2002/02/25 ブラッドバリーの名言

【本日の名言】

「帰りの飛行機をラスベガス経由に変えようかと思った」

今回の「名言」の主は、冬季オリンピックソルトレイクシティ大会「男子ショートトラック」の選手・スティーブン・ブラッドバリー選手(2002年時点28歳/オーストラリア)です。

ショートトラック・スピードスケートという競技は狭いリンクを滑るため、転倒や失格が実に頻繁に発生する競技です。そのため、不可解な判定で失格になったり、あるいは転倒に巻き込まれるなどの不運とは常に隣り合わせの状態にあるわけですが、彼ブラッドバリー選手にとっては、それらが逆の意味で全て幸運に働きました。

「男子1000メートル」では、ゴール目前の最終コーナーで他の4選手全員が転倒し、後ろを滑っていた彼がただ一人立ったままゴールインし、見事に金メダルを獲得するという離れ業を見せ、まさに「ゴールデン・ボーイ」となったのでした(「asahi.com>強豪が次々転倒、世界一幸運な男にSトラック金」)。

そして再び、彼の下に“幸運の女神”が舞い降りました。

「500メートル」の予選では最後方を滑りながら、最終カーブで2人の選手がコースアウトしたため、予選を通過。準々決勝でも2人が転倒して3位に上がり、“見せ場”を作ってしまったのだそうですから(^_^;

最終的には上位には入りませんでしたが、今オリンピックで実力以上の成績を残せたブラッドバリー選手は笑いが止まらず、思わず彼の口からは本日の「名言」が飛び出したのでした。

ちなみに次のオリンピックはどうするのか気になりますが、本人曰く「4年後はビールを飲んで腹が出ているよ」と早くもオリンピックからの“引退”をほのめかしているようです。

いずれにしても、「運も実力の内」を身をもって証明して見せたブラッドバリー選手ではあります。案外、ラスベガスへ寄っても“好成績”を残せるかも?(^o^;

気になる投稿はありますか?

  • 2006/08/25 オシムからのメッセージ2006/08/25 オシムからのメッセージ 本日は、新生サッカー日本代表を任されたイビチャ・オシム監督について書いてみることにします。 これを書く気になったのは、昨夜、NHK総合で放送になった「クローズアップ現代 ~オシムからのメッセージ~」を見たからです。 これは本コーナーでも事あるたびに白状していますが、私はまったくといっていいほど、サッカーには関心がありません(^_^; […]
  • 2004/12/21 元マラソン日本代表・中山竹通さんの泥臭い生き方2004/12/21 元マラソン日本代表・中山竹通さんの泥臭い生き方 私は自分自身がいわゆる「エリートコース」とは無縁の生き方をしてきたせいか、エリートコースから外れた雑草的な生き方をする人間にどうしても関心が向かってしまいます。 昨日の日経新聞「私の苦笑い」というコーナーで紹介されていたその人もまさに雑草的な生き方を原点に持ち、その後一躍脚光を浴びた人物です。 今回私の関心を強くひきつけた人物は_中山竹通(なかやま・たけゆき:1 […]
  • 自分の適性を知るのは乱歩にも難しかった自分の適性を知るのは乱歩にも難しかった 『屋根裏の散歩者』(1925)といえば江戸川乱歩(1894~1965)の代表作の一つになりましょう。 乱歩は今でいう推理作家、乱歩が執筆していた頃は探偵小説作家といわれます。私もぼんやりとそんなイメージを長いこと持っていました。が、実は、乱歩自身は事件の謎を探偵が解いてみせるような作品を得意としていなかったのであろうことを知りました。 そうしたイメージを持つよう […]
  • 2010/12/23 ジョン・レノン暗殺-運命の一日2010/12/23 ジョン・レノン暗殺-運命の一日 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新をしています。いつもは夜にトークするところ、昨日に続いて今日も朝にトークを行っています。今日は「天皇誕生日」の祝日なので、遅くまで眠っているという人も多いかもしれません。私は曜日や祝日に関係なく、今日も午前4時すぎに起きました。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされな […]
  • 2010/12/22 ジョン・レノン暗殺犯とされる男を巡る3つの謎2010/12/22 ジョン・レノン暗殺犯とされる男を巡る3つの謎 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新をしています。いつもは前日の夜にトークだけを行い、文章に書き起こすのは翌日に行ったりしますが、今回は今朝、雨の音を聞きながらトークをし、雨が止んでから文章に書き起こしています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので […]