2020年7月6日(月)

九州は依然として大雨が降り続いています。本コーナーは午後7時過ぎに更新しますが、この時間、福岡と佐賀、長崎には大雨の特別警報が出ています。

今夜はこれらの地方に断続的に発達した雨雲がかかり続け、その下では激しい雨が降り続き、災害の発生が懸念される状況です。

関東南部の当地は、昨日に引き続き、雨はあまり降っていません。

明け方は弱い雨が降りましたが、朝に一旦上がり、そのあと、朝はごく弱い雨が降ったり止んだりするような天気でした。当地は、昼前以降はほとんど雨は降っていません。

東京都心の最高気温は26.9℃です。午後6時40分も26.4℃ですから、気温がほとんど変化していないことになります。

明日も、沖縄は晴れますが、それ以外はほぼ全国的に雨が降る予報です。西日本は、九州のほか、四国なども太平側で雨が強まる時間がある予報です。東海も雨が強まるでしょう。

明日の朝、関東は雨の止むところが多い予報です。しかしそのあとは、関東もほぼ一日雨の降りやすい状態が続きます。

関東で雨が強まりやすいのは、神奈川の西部です。この地方は、すでに降った大量の雨がしみ込んで、土砂災害が発生しやすい状況といえましょう。

明日の夕方までに、神奈川西部を中心に、130ミリの雨量が予想されています。

都心の最高気温は、最低気温が今日より1℃ほど低い24℃、最高気温も1℃ほど低い28℃です。

明日は一日を通して蒸し暑くなるそうです。ですから、体がだるく感じたら、それができる人であれば、しばらく横になって体を休めるなどするとよいでしょう。