無駄の中に豊かさが隠れている、かも?

表のメディアというものは、権力を批判するように見えながら、裏では一部の例外を除いてつながっています。

それはある意味当たり前のことです。権力を持つ者がメディアの影響力を利用しているのですから。

今の新型コロナウイルスCOVID-19)騒動は、2001年の9.11テロ(アメリカ同時多発テロ)のときと同じ構造で、全世界のメディアが、全世界の人々の考えを一方向へ従わせるような報道を展開しています。

個人的には恐れる必要のないCOVID-19騒動と考えていますが、そんな考えを持つ者を、表のメディアは”陰謀論者”と決めつけ、秩序を乱すことを警戒します。

彼らが狙う秩序の行きつく先は「新世界秩序(NWO)」で、全人類にCOVID-19に対応すると信じさせたワクチンを接種し、人々の思考や行動も、彼らの望む秩序で保ちたいのでしょう。

こんな考えを持つ世界の支配層の思惑の実現に力を貸すのが表のメディアであることに気がつけば、日夜垂れ流される新聞やテレビに律儀に付き合うのは馬鹿らしいだけです。

それでも、ネットを使う限り、見たくもないネットを通じた思惑報道が目に入ってしまいます。

私はほとんどが情報のために送られてくるメールをチェックするため、Yahoo!にアクセスせざるを得ませんが、そのトップページにある細々としたニュースが、見たくもないのに目に入ります。

そんな雑多なニュースで、このところ目障りに感じるのが、”ホリエモン”こと堀江貴文氏が日々発しているらしい発言を記事にしたものです。

私は見出しだけで、内容を確認するほど暇ではありませんが、それらの多くは、彼がSNSで発したものでしょう。それをわざわざ報道機関が取り上げるのは、それを使って、庶民の考え方を換えようという、ちっぽけな思惑が働いてのことかもしれません。

堀江氏のことはよく知りませんが、私の印象では、合理的な考え方を持ちたい人のように思えます。

そんな堀江氏に欠けている部分があるように私は考えますが、それは何だと思いますか?

私は「教養」であろうと思います。

私が考える「教養」は、ある人にとってはなくてもかまわないことです。

文学や音楽、絵画に映像作品といったものは、ある人にとってはなくても困らないものでしょう。

合理的な考えを持つ人は、上で挙げたようなことは切り捨てがちであるように思います。

本コーナーで以前触れたことがありますが、ネットの動画共有サイトのYouTubeで自分の動画を配信する人で、理系の勉強をした人は、自分の映像や音声に注意を払わない傾向を持ちます。

具体的には、陰謀論的な動画が多い「内海学校」(今はこのチャンネルがなくなりました)の配信者は、映像と音声がお粗末でした。

また、個人医院を経営する若手の医師も自分のチャンネルで動画を配信しています。今は見ることが減りましたが、COVID-19について、自分の考えを述べていました。

そのYouTuberは自分の手元だけを写し、音声で考えを伝えていました。映像表現そのものには興味をあまり持たないたちなのでしょう。

堀江氏の話に戻りますと、彼は世の中の様々なことに口を挟みますが、彼から最近聴いて感動した音楽や、見て感動した映画の話を聞いたことがありません。

彼がどんな絵画を好み、好きな画家が誰か聞いたことがありません。

彼がもしも自分の車を手に入れるなら、ボディの形や色には興味を持たないかもしれません。公道を走れる機能があれば十分で、デザインは必要不可欠とは考えないだろうと想像するからです。

私は車の運転はしませんが、車という道具には興味があります。昨今はSUV車が人気のようです。運転席も高く設計され、運転しやすいという話を聞きます。

個人的な好みとしては、SUVには魅力を感じません。私は車体の低いスポーツカーが好きです。BS朝日の番組「カーグラフィックTV」が少し前に取り上げた「ロータス・エリーゼ」も格好いいと思いました。

よく知りませんが、世界を飛び回っている彼ですから、それらの分野の情報を、現地で直に手に入れることができるでしょう。マスメディアを通さない情報をいち早く伝えてくれたなら、それはそれで価値を持つと思うのですが、そんなことはしてくれません。

彼から発せられるのは、どうしたら合理的に仕事や生活ができるかだけです。

何もせずに海辺で横になり、水平線に沈む夕陽を眺め、とりとめのない考えで時間を過ごすことの豊かさを、もしかしたら彼は知らないのかもしれません。

史上最年少の将棋棋士としてプロデビューし、勝ち続けて話題になったのが藤井聡太七段です。彼の出現と活躍は社会現象となり、新聞やテレビが盛んに取り上げました。

藤井氏を取り上げた新聞の記事で、当時はまだ中学生だった彼に、苦手な科目を訊いています。彼は即座に「美術」と答えています。

成績も悪いと答えていたように記憶していますが、それは彼にとっては逆に誇らしいことのようで、「なんで絵を描くのか理解できない」というように答えていました。

おそらくは藤井氏も堀江氏に通じる合理的な考えをする人なのかもしれません。

藤井氏の場合は一日のほとんどの時間を将棋の手筋を考えることに費やし、同じ結果なら最小手数でそれに達するのを”美しい”と考えているのかもしれません。

考え方の基本にそのような傾向を持つ人にとって、何もない支持体に絵具をつけ、どうなるか自分でもわからない絵を描く行為は、無駄で、理解できない行為に思えてしっても仕方なさそうです。

合理的な考えを持ちがちな人からは、ためになる新書の話は聞けても、読んで面白かったという小説の話を聞くことも少ないように思います。

小説というものも、それを書いた人が頭に思いついたことを文章にして表現したものです。中には理屈に合わないこともあり、AからBへ直線的な線を結びたがちな傾向を持つ人は、うねった曲線に我慢強く付き合うのが苦手だったりするのでしょう。

男は女を殺した。好きだったから_これだけで終わる小説があったら簡潔ですが、味も素っ気もありません。

今日、Yahoo!にあった堀江氏のニュースに次のようなものがありました。

いかにも彼らしい考えです。

無駄なものはスパッと切り捨て、必要なものだけで完結したいのでしょう。

そんな彼ですから、教養に分類されるようなものは一番毛嫌いするのかもしれません。

考え方は人それぞれですから、その人の考えを信じて生きて行けばいいと思います。が、無駄と思えるものに、もしかしたら必要なものやことが含まれているかもしれないことに、少しは気がついて欲しい気がしないでもありません。

気になる投稿はありますか?

  • 性にこだわりを持つ村上の短編集性にこだわりを持つ村上の短編集 ポイントが125つくことに惹かれ、村上春樹(1949~)の短編集『回転木馬のデッド・ヒート』(1985)をAmazonの電子書籍版で読みました。文学作品を読む動機としては不純でしょう(?)か。 どんな短編集かは、読み始めるまで知りませんでした。 村上は、1979年に文芸雑誌の『群像』に応募した『風の歌を聴け』(1979)が群像新人文学賞を受賞し、それがきっかけで […]
  • 手塚治虫不遇時代の問題作手塚治虫不遇時代の問題作 真の天才は稀にしか現れません。手塚治虫(1928~1989)は、誰もが認める天才の一人です。 私も昔から手塚治虫には強い関心を持っており、手塚が取り上げられたテレビ番組があれば必ず見、関連の本を見つければ、手に取ることが多いです。 https://indy-muti.com/8128/ 手塚で不思議なのは、紛れもない天才でありながら、天才にありがちな問 […]
  • 子供の心のままに生きることの大切さ子供の心のままに生きることの大切さ 義兄(2000年にくも膜下出血で亡くなった姉の夫)に以前から勧められている本があります。中勘助(1885~1965)が書いた『銀の匙』(前編:1910|後編:1915)です。 義兄は、中勘助が自身の幼年と思春期の頃を思い出して書いた自伝小説のような作品で、そこで勘助が自分を「私」として書いた「私」が、私(本文章を書いている私です)と重なるところがある、と事あるごとに匂 […]
  • 写真表現における撮影機材写真表現における撮影機材 ネットの「価格.com」を訪問することが増えています。 日常的に、何か欲しいものができると、価格を確認するため、同サイトを訪れます。以前から同サイトはよく利用しており、その中のカメラコーナーのクチコミ掲示板掲示板を毎日のようにチェックし、その中で見つけた面白いスレッドを紹介するコーナーを数年の間続けました。 私が向かう関心はそのときどきで変わり、昨年末は音楽配信 […]
  • 時間をかけて結果を出せる人時間をかけて結果を出せる人 今日の朝日新聞に、「時間をかけて答えを出す人」が紹介されています。 今月行われた競泳の東京五輪代表選考会の女子100メートル平泳ぎ決勝で2位となり、初めての五輪代表に決まったのがその人です。 その人は青木玲緒樹選手(1995~)で、今は東洋大学の4年生です。 彼女を小学校3年のときから指導するのは、競泳日本代表のヘッドコーチをする平井伯昌氏(196 […]