2002/02/25 ブラッドバリーの名言

【本日の名言】

「帰りの飛行機をラスベガス経由に変えようかと思った」

今回の「名言」の主は、冬季オリンピックソルトレイクシティ大会「男子ショートトラック」の選手・スティーブン・ブラッドバリー選手(2002年時点28歳/オーストラリア)です。

ショートトラック・スピードスケートという競技は狭いリンクを滑るため、転倒や失格が実に頻繁に発生する競技です。そのため、不可解な判定で失格になったり、あるいは転倒に巻き込まれるなどの不運とは常に隣り合わせの状態にあるわけですが、彼ブラッドバリー選手にとっては、それらが逆の意味で全て幸運に働きました。

「男子1000メートル」では、ゴール目前の最終コーナーで他の4選手全員が転倒し、後ろを滑っていた彼がただ一人立ったままゴールインし、見事に金メダルを獲得するという離れ業を見せ、まさに「ゴールデン・ボーイ」となったのでした(「asahi.com>強豪が次々転倒、世界一幸運な男にSトラック金」)。

そして再び、彼の下に“幸運の女神”が舞い降りました。

「500メートル」の予選では最後方を滑りながら、最終カーブで2人の選手がコースアウトしたため、予選を通過。準々決勝でも2人が転倒して3位に上がり、“見せ場”を作ってしまったのだそうですから(^_^;

最終的には上位には入りませんでしたが、今オリンピックで実力以上の成績を残せたブラッドバリー選手は笑いが止まらず、思わず彼の口からは本日の「名言」が飛び出したのでした。

ちなみに次のオリンピックはどうするのか気になりますが、本人曰く「4年後はビールを飲んで腹が出ているよ」と早くもオリンピックからの“引退”をほのめかしているようです。

いずれにしても、「運も実力の内」を身をもって証明して見せたブラッドバリー選手ではあります。案外、ラスベガスへ寄っても“好成績”を残せるかも?(^o^;

気になる投稿はありますか?

  • 池江選手の被害者報道に違和感池江選手の被害者報道に違和感 かつては死の病といわれた白血病から奇跡の復帰を果たし、東京五輪・競泳の日本代表を決めた池江璃花子選手(2000~)が7日、自身のツイッターで苦しい胸の内を述べたことを、今日の朝日新聞が取り上げています。 記事によりますと、池江選手のツイッターのアカウントに、「(東京五輪代表を)辞退してほしい」「(東京五輪開催に対して)反対の声をあげてほしい」といったメッセージが複数寄 […]
  • 時間をかけて結果を出せる人時間をかけて結果を出せる人 今日の朝日新聞に、「時間をかけて答えを出す人」が紹介されています。 今月行われた競泳の東京五輪代表選考会の女子100メートル平泳ぎ決勝で2位となり、初めての五輪代表に決まったのがその人です。 その人は青木玲緒樹選手(1995~)で、今は東洋大学の4年生です。 彼女を小学校3年のときから指導するのは、競泳日本代表のヘッドコーチをする平井伯昌氏(196 […]
  • 2006/08/25 オシムからのメッセージ2006/08/25 オシムからのメッセージ 本日は、新生サッカー日本代表を任されたイビチャ・オシム監督について書いてみることにします。 これを書く気になったのは、昨夜、NHK総合で放送になった「クローズアップ現代 ~オシムからのメッセージ~」を見たからです。 これは本コーナーでも事あるたびに白状していますが、私はまったくといっていいほど、サッカーには関心がありません(^_^; […]
  • 2004/12/21 元マラソン日本代表・中山竹通さんの泥臭い生き方2004/12/21 元マラソン日本代表・中山竹通さんの泥臭い生き方 私は自分自身がいわゆる「エリートコース」とは無縁の生き方をしてきたせいか、エリートコースから外れた雑草的な生き方をする人間にどうしても関心が向かってしまいます。 昨日の日経新聞「私の苦笑い」というコーナーで紹介されていたその人もまさに雑草的な生き方を原点に持ち、その後一躍脚光を浴びた人物です。 今回私の関心を強くひきつけた人物は_中山竹通(なかやま・たけゆき:1 […]
  • 性にこだわりを持つ村上の短編集性にこだわりを持つ村上の短編集 ポイントが125(定価の20%)つくことに惹かれ、村上春樹(1949~)の短編集『回転木馬のデッド・ヒート』(1985)をAmazonの電子書籍版で読みました。文学作品を読む動機としては不純でしょう(?)か。 どんな短編集かは、読み始めるまで知りませんでした。 村上は、1979年に文芸雑誌の『群像』に応募した『風の歌を聴け』(1979)が群像新人文学賞を受賞し、 […]