2001/06/18 安倍晴明知ってるつもり?

昨夜は「知ってるつもり?!」(日本テレビ系列/日曜日21:00~21:54)という番組を見てみました。陰陽師安倍晴明が取り上げられていて、ちょっとばかり興味を引かれたからです。

最近、何かと話題になっていますよね、晴明(「安倍晴明神社」)。

恥ずかしながら、私は今年の初めに本コーナーで彼について書くまで名前すら聞いたことがありませんでした。

それまでにも、夢枕獏の小説やそれを下敷きにして描かれた岡野玲子(今年の手塚治虫漫画大賞、だったかな?を受賞されましたよね。ちなみに、彼女は手塚氏のご子息である手塚眞氏の夫人です)の漫画などにより、若い層を中心に、広く知られてはいたようです。

私は、付け焼き刃的な浅い知識から、晴明という人はもっとオカルトティックな“技”を縦横無尽に操った人物、といったイメージを勝手に持っていたわけですが、昨夜の番組を見る限り、それほどの派手さはないようです。

それよりもむしろ、常識的で、静かな印象を持ちました。

「現代でいえば、人の心の闇を解き明かす(解き放つ?)、精神科医のような存在ともいえるかもしれません」云々と番組の中でナレーションされていましたが、納得できる例えです。

私が今回の番組を見て一番印象に残ったのは、「人の心の持ちよう」についての話です。

今も昔も、人の心は厄介に出来ていて、ともすれば現在の自分が置かれた立場を怨み、ひいてはその怨みが第三者へと向けられたりします。晴明はそうした人の心に生じやすい弱さを、「心に棲みつく鬼」と表現して見せました。

それを、晴明が生きた平安時代の京都に当てはめれば、度重なる権力闘争に敗れ、無念の内にこの世を去った人の魂は怨念となって現世に留まり、かつての宿敵へと向かいます。また、勝者も勝者で、その目には見えない怨念に怯えながら日々を生きていくことになります。

現代はそれほどにドラマティックな怨念状況にはないでしょうが、それでも学校や職場内でのいじめなどから、「あんなヤツ、この世から消えてくれればいいのに、、、(-_-X)」というような“心の鬼”が生じないともいえません。

しかし、晴明が説くことには、そうした“心の鬼”は必ずや自分自身にはね返ってきて、結果、自分で自分を滅ぼすことになる、のだそうです。恐い話ではありませんか。

これはある種、人が生きていく上での“哲学”や“思想”、といってもいいものです。

ゲスト出演者の泉谷しげるは「結局のところ、彼の心の中にそうした怨みとかそういうものがいっぱいあって、全部わかちゃってるからそんな考え方に行き着いたんじゃないの?」というようなことをいっていました。

西洋の聖人でも、あるいは東洋の偉いお坊さんでもそうですが、彼らも初めから偉かったり、悟りの境地にいたわけではないのです。

自分自身の中にあるどうしようもなく嫌な部分に自分で気づき、それを何とかしたいということから“修行”をし、その挙げ句の果てにようやくそうした“心の鬼”から開放された自分を獲得していったのです。いや、いったのでしょう、多分。

ですから、まして、私のような凡人が「お、いい話を聞いた。よし、オレも今日から心に“鬼”など棲みつかせず、公明正大な人物になるぞ!」と意気込んでみたところで、おいそれと簡単に事は進まないだろう、というわけです。

でも、ま、そうはいっても、なるべくだったら“鬼”とは関わりたくないもので、せいぜい“修行”をして、少しでもそうした“境地”へ近づきたい、とは思います、ね?

気になる投稿はありますか?

  • 池江選手の被害者報道に違和感池江選手の被害者報道に違和感 かつては死の病といわれた白血病から奇跡の復帰を果たし、東京五輪・競泳の日本代表を決めた池江璃花子選手(2000~)が7日、自身のツイッターで苦しい胸の内を述べたことを、今日の朝日新聞が取り上げています。 記事によりますと、池江選手のツイッターのアカウントに、「(東京五輪代表を)辞退してほしい」「(東京五輪開催に対して)反対の声をあげてほしい」といったメッセージが複数寄 […]
  • 性にこだわりを持つ村上の短編集性にこだわりを持つ村上の短編集 ポイントが125(定価の20%)つくことに惹かれ、村上春樹(1949~)の短編集『回転木馬のデッド・ヒート』(1985)をAmazonの電子書籍版で読みました。文学作品を読む動機としては不純でしょう(?)か。 どんな短編集かは、読み始めるまで知りませんでした。 村上は、1979年に文芸雑誌の『群像』に応募した『風の歌を聴け』(1979)が群像新人文学賞を受賞し、 […]
  • 手塚治虫不遇時代の問題作手塚治虫不遇時代の問題作 真の天才は稀にしか現れません。手塚治虫(1928~1989)は、誰もが認める天才の一人です。 私も昔から手塚治虫には強い関心を持っており、手塚が取り上げられたテレビ番組があれば必ず見、関連の本を見つければ、手に取ることが多いです。 https://indy-muti.com/8128/ 手塚で不思議なのは、紛れもない天才でありながら、天才にありがちな歪 […]
  • 子供の心のままに生きることの大切さ子供の心のままに生きることの大切さ 義兄(2000年にくも膜下出血で亡くなった姉の夫)に以前から勧められている本があります。中勘助(1885~1965)が書いた『銀の匙』(前編:1910|後編:1915)です。 義兄は、中勘助が自身の幼年と思春期の頃を思い出して書いた自伝小説のような作品で、そこで勘助が自分を「私」として書いた「私」が、私(本文章を書いている私です)と重なるところがある、と事あるごとに匂 […]
  • 写真表現における撮影機材写真表現における撮影機材 ネットの「価格.com」を訪問することが増えています。 日常的に、何か欲しいものができると、価格を確認するため、同サイトを訪れます。以前から同サイトはよく利用しており、その中のカメラコーナーのクチコミ掲示板掲示板を毎日のようにチェックし、その中で見つけた面白いスレッドを紹介するコーナーを数年の間続けました。 私が向かう関心はそのときどきで変わり、昨年末は音楽配信 […]