カテゴリー
天気

2020年5月22日(金)

今日、関東南部の当地は、他の地域より一足早く梅雨入りした模様です。

というのは冗談です。しかし、こんな冗談をいいたくなるほど、今日の当地は雨の一日となりました。

明け方は曇っていました。地面には湿り気があり、もしかしたらそれまでの時間に、雨が降ったりしたのでしょう。

朝から雨になり、日中いっぱい降りました。降り方は弱く、この降り方も梅雨の雨に似ています。気温が低いため、梅雨寒といいたいような状況です。

東京都心は月曜から今日まで、5日連続で日照時間が0時間だそうです。こんなに陽射しがないのは梅雨の時期でも珍しいことだそうです。

西日本は晴れて気温の高い日が続いているようです。

明日午前9時の予想天気図を見ますと、天気図に大きな変化はありません。オホーツク海に高気圧があり、日本の南岸に前線が伸びています。

西日本は前線が陸地から離れていることで晴れの天気が続いているのでしょうか。

一方、関東は前線上の低気圧の影響で、明日も雨が降りやすい天気が予想されています。南部は午前中雨が降りやすく、北部は昼過ぎに雨のところがある予報です。

夜は曇りの天気になるようです。

東北ははじめ太平洋側で雨が降り、そのあとは広く雨の降る時間があるようです。

前線に近い沖縄は雨で、強く降ることが予想されています。沖縄は梅雨に入っており、この先も雨の日が続きます。

都心の予想気温は、最低気温が今日より2℃ほど高い15℃、最高気温も2℃ほど高い20℃です。

関東は日曜日以降晴れ間がある天気になり、気温も25℃前後が予想されおり、ようやくホッとできるような天候になります。