カテゴリー
オールド「日々の独り言」

2014/06/30 “出たがり人間”中野信子

ちょっと乱暴ですが、人間をふたつのタイプに無理矢理に分けるとすれば、あなたならどんな基準で分けますか?

本日分で、私は「出たがる人間」と「出たがらない人間」に分けてみました。この基準で分けた場合、私は疑いようもなく「出たがらない人間」になります。とにかく目立つことが大の苦手です。これは子供の頃から一貫しています。

他人(ひと)よりも前へ前へ出たがる人間は必然的に目立ちます。人生に成功も失敗もありませんが、何かと注目されることが多い人間を“成功”と捉えるのなら、目立つ人間がそれをつかむ可能性が高いでしょう。上から何かが落ちてくるとき、誰よりも腕を高く突き上げた人がそれをつかみ取る可能性が高いのと同じ理屈です。

私は昨日の午後6時台、典型的な出たがり人間を見ました。その人を見たのは、久米宏さんと檀蜜さんが司会を務める「久米書店 ヨク分かる!話題の一冊」というテレビ番組です。

この番組をご存じでない方が多いと思いますので、番組の内容を簡単に説明しておこうと思いますが、番組タイトルからだいたいイメージできますでしょうか(´・ω・`)?

久米さんが久米書店の店主、檀蜜さんがそのお店の店員という設定で、毎週一冊ずつ話題の本を取り上げ、その本の著者をゲストとしてお招きし、本に書かれていることを根掘り葉掘りお訊きするという内容です。たしか、今年の4月に始まった番組で、本サイト内で私が個人的に興味を持った番組を紹介しています「私のTV指定席」(現在は「テレビ番組」)でも、放送があるときはピックアップしています。ただ、見たくないときはパスします。

この番組は昨日の午後6時から放送になりまして、今回のゲストが出たがり人間の方でした。

今回も一応録画してあとで確認しようと考え、自分では録画予約を済ませたつもりでいました。私は午後5時台から、オーディオで音楽を聴いていました。それは午後6時台に入っても続いていました。ということは、裏でその番組が自動で録画されているハズです。が、録画実行されていないことに気がつきました。時刻にして、午後6時10分ぐらいでした。

録画予約をしたつもりが、忘れていたのでしたf(^_^) ということで、その時点で音楽を聴くのをやめ、番組をオンタイム(←「番組が放送されている時間」というような意味で遣っています)で見つつ、同時に残りの分の録画も始めました。

今回の話題の一冊は、『脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体』で、お書きになったのは脳科学者の中野信子さんです。

彼女の本が新聞の広告に載っていることがあり、私はその広告に添えられた写真で中野さんを認識していました。動く映像としては昨日始めて見ました。が、写真のイメージと動く映像では大きなギャップがありました。髪型が違っていたことも大きかったでしょうか。

何といっても目につくのは超ミニスカートです。店員の檀蜜さんよりもスカートの丈が短く見えます。このような服装を選んで番組で出演されることからして出たがり人間です。自分が注目されるような服装を選び、服装だけからも注目を得たいのであろうことが想像できるからです。

そして中野さんのしゃべり方も出たがり人間を象徴しています。正直いいまして、長い時間彼女の話を聞きたくないような話し方です。きき手の久米さんと檀蜜さんもそのような印象を彼女に持ったのかどうか、一歩引いて話を聞いている、ように私の目には映りました。

そんな久米さんと檀蜜さんの態度には気づかず、「私の話を聞いて、聞いて」といった感じで中野さんの話が続きます。

この番組は午後6時54分頃まで続きますが、私は本サイト内の“天気コーナー”「空模様でボ・ソ・リ」(現在は「天気」)の更新の参考にするため、午後7時前になりますとNHK総合で放送になる気象情報をチェックする都合があります。昨日も裏で久米さんの番組を録画しつつ、午後6時45分からは気象上の前に放送になる関東ローカルニュースにチャンネルを換えました。

“天気コーナー”の更新を終え、途中まで見ていた久米さんの番組にゲストで出演されていた中野信子さんの続きの話をチェックしました。が、番組のあとの方で録画が終わっていました。その部分以降は録画に失敗したようです。

ということで、尻切れトンボのように終わってしまい、どんな形で番組が終わったのかわかりませんが、きき手の久米さんと檀蜜さんは、番組の収録が終わったあと疲れがドッと出たかもしれません。

前回か前々回の放送の中でだったと記憶していますが、檀蜜さんは「苦手な人がゲストの時は無愛想になります」と話していました。中野信子さんがゲストだった今回、私は途中だけ見ましたが、そこに映る檀蜜さんは、どこか無愛想に見えました。

テレビの番組に映る中野信子さんだけで彼女の全てを判断するわけにはまいりませんが、番組で私が受けた中野さんの印象は、本日分の分類基準にしています「出たがる人間」そのものに感じました。その反対の傾向を強く持つ私は、同じ空間に最も一緒にいたくないタイプの人間です。

気になる投稿はありますか?

  • 2014/11/14 人望のなさを物語るYの逸話2014/11/14 人望のなさを物語るYの逸話 本コーナーの昨日分は、将棋(日本将棋連盟)の世界で密かに繰り広げられた人間模様めいたことを書きました。今回はその続編です。いずれも、ネットの事典「ウィキペディア」から貼られた先にある過去の週刊誌記事をもとに書いています。 昨日は、米長邦雄永世棋聖との腐れ縁ができてしまったことで、ほぼ20年間にわたって米長さんに仕え、挙げ句の果てに婚約者を寝取られてしまった元プロ棋士の […]
  • 2011/02/17 「さよならレザン」も放送した番組のテーマ曲をリクエスト2011/02/17 「さよならレザン」も放送した番組のテーマ曲をリクエスト 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新しています。なお、トークは前日の夜に行っています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので、それをお読みになって、トークのだいたいの流れをご想像下さい。 なお、音声ファイルはmp3方式にて紹介しています。再生箇 […]
  • 2012/06/15 放射能が怖くて逃げた小沢一郎が妻から三行半2012/06/15 放射能が怖くて逃げた小沢一郎が妻から三行半 昨日発売になった週刊誌『週刊文春』の最新号(6月21日号)の目玉記事は、何といっても、民主党の元代表・小沢一郎氏が妻(←元妻?)から三行半(離縁状)を突きつけられたことを報じる記事でしょう。 芸能界でも、表向きはとても仲の良いおしどり夫婦のように見られながら、実際は、家の中ではお互い口もきかない関係であったりするのは珍しい話ではありません。事ほど左様に、夫婦間のことは […]
  • 2015/08/08 レセップスに見る あっぱれな人生2015/08/08 レセップスに見る あっぱれな人生 いつの時代も、信じられないくらい精力的な人がいます。日経新聞の一面コラム「春秋」の昨日分を読み、改めてそれを実感しました。 私は不勉強なもので、コラムで取り上げられた人物を知りませんでした。その人はフランス人で、若い頃は外交官をしていました。1849年にその職を辞したあと、人生の歯車が逆回転を始めます。夫婦仲が良かったどうかは知りませんが、1854年に妻と息子を続けて […]
  • 2001/06/18 安倍晴明知ってるつもり?2001/06/18 安倍晴明知ってるつもり? 昨夜は「知ってるつもり?!」(日本テレビ系列/日曜日21:00~21:54)という番組を見てみました。陰陽師・安倍晴明が取り上げられていて、ちょっとばかり興味を引かれたからです。 最近、何かと話題になっていますよね、晴明(「安倍晴明神社」)。 恥ずかしながら、私は今年の初めに本コーナーで彼について書くまで名前すら聞いたことがありませんでした。 それまでにも […]