気温は、最低気温が今日より2℃ほど高い24℃ですから、今夜は寝苦しく感じるでしょうか。最高気温は今日とほぼ同じ29℃。東京の最少湿度は今日とほぼ同じ76%ですから、体感的には今日と同じになりそうです。

今日特別暑く感じなかった私は、明日もまずまずの陽気に感じましょうか。