2020年7月4日(土)

九州で雨が激しく降る状況が続いています。これまでに大量の雨が降り、河川が氾濫しました。

本コーナーの更新をする午後7時過ぎ、九州は雨が一旦上がっているようですが、明日は再び降り始め、明日の夕方までに多いところで、さらに200ミリの雨が予想されています。

しかも、今週は九州で雨の日が続く予報になっており、気の休まらない日々が続いてしまいそうです。

関東南部の当地は、ごく弱い雨が降ったり止んだりする天気でした。当地で目立ったのは強い風です。昼前と昼過ぎは、台風が接近した時のように、強風が吹き荒れました。

午後7時過ぎは、日中に比べると弱まりましたが、それでもまだ風が吹いています。東京都心は、午後7時前、4メートルぐらいの南寄りの風が吹いています。

当地に強い風をもたらした原因が何なのか、素人の私には天気図を見てもわかりません。付近に発達した低気圧が見当たらないからです。

関東は明日も南寄りの風が強まるそうです。

この時間、当地の雨は上がっていますが、今夜はところどころで雨の予報です。

関東の雨は朝には一旦上がります。しかし、午後になりますとまた降り出すところがあり、夜は北部を中心に雷を伴って雨が降る模様です。

この1週間は、関東の北部で雨が続く予報です。都心は月曜と金曜に傘マークがつき、ほかの日は曇りマークです。

都心の予想気温は、最低気温が今日より4℃ほど高い24℃ですから、今夜は寝苦しく感じるかもしれません。最高気温は2℃ほど高い30℃です。