2020年7月20日(月)

とっくに梅雨明けしたと思っていましたが、奄美地方は今日梅雨明けです。これまでで最も遅い梅雨明けで、昨年より7日、平年より21日遅い梅雨明けになるそうです。

関東甲信は、平年の梅雨明けが明日21日です。

昨日に続き、関東は今日も梅雨の晴れ間が広がりました。昨夜の予報では、ほぼ一日曇りで、午後は大気の状態が不安定となり、一部で雨の予報でした。

南部の当地は、明け方から一日、雨は降っていません。一日を通して、昨日のように青空が広がらなかったものの、陽射しがある時間が長く、地面に影ができました。

昼頃に自転車で走りました。東京都心の最高気温は31.9℃で、8日ぶりの真夏日です。

当地はそこまで気温が上がらなかったのか、自転車で走っている分には、特別暑くは感じませんでした。ところによっては風が吹き、それが気持ち良さにつながりました。

今夜は、関東のところどころで通り雨がある予報です。夜間に降る雨は天然の打ち水の効果が期待できます。

都心の予想最低気温は、今日とほぼ同じ23℃。夜間に一雨あれば、多少は寝苦しさの解消になるでしょう。

明日は、低気圧と前線の影響を受ける日本海側で広く雨の予報です。その他は曇りで、昼過ぎから夕方にかけ、西日本と東日本の広い範囲で大気の状態が不安定となるようで、高い発雷確率となっています。

関東では雨の日が続きました。先月30日から今月18日にかけ、都心は19日連続で雨が観測されました。昨日と今日の晴れは、梅雨の晴れ間といえましょう。

明日はまた関東も曇り空に戻ってしまいます。関東で雨の降るところや時間は多くはなさそうです。

都心の予想最高気温は、今日より2℃ほど低い30℃です。都心の予想最小湿度が69%と高いため、蒸し暑くなります。

同じ関東でも、千葉の銚子は気温が抑えられ、18℃と22℃の予想です。ずいぶんと違うものですね。