2020年7月8日(水)

午後7時前の気象情報で、昨夜から今朝にかけ、東京都心が熱帯夜になったことは伝えていません。しかし、なったのでしょう。

明日の東京都心の予想最低気温が、今日より2℃ほど低い24℃となっていますから。

道理で昨夜は寝苦しく感じ、目が覚めたりしました。

依然として西日本の太平洋側を中心に強い雨の状態が続いています。今日の朝は、長野や滋賀に大雨の特別警報が出されました。

これほど雨に祟られる梅雨は記憶にありません。

関東南部の当地は、私が起きた午前3時半以降、雨はほとんど降っていません。起きた時に庭に出ても、地面はそれほど湿っていませんでしたので、夜間にも雨はほとんど降らなかったのがわかります。

今日は、関東各地で風が強まった模様です。千葉市では28.9メートル、横浜は24.7メートル、都心も19.7メートルの風速を観測しています。

この風の原因は、長野付近に発生した低気圧が、北東方向へ移動し、そこに向かって南から風になって吹き込んだことです。

当地は昨日まで風が吹きましたが、意外なことに、今日はほとんど気になりませんでした。

当地は夕方から天気が回復し、雲が切れて青空が広がりました。梅雨の晴れ間の五月晴れです。久しぶりに青空を目にでき、ホッとできました。

気象庁のサイトで雨の予報を確認しました。昼頃の情報では、今夜遅くから明日朝にかけ、紀伊半島の南部で雨が長い時間激しく降る可能性があることが確認できました。

九州から東北南部にかけては雨が降り、太平洋側を中心に激しい降り方になる予報です。北日本は晴れ間が広がります。北海道は気温が上がり、帯広は30℃の予想です。

関東は雨が降ったり止んだりする予報です。南西部ほど雨が強まる傾向です。

神奈川西部の箱根は強い雨が続いていますが、明日も雨への警戒が必要な状況といえます。南部の多いところで、明日の夕方までに80ミリの雨が予想されています。

今日関東に強風をもたらした低気圧が関東から離れるため、明日は関東で今日のような強風が吹くことはなさそうです。

都心の予想最高気温は、今日より1℃ほど高い29℃です。南から湿った空気が流れ込むため、肌にまとわりつくような不快な暑さになるだろうということです。