2020年7月17日(金)

関東は7月中旬とは思えないような低温の日が続いています。昨夜も涼しく感じ、夏掛けに包(くる)まるように眠りました。

あまりにも涼しいため、エアコンを点けっぱなしで眠ってしまったのか? と勘違いするほどです。ま、暑いのが苦手な私にはありがたいことですが、それにしても、薄気味悪いほどの涼しさです。

午前3時半頃に起きて庭へ出ると、関東南部の当地は雨が降っていました。しっかりした雨脚です。

当地は、明け方までが雨のピークで、そのあとは、傘がいるかいらないか程度の雨が降り続きました。

昼頃、私は用事があって外出しました。私の移動手段は自転車です。その時間も雨が微妙に降っていました。気温が低く、私は薄い長袖シャツを着ていきましたが、それでも涼しく感じました。

東京都心の最高気温が、私もメモの取り違いでしょうか。24.6℃であったように思いましたが、明日の都心の予想最高気温が25℃で、今日より4℃ほど高いということは、今日の最高気温は21.6℃だったことになりましょうか。

7月中旬の日中の気温とは信じられません。昨日の更新でも書きましたが、これは、寒冷化が進んでいると見て間違いなさそうです(?)。

当地は夕方頃以降は雨が上がりました。ですので、その時間に自転車で走れたら、濡れずに済んだことになります。こんなことをあとでいっても始まりませんが。

東海から関東で雨の降りやすい状態が続きます。

関東は南部を中心に、朝から昼前ぐらいにかけて雨が強まる予報です。伊豆諸島で最も雨が強く降り、多いところで150ミリの予想です。関東南部も多いところが120ミリと予想されています。

午後は雨が止む傾向です。

都心の予想最低気温は、今日より1℃ほど高いといっても19℃ですから、今夜も暖かくして眠ったほうが良さそうです。

ここまで関東は7月中旬とは信じられないような低温が続きましたが、明日が低温と高温の分かれ目となる、かもしれません。

といいますのも、朝は東寄りの風ですが、午後は南寄りに風向きが変わる予想だからです。日曜日は一日を通して南風が吹き、気温が上がってくるようです。

気温が上がるといえば、晴れが続いている北海道は関東より気温が高く、旭川は31℃の予想です。